おすすめのクレジットカード&賢い使い方(上級編)

「クレジットカードの金利手数料を徹底解説!これで無理のない返済が可能に」

「クレジットカードの金利手数料を徹底解説!これで無理のない返済が可能に」

キャッシュレスで買い物ができるクレジットカードは、日常生活を送る上で必要不可欠といっても過言ではありません。最近では○○PAYといった電子マネー等も普及しているものの、チャージが必要であることや利用金額の上限が低いものもあることから特に高額の買い物にはやや不向きと言え、高額の買い物をする際などは多くの人がクレジットカードを利用しています。そんなクレジットカードには様々な払い方があり、中には金利手数料が発生するものもあります。金利手数料が発生する払い方やその仕組みを知っておくことは、クレジットカードの買い物をする上で必要な知識と言えます。この記事では、クレジットカードで金利手数料が発生する払い方とその仕組みについて詳しく解説しています。無理なく返済できるよう、しっかりと理解しておきましょう。

この記事で分かる事

・一括払、2回払、ボーナス一括払では金利手数料は発生しない
・3回以上の支払回数の場合、ボーナス払で2回以上の支払回数の場合、リボルビング払では金利手数料が発生する
・支払回数が少ないほど、金利手数料の総額は少なくなる
・金利手数料は締め日の翌日から発生

助さん
助さん
ご隠居!クレジットカードで買い物した場合、どの払い方がお得なのでしょうか?ちょっとクーラーを買い替えようかと思いまして。
黄門様
黄門様
クーラーなどの大型家電を買う時クレジットカードは便利じゃが、仕組みを知らずに払い方を選んでしまうと、とんでもない支払い額になることもあるのじゃ。クレジットカードについては格さんが詳しいはずじゃ。格さんや詳しく教えてあげなさい。

畏まりました。ご隠居。

クレジットカードと金利手数料の関係

クレジットカードで買い物をした時、店員さんから必ずと言っていいほど聞かれることがあります。

「お支払い回数はいかがなさいますか?」

少額であれば1回払で済みますが、高額な買い物の場合は複数回に分けて支払う人もいるのではないでしょうか?しかしクレジットカードでは、支払い回数を複数に分けると、金利手数料が発生する仕組みとなっています。これから金利手数料が発生する支払方法とはどのようなものか詳しく説明していきます。

助さん
助さん
いつもクレジットカードでは1回払しかしたことなかったので、金利手数料が発生する支払方法があるなんて知りませんでした。

それは、ちょうど良かったですね。知らないままでいたら高額の金利手数料を支払うことにもなりかねませんでしたから。しっかりと理解して、自分に合った支払方法を選ぶようにしましょう。

金利手数料が発生する支払方法

クレジットカードの支払方法は、大きく分けると3種類に分けられます。

・一括払
一括払は文字通り、クレジットカードの利用金額を一括で支払う方法であり、カード締め日までの利用金額を翌月の引き落とし日に支払います。カードの締め日及び引き落とし日はクレジットカード会社によって違います。また、ボーナス月に一括で支払うボーナス一括払というのもあります。

・分割払
分割払とは、クレジットカードの利用金額を決められた回数で分割して支払う方法です。高額な買い物をした場合、一括払いだと翌月の請求金額も高額になりますが、分割払であればその回数分だけ支払額が分散させ、負担を平準化させられます。分割できる回数はクレジットカード会社によって違います。一括払いと同様にボーナス月に支払う分割払もあります。

・リボルビング払
リボルビング払とは、利用金額に対し一定の金額を支払う方法であり、一定の金額を支払う「定額方式」、一定の割合を支払う「定率方式」、残高に応じて支払額が変動する「残高スライド方式」の3種類があります。さらに、それぞれの支払額が元金のみを指しており、別途金利手数料を加算して支払う「元金方式」と元金と金利手数料を合算した金額を指す「元利方式」に分かれるため、計6種類の支払い方法があります。クレジットカード会社によって利用できる方式は違いますが、「元利定額方式」が主流となっています。

以上のように様々な支払い方法がありますが、その中で金利手数料が発生する支払い方法は、分割払とリボルビング払です。

助さん
助さん
分割払とリボルビング払の場合、金利手数料が発生すると言うことは、一括払には金利手数料が発生しないのですよね。

そのとおりです。ただし、分割払でも2回払は金利手数料が発生しないクレジットカード会社もありますね。

金利手数料が発生しない一括払メリットとデメリット

一括払の最大メリットは、金利手数料が発生しないため商品代金分の負担だけでよく、余分な支出を抑えられることです。また、クレジットカード会社では、一般的に締め日までの利用明細が記載されているため、何にいくら使ったのか支出管理が簡単にできる点も一括払のメリットと言えます。一方で、高額な商品を一括払で購入した場合、翌月に口座からその金額が引き落とされます。金額によっては、他の支払いに影響が出るケースもあり、家計を圧迫することもあります。金銭的負担が大きくなりやすいことは、一括払の最大のデメリットと言えます。

助さん
助さん
大型家電製品とかを買った翌月って、とんでもない金額の請求がきて慌てることもありますもんねぇ。

そうですね。一括払の場合は、予め引き落とし口座の管理が大変ですね。少し多めに口座に入金しておく、引き落としの頃には残高がどれぐらいになっているか少し先読みしておくなど工夫が必要ですね。

金利手数料が発生する分割払、リボルビング払のメリットとデメリット

分割払やリボルビング払は、一括払とは逆で高額の商品を小さな金銭的負担で購入することが出来る点がメリットと言えます。また、毎月一定の金額が引き落とされますから、引き落とし口座の残高の管理も簡単です。一方で、金利手数料が発生する点は、分割払やリボルビング払の最大のデメリットと言えます。また、毎月一定の金額が引き落とされることで、高額の商品も購入できますので、つい多用してしまい、気が付くととんでもない残高になっているケースもあります。いくら少額で購入できるとはいえ、全体の残高は常にチェックしておく必要があります。

助さん
助さん
元利定額方式だと、新たに買い物しても毎月の支払いは増えないので、ついつい買っちゃいそうですよね。

そうですね。元利定額方式に限らず、高額なものが毎月小さな負担額で買えてしまうので、気が付くと返済できない金額になってしまうこともあります。いわゆるカード破産ですね。

金利手数料の計算方法

分割払やリボルビング払では、つい買い過ぎてしまい、気が付くととんでもない残高になってしまうリスクがあります。そのような事態にならないように、常日頃から残高はチェックしておかなければなりませんし、金利手数料がどれぐらい発生して、元金がどれぐらい減っているのか把握しておく必要があります。これから金利手数料の計算方法について詳しく解説していきます。

金利手数料の計算方法は分割払、リボルビング払ともに同じ

金利手数料の計算方法は、分割払、リボルビング払どちらの場合も変わりません。

元金残高×金利(%)÷12ヵ月=1ヵ月分の金利手数料

従って、初めて利用した直後に支払う金利手数料は、分割払であってもリボルビング払であっても同額ということになります。しかし、返済回数が違いますので、支払終了時までに負担する金利手数料には大きな違いが出てきます。

リボルビング払の毎月の支払額や元金定額方式、元利定額方式での違い

リボルビング払において、支払完了までにどれぐらいの金利手数料が発生するのかを、返済回数や元金方式、元利方式で比較してみましょう。

前提条件
利用金額は10万円
金利は年12%

元金定額方式元利定額方式
毎月支払額20,00010,0005,00020,00010,0005,000
初回支払額21,00011,0006,00020,00010,0005,000
支払回数5102061123
支払総額103,000105,500110,500103,112105,898112,135
金利手数料総額3,0005,50010,5003,1125,89812,135

同じ方式であれば、毎月の支払額が多い方が金利手数料の総額は少なくなります。また、毎月の支払額が同じであれば、元金定額方式の方が元利定額方式よりも金利手数料の総額は少なくなります。

助さん
助さん
表にしてみると、金利手数料総額にかなり違いが出てくることが一目瞭然で分かりますね。

そうですね。一番の理想は、元金定額方式でできるだけ毎月の支払額を多く設定しておくことですが、毎月の負担が大きいと感じるのであれば支払額は少なく設定しておいて、余裕がある分だけを随時繰上返済していくことも良いですね。

分割払の支払回数や元金定額方式、元利定額方式での違い

リボルビング払と同様に、分割払でも比較してみましょう。

前提条件
利用金額は10万円
金利は年12%

元金定額方式元利定額方式
支払回数48124812
毎月支払額25,00012,5008,33325,62813,0698,885
初回支払額26,00013,5009,33325,62813,0698,885
支払総額102,500104,500106,500102,512104,552106,619
金利手数料総額2,5004,5006,5002,5124,5526.619

リボルビング払同様、金利手数料の総額は元利定額方式で支払回数が多いほど多くなります。

助さん
助さん
分割払はリボルビング払と比べて、元金定額方式と元利定額方式の違いがそこまでないように感じますが・・・。

そうですね。どちらの方式であっても分割払では、支払回数が確定しているので、大きな差にはなりません。一方、リボルビング払では方式の違いで支払回数が変わるため、金利手数料の総額が大きくなります。つまり、支払回数が金利手数料には大きく影響するということですね。

その他金利手数料が発生する場合

クレジットカードでは、リボルビング払、分割払の他にも金利手数料が発生するケースがあります。

・遅延損害金
毎月の支払いが遅れた場合に発生し、上限金利20%となっています。また遅延損害金は毎月の支払額ではなく元金に対して発生することも大きな特徴です。

元金×遅延損害金の金利(%)×日数÷365日=返済するまでの遅延損害金

・キャッシング
クレジットカードに付帯しているキャッシングは融資扱いですので、金利が発生します。支払方法も同様に一括払、リボルビング払、分割払から選べます。

助さん
助さん
遅延損害金って元金に対してだとかなり高額になりますね。

そうですね。余計な負担をしないためにも、延滞は決してしないでくださいね。

締め日の翌日から金利発生

カードローンでは、お金を借りた日から金利が発生しますが、クレジットカードでは、買い物をした日ではなく、締め日の翌日から金利が発生します。例えば締め日が15日であれば、翌日16日から金利が発生ます。クレジットカードの中には、初回支払日までは金利手数料なしというリボルビング払もあり、それまでに繰上返済をすれば金利手数料無料で支払うこともできます。

助さん
助さん
金利発生のタイミングはキャッシングも同じなのですか?

そうですね。カードローンとキャッシングの大きな違いです。キャッシングであれば、締め日前までに返済してしまえば、金利ゼロで借り入れできるということです。

事前に計画を立てた上での利用をしましょう

支払回数が少ないほど金利手数料の総額も少なくなりますが、だからと言って毎月大きな負担がかかるような支払方法は、お勧めできません。急な出費にも対応できにくくなります。毎月の支払いは少し余裕がある程度に留めておいて、お金が貯まったら繰上返済すると金利手数料を無理なく抑えることが出来ます。そのためにも利用前にはしっかりと支払いの計画を立てた上で利用するようにしましょう。