自分でできる現金化

Amazonギフト券の税金とは?経費として落とすことができるか

Amazonギフト券の税金とは?経費として落とすことができるか

Amazonギフト券を購入してAmazonで買い物をすることを考えている人も多くいるでしょう。Amazonギフト券を持っていることで、現金がなくてもAmazonで商品を購入できますし、換金してお金に変えることも可能です。

持っていると便利なギフト券ですが、Amazonギフト券の購入の際に税金がかかるのか、また購入費は経費として落とせるのか確認したい人もいるはずです。事業を営んでいる方であればAmazonギフト券の税金対策や経費は知っておきたい部分のはずなので内容を紹介します。

黄門様
黄門様
Amazonギフト券の購入で税金や経費にどんな影響があるのか知っておきたいところじゃな。内容を確認して対策を考えてみるのじゃな

Amazonギフト券は通常税金はかからない

通常商品を購入するときは消費税がかかっているので、税金を支払わなければいけません。そのため、Amazonギフト券の購入の際も税金がかかっているのか気になるところです。結論から言うとAmazonギフト券は税金がかかりません。

それは二重課税となることを防ぐためです。Amazonは通販サイトなので、利用して商品を購入するときは課税された価格です。もし、Amazonギフト券の購入でも消費税が課税されていれば、余分に税金を支払うことになるので、誰もAmazonギフト券を購入することはなく、クレジットカードやコンビニの現金払いとなるはずです。

Amazonギフト券をはじめ、他のプリペイドカードや商品券なども全て非課税となっており税金をかけられることはありません。そのため、安心してAmazonギフト券を購入してください。

Amazonギフト券が課税対象だと税金を二重に支払うので損をしてしまいますね。そのため、購入際は税金を支払わなくて良くなっているのですね」

Amazonギフト券で税金がかかってしまう状況とは

Amazonギフト券の購入は通常税金がかかることはありません。しかし、状況によっては税金対象に入ってしまうこともあるため、全く税金対象にならないわけではないようです。どのような状況の際は税金対象となるのか確認しましょう。

助さん
助さん
Amazonギフト券も状況によっては税金対象になることもあるようですね。大事なことなのでしっかり明記しておきましょう

勤務先や会社でもらった場合

Amazonギフト券を勤務先から報酬として得た場合は給与として扱われます。給与の場合は所得税の対象となるので、Amazonギフト券が給与として与えられた際は税金の計算をしなくてはいけません。

ただ、給与所得の計算は会社側が行うため、社員がAmazonギフト券をもらっても自分で所得税の計算をする必要はありません。会社側は給与と同じように給料から天引きして納付すれば良いので特別面倒な計算をする必要はありませんが、この場合は税金対象であることを覚えておきましょう。

お銀
お銀
Amazonギフト券が給与として与えられた場合は所得税の対象となるので税金の計算をする必要があるようだね。会社側はしっかり計算する必要があるね

報酬としてAmazonギフト券をもらった場合

Amazonギフト券を報酬としてもらった場合も税金がかかることがあります。副業をしている人が仕事でAmazonギフト券で報酬をもらったなら、収入という項目に入るため他の副業の収入と合わせて20万円以上の所得を得たなら確定申告を行う必要性が生じます。

報酬として、Amazonギフト券の金額を合わせて20万円以下であれば確定申告をしなくて済みますが、20万円以上で確定申告をしなかった場合は無申告加算税として罰金のような税が課税されてしまうことになります。

副業や事業でAmazonギフト券を報酬としてもらった場合は、経費を差し引いて税務署に確定申告を行うようにしましょう。

黄門様
黄門様
Amazonギフト券が副業の報酬として得て20万円以上であれば確定申告をしなければいけないようじゃな

Amazonギフト券の報酬を無視して確定申告しないなら罰則もあるようなので、申告漏れしないようにすべきですね

事業の売上として報酬をもらった場合

Amazonギフト券を事業の売上として取引先からもらった場合も税金の対象となります。ギフト券と言っても事業の収入として受け取っているため、帳簿に記入して売上に加算する必要があるからです。

売上は個人事業主であれば所得税、法人であれば法人税の対象となります。もし、Amazonギフト券の金額が大きく売上に加算しないようであれば、脱税の容疑がかけられることもあるので、確定申告の際に申告するようにしましょう。

助さん
助さん
個人事業主も法人の方もAmazonギフト券で収入を得たなら税金の対象になるので、しっかり申告する必要がありますね

懸賞でAmazonギフト券が当たったとき

Amazonギフト券は懸賞として提供されていることがあります。懸賞の応募としてAmazonギフト券が当選したなら、その収入は「何も申告しなくて良い」と考えるかもしれませんが、ギフト券が懸賞で当選した際は一時所得に分類されるので税金の対象となります。

一時所得の場合は50万円以下の場合は申告が不要になっていますが、50万以上で申告しなかった場合は税金を後で追従されます。Amazonギフト券で懸賞金額が50万以上になる機会は少ないと思いますが、一時所得ということは覚えておきましょう。

お銀
お銀
Amazonギフト券が懸賞で当たった場合は一時所得として税金の対象になることもあるようだね。50万円以上になるようなら申告を行おう

プレゼントされた場合

Amazonギフト券はボックスタイプやEメールタイプなど、友人や知人にプレゼントとしてあげることも可能であり、実際に多くの人が利用しています。しかし、相手にプレゼントする際に金額が大きくなると贈与税の対象になり、税金がかかってくることもあります。

贈与税はもらった金額が年間110万を超えると申告しなくてはいけません。Amazonギフト券で110万円を超えた金額をもらい贈与税の対象になることはないと思いますが、例えば、Amazonギフト券で10万円をもらって、その後100万円の車などをもらった場合は贈与税の対象となり税金がかかってきます。

贈与税は基本的に受け取った側が支払いますが、相手が支払えないことになればあげた側が税金を支払わなくてはなりません。

Amazonギフト券で贈与税の対象になる事はないはずですが、110万円以上のプレゼゼントは税金がかかることを覚えておきましょう

Amazonギフト券は経費として利用することも可能

Amazonギフト券は税金の対象になることもありますが、経費として利用することも可能です。Amazonギフト券をどのように経費として利用できるのか知っておくなら、事業をしている人であれば役立てることも可能です。以下の方法で経費として落とすことができます。

黄門様
黄門様
私用目的ではなく仕事として利用することが条件じゃが、Amazonギフト券は経費として利用することができるようじゃな。どのように利用するのか確認するのじゃな

仕事に関係のあるものを購入する

事業を営んでいる人であれば会社や仕事に必要なものを購入する必要があるでしょう。仕事道具などはもちろん、事務用品や備品など、会社に関係のあるものは購入しておかないと、仕事として成り立ちません。

仕事に関係のある商品は現金で支払うこともできますが、Amazonギフト券を利用して仕事に関係のある商品を購入した場合も、経費として会計に計上することが可能です。仕分けの方法は現金の仕分けと同じ方法です。

仕事に関係のあるものを支出として計算して、例えば、Amazonギフト券で事務用品に20万円ほど利用したなら、20万円が支出になります。事業で得た収入は経費の支出を差し引いたものなります。現金があまり無い場合は、代わりにAmazonギフト券を購入費に当てることもできるでしょう。

お銀
お銀
Amazonギフト券で事業用品などを購入した場合は経費として計上できるようだね。仕事で必要なものをAmazonで購入している人であれば、Amazonギフト券を利用するのは良い方法だと思うよ

仕事関係者にAmazonギフト券を贈るとき

事業を営んでいるなら取引先にお礼やプレゼントを贈ることもあるでしょう。プレゼントやお礼は交際費として経費に計上することができ、お歳暮やお中元、御礼品、販促品などが含まれます。

もし、取引先にプレゼントを贈るときにAmazonギフト券を選んだなら、それも交際費として経費に計上できます。Amazonギフト券をどんな種類で贈っても交際費としての分類に変わりはありません。最近では、物として御礼品を贈るよりもギフト券という形で贈った方が「相手に必要なものを購入してもらえる」と考えて利用する人が多いです。

実際に相手に喜んでもらえる場合も多いため、お中元で悩んでいる人はAmazonギフト券を選択するのも良い方法です。

お中元や御礼品など事業に携わっている人にAmazonギフト券を贈るなら、交際費として経費に計上できますね

助さん
助さん
仕事に関係ない友達や家族にAmazonギフト券を贈るなら、それは経費として計上できないので注意しておきましょう

社員に報酬として贈る場合

事業で従業員を雇っているなら給与を含めて報酬を与えることがあるでしょう。給与は人件費となるので経費に計上することができますが、もし少しのボーナスや報酬としてAmazonギフト券を従業員に贈った場合も経費に計上することが可能です。

従業員に仕事のご褒美として商品を贈ることもあるかもしれませんが、商品は自分が使用しない物であれば無駄に感じてあまり満足してくれないこともあります。ただ、Amazonギフト券であればAmazonで自分の欲しい物を購入してもらうことができるので、従業員に報酬をあげるときはギフト券を利用することも多くなりました。

しかし、Amazonギフト券の場合は現金給付ではないので、現物給付という扱いになります。給与課税する必要があるので、その点は注意しておきましょう。

黄門様
黄門様
Amazonギフト券を従業員に贈る場合も給与という分類に入るので経費で落とすことができるようじゃな
お銀
お銀
ただ、ギフト券なので現物給付という扱いになるので、給付課税されることもあるようだね

Amazonギフト券を経費として計上する際の注意点

Amazonギフト券は仕事で利用するときに経費として計上することが可能です。ただ、経費として節税する場合は間違った方法で行わないようにすべきです。もし計上の仕方を間違えたなら税務調査の対象となることもあります。しっかり注意点を考慮して計上するようにしましょう。

助さん
助さん
Amazonギフト券を経費として計上する場合は注意しておく点もあるようですね。間違えないように明記しておきましょう

Amazonギフト券を使用して商品が届いてから計上できる

Amazonギフト券で事業に必要な商品や備品を購入したときに、購入した時点では経費として計上することができません。会社の備品として何かの商品が届いた場合や取引先に商品が届いたときに経費として計上することができます。

商品をAmazonギフト券で購入した際は実際に手元に届くまで数日かかることもあります。そのため、月末に商品を購入したなら届くのは翌月になる場合もあるので、その際は翌月の経費として計算しなくてはいけません。

また、年末に注文をして年越しで商品が届いたなら翌年の経費として計上するので注意が必要です。購入日と配送日の違いは確認しておきましょう。

Amazonギフト券の計上は商品が届いたときのようですね。年越ししてしまうと計上に狂いが出るので注意しておきましょう

Amazonギフト券は換金しないようにする

Amazonギフト券は換金してお金に変えることもできます。ギフト券買取業者はAmazonギフト券の換金も行っており、換金率は90%以上になることもあり、交換金の商品とされています。ただ、事業でAmazonギフト券を使用しているなら換金することが脱税の対象となります。Amazonギフト券の換金は私物であるギフト券を現金化したこと、また所得税を支払わずに現金を手に入れることになり、二重脱税の疑いをかけられることになります。自分のプライベートでAmazonギフト券を換金するのは問題ないですが、仕事の経費の際に換金するのは処罰の対象となるので注意して取り扱うようにしましょう。

黄門様
黄門様
経費や税金対策のためにAmazonギフト券を換金するのは脱税になるようじゃな。プライベートと仕事ではAmazonギフト券の使い道を分けておくことが大事じゃな

Amazonギフト券の税金と経費について正しく利用しよう

Amazonギフト券は税金の対象となること、また経費として利用することが可能です。ただ、使い方を間違えてしまうと自分の期待した効果を得られないこともあります。事業に最適な使い方を確認して、メリットを得られるようにしましょう。