おすすめのクレジットカード&賢い使い方(上級編)

デポジット型クレジットカードとは?特徴やメリット注意点を紹介

デポジット型クレジットカードとは?特徴やメリット注意点を紹介

支払いによりメリットを得たいなら、クレジットカードを作成したい方もいるでしょう。クレジットカードを持っているなら、現金を持っていなくても支払いを行うことができ、またカード会社の特典を得ることができるなど、クレジットカードならではのメリットがあります。

そのため、誰しも1枚はクレジットカードを持っておくことがおすすめですが、いろいろな種類がありデポジット型と言われるカードもあります。クレジットカードのデポジット型について内容を紹介しましょう。

黄門様
黄門様
クレジットカードにはデポジット型と言われる種類があるようじゃな。デポジット型とはどのような特徴があるのか確認しておくのが大事じゃな

デポジット型クレジットカードとは?

そもそも「デポジット型クレジットカードとはどんなカードなの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。デポジット型クレジットカードは事前にデポジットという保証金を預けることで使用できるクレジットカードです。

普通のクレジットカードの場合は、カードを作るときにお金は必要なく、申込み書に記入したり身分証明書を提示したりして審査を通過すればカードをもらうことができます。ただ、デポジット型クレジットカードはお金を先に預け、その預け金をもとにクレジットカードの限度額が設定されます。

そのため、自分のカード利用に応じてデポジットのお金を用意する必要があります。クレジットカードをあまり頻繁に用いることがないなら数万円程度、多くの資金を使用するなら数十万円の保証金を用意しておくことができます。

デポジット型クレジットカードの場合は保証金の準備により限度額を決定することになります。

お銀
お銀
デポジット型のクレジットカードは最初にお金を用意しておかなければいけないようだね。保証金によって限度額が決まるので、自分の用意できる資金により低くも高くもできるみたいだね

デポジット型のクレジットカードのメリットとは?

デポジット型のクレジットカードを利用することができますが「どのようなメリットがあるの?」とメリットについて知っておきたい人もいるでしょう。デポジット型のクレジットカードのメリットについて内容を紹介しましょう。

デポジット型のクレジットカードにはいろいろなメリットがあるようですね。デポジット型のメリットについて確認しておきましょう

クレジットカードの審査に比較的通りやすい

デポジット型のクレジットカードは、審査に比較的通りやすい特徴があります。普通のクレジットカードの場合は、申込みする人の収入や勤務先などを重視してカード会社は発行を決定します。

ただ、申込みの際に自分の収入と比較して限度額を大きくしていたり、グレードの高いカードを発行していたりするなら、カード会社の審査に落ちてしまうことがあります。カード会社はカード払いのお金をしっかり支払う能力があるのかを見極めるため、あまりにリスクの高い人は審査の際に落とします。

もちろん、作成したい方はクレジットカードの審査に通過するために、限度額を下げたり他の特典を追加しなかったりして審査の通過を目指せます。しかし審査基準は明確にされているわけではないので、審査を必ず通過するとは限りません。

ただ、デポジット型クレジットカードは保証金を先に支払っているため、カード会社はどこまでを限度額に設定できるのかある程度目星を付けることが可能です。そのため、デポジット型のクレジットカードは審査を通過しやすいと言えます。

助さん
助さん
デポジット型のクレジットカードは先に保証金を出すので、クレジットカードの審査を通過しやすいメリットがあるようですね

ETCカードの作成や旅行保険の付帯も備わっている

デポジット型のクレジットカードはETCや旅行保険なども付帯されているので、クレジットカードとしての特典も備わっています。ETCはカードは、仕事などでよく高速道理を利用するなら持っておきたいはずです。

クレジットカードの発行の際にETCカードの付帯も申込みできますが、通常は手数料が取られます。ただ、デポジット型のクレジットカードの場合はカード会社によりますが、無料でETCを作成することが可能です。余分な手数料を支払わなくて済むので大変お得と言えます。

また、デポジット型であっても自動的に国際旅行保険と海外旅行保険、シートベルト傷害保険などが付帯されているため、思わぬトラブルがあったときも安心できます。

特に飛行機でいろいろな場所に仕事に行く人なら、旅行保険が付帯されているのは大きなサポートとなるでしょう。ETCと旅行保険が備わっていることでビジネスとして活用することが可能です。

黄門様
黄門様
デポジット型のクレジットカードも普通のカードと同じく旅行保険やETCが付帯されているのじゃな。機能面では普通のカードと変わらないということじゃな

ポイントアップの特典が付くことも

デポジット型のクレジットカードでもポイントサービスの付帯がされているので、使用すればするだけポイントをお得に貯めることが可能です。

デポジット型でもポイント還元サービスを行っており、例えば、ライフカードであれば通常0.5%還元率がお誕生日月は3倍になり、L-Mailを利用するならお買い物の際のポイント付与が25倍になります。

効率的にポイントを貯めることができれば、カード会社の商品やサービス交換に使用することができます。クレジットカードを使用してネットショッピングや支払いをする人は特にポイントを多く貯めやすいため、デポジット型のクレジットカードの作成も考えてみることができるでしょう。

デポジット型のクレジットカードもポイント還元サービスを行っているので、使用した分だけポイントが貯まりますね。貯まったポイントは変換が可能なので十分クレジットカードとして利用検討できますね

デポジット型のクレジットカードのデメリットとは?

デポジット型のクレジットカードの利用にはメリットがあるので、使用を前向きに考えることができます。ただ、デポジット型のクレジットカードにもデメリットはあるので、その点を考慮して作成を考える必要があります。デポジット型のクレジットカードのデメリットは以下のようになっています。

お銀
お銀
デポジット型のクレジットカードにはデメリットもあるようだね。どのようなデメリットがあるのかしっかり確認しておこう

先に保証金を用意しなくてはいけない

デポジット型クレジットカードは先に限度額分の保証金を支払わなくてはいけません。デポジット型は保証金を代金引換で支払う必要があるので、発行の申込みをしたなら直ぐに資金を用用意する必要があります。

デポジット型の最低保証金は自分の限度額によって違いがありますが、大体5〜10万円で+年会費が取られます。限度額をさらに上げてクレジットカードの利用をしたいなら、ランクをゴールドに上げることで引き上げることが可能ですが、保証金も20〜190万円ほど必要になるので、資金をたくさん準備しなくてはいけません。

デポジット型のクレジットカードは限度額を上げやすい部分がありますが、そのためには先に資金を準備しなくてはいけないので、計状況によっては大きな負担になることもあります。

助さん
助さん
デポジット型は先に保証金を準備しておかなくてはいけないので、資金がない人は申込みしにくい部分がありますね

年会費をもし払う必要がある

デポジット型クレジットカードは年会費の支払いもしなくてはいけません。デポジットとして先に5〜10万円のお金を支払うとしても、その際には年会費の支払いも求められます。年会費は例えば、ライフカードであれば5,000円ほどかかり、安い料金ではありません。

また、デポジットは1度支払いをすれば問題なく、途中で退会すればデポジットのお金は返金されますが、年会費は毎年支払う必要があり、退会しても返金されません。デポジット型で年会費が無料になっているところはないため、必ず支払いをする必要があることを覚えておきましょう。

ただ、旅行保険やポイント付与、ETCカードの発行も行えるので、年会費分のサービスは期待することができます。

デポジット型のクレジットカードも年会費はあり、毎年支払う必要があるようですね。年会費の部分はサービスと釣り合っているのか見極めて申込みする必要がありますね

キャッシングできないことも

デポジット型クレジットカードはショッピングの際の支払い方法として利用できます。そのため、クレジットカード対応しているお店であれば、問題なく使用することが可能です。ただ、キャッシングは備えられていないこともあります。

一般のクレジットカードはお金を限度額分までキャッシングする機能が付与されていますが、デポジット型のクレジットカードはキャッシングがないので、お金を借りる事はできません。当然、海外キャッシングも付与されていないので、海外でクレジットカードから現地通貨を手に入れることもできません。

ショッピングだけの使用なら気になりませんが、キャッシングも利用したい方にとっては不便さを感じるクレジットカードです。

お銀
お銀
デポジット型クレジットカードはキャッシング機能がないので、もし海外キャッシングなどを利用したいなら別のクレジットカードへの発行がおすすめだね

デポジット型でも審査が通らないこともある

デポジット型クレジットカードを利用するなら審査基準が厳しくないので、通常のクレジットカードよりも審査通過して利用できる可能性が高いです。ただ、デポジット型クレジットカードでも必ず審査を通過するわけではなく、ある条件の方は審査が通りにくいこともあります。どのような人は審査が通りにくいのか紹介します。

黄門様
黄門様
デポジット型クレジットカードでも必ず審査に通過できるわけではないようじゃな。どんな場合は審査通過が難しいのか確認しておくのじゃな

国内居住の20歳以上

デポジット型クレジットカードの場合は、国内居住の20歳以上という条件を出しているところもあります。

通常、普通のクレジットカードであれば高校を卒業した18歳以上でもクレジットカードの作成ができる会社もありますが、デポジット型の場合は保証金の問題もあるのか20歳以上からの作成なので、年齢を確認して申込みをする必要があります。

また、国内居住となっているので、外国人の方もデポジット型クレジットカードの申込みの際は基準をクリアしておく必要があります。永住権を取得しているなど、国内居住を証明することができれば作成可能なので、条件を満たしていれば申込みを行ってみましょう。

デポジット型クレジットカードは国内居住の20歳以上という条件があるようですね。外国人の方も申込み可能ですが、居住していることを証明する必要があるようですね

電話連絡が可能であるか

デポジット型クレジットカードは電話連絡ができるのかも大事なポイントです。デポジットに申込みをするなら本人確認のための電話がかかってくることもあります。また、申込みの際に電話番号の記載必須なので、電話番号を持っていないと申込み自体ができません。

電話番号に関してはスマホでも固定電話でもどちらでもも問題はないので、好きな方を選ぶことができます。そのため、電話番号に関してはほとんど障害になることはないはずです。申込みをする際、できればよく使用するスマホの方がカード会社からの連絡を確認しやすいので、スマホの番号を登録するのがおすすめです。

助さん
助さん
デポジット型クレジットカードの登録の際は電話番号を用意しておきましょう

審査状況によっては通過できない

デポジット型クレジットカードは審査が厳しくないとはいえ、どんな人でも審査が通過するというわけではありません。デポジット型クレジットカードでも審査を通過しにくい人はおり、例えば、自己破産したばかりの人や虚偽の情報を記載する人なのです。

自己破産後は制限がかかっているため、デポジット型でもクレジットカードの審査は通過しません。また、虚偽の報告をする人も信用が置けないひとなのせ、審査通過は不可能です。審査が通過しやすいクレジットカードですが、何をしても大丈夫ではないので注意しましょう。

お銀
お銀
デポジット型でも審査に通らない事はあるので、確実に通るわけではないことを覚えておこう

デポジット型クレジットカードのまとめ

カードを持ちたい方は、デポジット型クレジットカードに申込みをしてみることもできます。ただ、デポジット型にもメリットやデメリット、注意点があるので、しっかり内容を確認して申込みをしましょう。