おすすめのクレジットカード&賢い使い方(上級編)

クレヒスが与える影響と対処法について徹底解説

クレヒスが与える影響と対処法について徹底解説

クレジットカードやローンの申し込みや審査などで、「クレヒス」という言葉を耳にしたことはありませんか?日常生活では聞くことがない言葉であるため、意味が分からない人も多いと思います。そこで、クレヒスについて詳しく調べてみましたので、是非参考にしてください。

この記事で分かる事

・クレヒスとはクレジットカードやローンの利用履歴のこと
・個人信用情報機関に登録されているクレヒスの内容と登録期間
・クレヒスは借り入れの審査に影響する
・クレヒスは事前に確認することができる

助さん
助さん
ご隠居!さっき団子屋の主人が「クレヒスが悪かったみたいでローンが通らなかった」って言ってたんですが、クレヒスって何ですか?
黄門様
黄門様
すけさんはクレヒスが何のことか知らないんじゃな。確かクレヒスについては格さんが詳しかったはずじゃ。格さんや、教えてあげなさい。

畏まりました。ご隠居。

クレヒスとはクレジットカードやローンの利用履歴のこと

クレヒスとはクレジットヒストリーの略称であり、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。クレジットカード会社や消費者金融、銀行など金融機関では、融資の審査で確実に返済できるかを判断しなければなりませんが、借入申込の内容だけでは情報が少ない上、虚偽の申告の可能性も否定できません。そこで各金融機関は、適切な融資の可否判断をするための参考資料として、クレヒスと言われる他の借り入れごとの利用履歴を利用しています。またクレヒスには、クレジットカードやローンなどの借り入れだけでなく、分割払いにしている携帯電話端末の代金や、信販系の家賃保証会社のなども含まれます。

助さん
助さん
借入申込で実際の借り入れよりも少ない件数や金額を申告していてもバレると言われるのは、クレヒスをチェックしているからなんですね。

そうですね。金融機関は必ずクレヒスをチェックするため虚偽の申告は、高い確率でバレてしまいます。また、虚偽の申告は審査に落ちる要因となりますし、利用中にバレてしまうと一括返済を請求されます。最悪の場合詐欺罪に問われることもあるため、正確に申告するようにして下さい。

クレヒスが登録されている3つの個人信用情報機関

金融機関が融資の可否判断で照会するクレヒスは、借り入れをしているクレジットカード会社や消費者金融、銀行が加盟している個人信用情報機関に登録しています。各金融機関は、利用履歴を加盟している個人信用情報機関に登録する一方で借入申込があった場合は申込した人の他社の借入情報を照会しています。現在個人信用情報機関は(株)シー・アイ・シー(CIC)、(株)日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターの3つがあり、それぞれの特徴は以下の通りです。

・(株)シー・アイ・シー(CIC)‥‥クレジットカード会社が多く加盟
・(株)日本信用情報機構(JICC)‥‥信販系、消費者金融が多く加盟
・全国銀行個人信用情報センター‥‥メガバンク、地方銀行、信用組合などが加盟

基本的に金融機関は、加盟していない個人信用情報機関に登録されているクレヒスは把握出来ません。例えば、全国銀行個人信用情報センターに加盟していないクレジットカード会社では、全国銀行個人信用情報センターしか加盟していない銀行の借り入れの情報はわかりません。しかし、1つの個人信用情報機関にしか加盟していない金融機関は現在ほとんどなく、また個人信用情報機関でも情報を共有化しているため、把握されない借り入れはないと思っておいた方が良いでしょう。個人信用情報機関で情報を共有しているネットワークは2つあり、それぞれの特徴は以下の通りです。

・CRIN‥‥3つの個人信用情報機関による自主的な情報交流ネットワーク
・FINE‥‥貸金業法に基づくCICとJICC2社間の情報交流ネットワーク

助さん
助さん
個人信用情報機関同士も情報を共有しているから、加盟していない金融機関の借入も分かるようになっているんですね。

その通りです。特にFINEは、貸金業法に基づいた情報交流ネットワークであり、借入総額は年収の3分の1まで、という総量規制がありますから、CRINより詳細に情報共有されています。

個人信用情報機関で登録されているクレヒスの内容

クレヒスとして登録されている情報は、個人信用情報機関によって違いはありますが、主に以下の通りです。

・本人に関する情報…氏名、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号等
・契約内容に関する情報…契約日、契約の種類、貸付日、貸付金額や契約金額
・支払い状況に関する情報…入金日、入金額、残債額、延滞情
・取引事実に関する情報…長期延滞、保証履行、債務整理、強制解約、破産、債権譲渡
・その他…不渡情報、官報情報、申込照会記録情報

これらの情報が登録されている期間も個人信用情報機関によって違いはありますが、申込照会情報等が6ヵ月程度、契約内容や支払い状況、取引事実に関する情報は契約終了後5年、官報情報などは10年となっています。また、CRINでは取引事実に関する情報、FINEでは契約内容に関する情報を中心に共有されています。

助さん
助さん
最近では、ギャンブルや浪費による多重債務問題の対策として、本人が金融機関に貸し付けを求めても応じないように依頼する貸付自粛制度の利用情報も個人信用情報機関に登録されるんですよね。

よく知っていますね!貸付自粛の情報は申請日から5年間登録されますね。

クレヒスが審査に与える影響と対策

クレヒスとは、個人信用情報機関に登録されているクレジットカードやローンの利用履歴のことであり、金融機関が融資の可否判断の参考にしています。では、どのようなクレヒスであれば、審査に通りやすいのでしょうか。これからクレヒスが審査に与える影響と対策について詳しく解説していきます。

審査に通りやすいクレヒスと通りにくいクレヒス

クレヒスの中で、金融機関が融資の可否判断で一番重要視しているのが、支払状況と異動情報の有無です。異動情報とは、過去に61日以上または3ヵ月以上の延滞の他、債務整理や代位弁済などの金融事故の情報であり、これらが個人信用情報機関に登録されている場合、審査にはまず通りません。また異動情報にはなっていなくとも、過去短期間の延滞があった場合も審査が通る可能性は低くなります。特にCICでは過去24ヵ月の支払状況が以下のマークで表示されています。

請求額通り、もしくは請求額以上の入金あり
P請求額の一部入金あり
R利用者以外からの入金あり
A利用者の事情により未入金
B利用者の事情とは関係なく未入金
C原因不明の未入金
請求無し、入金なし
情報の更新なし

正常に返済されている場合は「$」が表示されます。「P」はリボ払いなので、問題になることはあまりありません。延滞が発生した場合は「A」が表示され、「R」や「B」「C」は殆ど見られません。もちろん審査に通りやすいクレヒスは、「$」のみが表示されているケースであり、その表示されている期間が長ければ長いほど審査で有利です。例えば、直近3カ月「$」が表示されている場合、延滞ではありませんが期間が短いため有利といえるほどの評価は得られないようです。「A」が表示されている場合は、延滞があるということですから審査に通る可能性はかなり下がってしまいます。全国銀行個人信用情報センターもCIC同様、過去24ヵ月分の支払状況が以下のマークにより表示されています。

請求金額、もしくは請求金額以上の入金あり
請求金額の一部入金あり
×未入金
P事情により入金なし
請求無し

全国銀行個人信用情報センターの場合は、正常な支払いは「〇」であり、「△」や「×」があると審査に落ちる可能性が高くなります。一方、JICCではCICほど長期の支払状況は確認できませんが、異動情報及び最新の入金日と次回入金予定日から確認時点での延滞の有無は把握できるようになっています。

助さん
助さん
どの信用情報機関でも延滞に関する情報はわかるようになっているんですね。

そうですね。どの金融機関も融資の可否判断で一番参考にしているということでしょうね。

クレヒスがないのも審査に大きく影響あり

クレヒスで、異動情報や延滞の履歴があると審査で通る可能性が低くなるからといって、クレヒスが全くなければ審査に通るというわけではありません。むしろクレヒスが全くないことは「スーパーホワイト」と言って、却って審査ではマイナス評価になることが多いです。金融の世界もより複雑化している現代においてはクレヒスがないことが珍しいため、クレヒスがない場合、金融機関は「個人信用情報機関に登録できない状態ではないのか」という見方をします。つまり、クレヒスがない人は、過去に金融事故を起こして借り入れができない人という見方をします。たまたまクレヒスがない期間の申し込みである可能性も十分あるため、それだけで審査に落ちることは殆どありませんが、延滞のないクレヒスの人よりも信用は下がると思っておいた方が良いでしょう。

助さん
助さん
確かに携帯電話の端末代金は、分割購入している人が大半ですもんね。大型家電製品や高額な商品はクレジットカードで買うこともありますし。そう考えるとクレヒスがない人って意外にも少ないでしょうね。

そうですね。だからこそ、クレヒスが全くない人は却って不自然なので、マイナス評価になることがあるというわけです。

延滞のないクレヒスを積み上げて審査で有利に

クレヒスの内容によって、審査の結果は大きく変わります。つまり、審査が有利になるクレヒスで借入申込をすることが必要で、そのためには延滞のないクレヒスを積み上げる他ありません。CICや全国銀行個人信用情報センターでわかる支払状況は24ヵ月のため、その間は延滞のないクレヒスにしておく必要があります。現在、クレジットカードやローンを利用中の人であれば、毎月支払日に必ず支払うようにして下さい。クレヒスが全くない「スーパーホワイト」の人は、携帯電話や大型家電製品を分割払いで購入しましょう。分割払いも審査はあるものの、クレジットカードやローンよりも審査のハードルは低いため延滞のないクレヒスを積み上げやすい方法です。24回払いが理想ですが、3~6回の分割払いを数回繰り返す方法でも、クレヒスの積み上げとしては十分効果があります。

助さん
助さん
延滞のないクレヒスは、CICや全国銀行個人信用情報センターに支払状況が登録されている24ヵ月分必要でしょうか?

そうですね。24ヵ月間にこだわる必要はありません。具体的な期間は提示されていませんが、例えばカードローンで返済実績としてみなされる6~12ヵ月分は欲しいところですね。

クレヒスは自分でも事前に確認

各個人信用情報機関に登録されているクレヒスは、取り寄せることが出来ます。審査に不安がある人は事前に確認しておきましょう。申請方法は、インターネットの他、郵送や窓口があるものの、コロナウィルス感染症の影響で窓口での申請は制限していることがあります。申請には500~1,000円の手数料がかかります。

助さん
助さん
事前に確認しておくと、万が一延滞の情報が残っていても、いつ頃その情報が消えるのか目安がつきますね。

そうですね。利用していないクレジットカードも確認できますから、取り寄せて損はありませんね。

審査に通るためにはクレヒスは必要不可欠!延滞のないクレヒスの積み上げを

クレジットカードやローンの審査では、必ずクレヒスを確認します。そして、延滞のないクレヒスを積み上げる以外に、審査で有利なクレヒスにする方法はありません。時間がかかる方法ですから、日頃から遅れることなく支払うようにしましょう。また、クレヒスを事前に確認し、確実に審査に通るようにしましょう。