自分でできる現金化

レシートを現金化出来るってホント?複数のサービスを併用すれば有効活用しやすい

買い物をした証明書となるレシートは、まさか現金化出来るとは数年前まで考えた人はほとんどいないはずです。なぜなら、レシートは領収書であって記載されたデータに価値があるとは考えられていなかったからです。では、なぜレシートを現金化出来るようになったのでしょうか?誰もが思う疑問を助さんが黄門様に訪ねています。

助さん
助さん
ご隠居、今まで買い物時に受け取っていたレシートが現金化出来るサービスは本当にあるのでしょうか?何となく胡散臭いと感じてしまうのですが、本当に利用しても良いか御存知でしたら教えて下さい。
確かに2018年6月12日にサービスを始めたONEというアプリがキッカケで、複数のレシート現金化方法が考案されて実現しているのう。この辺りはお銀が詳しいはずだから、お銀に調査と報告は任せる。
黄門様
黄門様
お銀
お銀
承りました、ご隠居。

レシート現金化アプリ「ONE」でなぜ現金化出来るのか

レシートを現金化する方法として最も有名なのは、レシート現金化アプリ「ONE」です。当時現役高校生プログラマーとして新たな試みにより作成したアプリにより、捨てている人が多いレシートを買い取るという計画が2018年6月12日に実現しましたが、希望者殺到により1カ月程度買取停止に至った経緯があります。

お銀
お銀
助さんがレシート現金化に興味関心を持ったのは、大きく稼ぐためですか?レシートの買取は、1日5枚以内と制限されているので、頑張っても大した金額にはなりません。それでもチャレンジするつもりですか?
助さん
助さん
毎日コンビニで買い物しているレシートが財布に溜まってしまい、ただ捨てているなら紙の無駄かなと思っていたので、現金化出来るなら有効活用出来ると思っただけです。コツコツ毎日しっかり行うなら格さんに向いているはずですが、気になってしまったので仕方がありません。

ONEがレシートを買取する理由はマーケティング

レシート現金化アプリONEは、他のレシート情報を有効活用するアプリとは異なり、レシートに記載されている情報を実際に買い取っています。本人確認を行った上でレシートをスキャンして売却してくれる人の属性情報と合わせて特定の企業にとって有益な情報へと作り上げています。このため、単にレシートを買い取っているわけではなく、情報収集のためにレシートを買い取りしているわけです。また、レシート現金化アプリONEは、特定の商品を購入したという記載があるレシートではなく、どのようなレシートであっても店舗で商品を購入してから2カ月以内で未登録のものならば買い取り対象としています。

購買行動を正確に把握出来るからこそ分析可能なデータとして企業に販売出来る

コンビニエンスストアでアルバイトしたことがある友人がいるなら分かるように、コンビニエンスストアのPOSレジには客層キーと呼ばれる男女の性別と年代層を複数段階設けたボタンが用意されています。会計の最後に客層キーを押すことでレジ登録が完了する流れとなっていて、店舗にどのような客層がどれくらいの単価で商品購入をしているか判断出来るわけです。しかし、同時にアルバイトの中には客層キーを正確に押さずに全て49歳以上の客層キーのみで会計している例が少なくありません。あくまでも自社データとしてしか活用出来ないことから、特定の商品メーカーにとってはどのような客層に自社製品が売れているのか分かりません。そこで、レシート現金化アプリONEでは、会員登録制を採用していて以下の情報を含んだ分析データを作成可能です。

・利用者の性別
・利用者の正確な年齢
・実際に購入した商品名
・購入した日付と店舗情報

分析したデータの販売時には、個人情報を除いた形でデータベース化されているために、安心して分析データを購入出来ます。レシート現金化アプリONEを使って購入したレシート情報は、個人情報を含まない状態によりデータベース化されてから、別途購入を希望する企業に向けて分析したデータ結果を販売して収益を挙げているわけです。

レシート買取額は最大10円かつ1日5枚以内

サービス開始当初に一時休止しなければならないほど関心が高まったことから、レシート現金化アプリONEでは、一般的なレシートの買取額を1円~10円の範囲内で定めています。また、1日5枚以内という制限を設けることにより、スーパーやコンビニエンスストアのレジ担当者が捨ててあったレシートを無制限にスキャンして売却するといった不正行為を行えません。あくまでも特定の商品について、男女どちらかつ何歳の本人が購入したのかという細かい属性情報こそが、メーカーを始めとする外部の法人へ売却可能な分析データとなるわけです。元々捨てていたレシートが僅かな金額出会っても現金化出来るなら、単価の多少は大した問題ではありません。

特定のレシートは現金化出来る単価が異なる

大半のレシートを買い取り可能なONEであっても、企業から求められた情報をすぐに集めたい場合には、レシートの購入単価を高く設定していることがあります。種類を問わないならば最大10円という買い取り価格のレシートですが、その時に企業から依頼がありデータ収集をしているレシートについては特別単価が設定されています。

・引っ越しの見積書ならば50円~400円買い取り
・バイクの自賠責保険証券ならば10円~100円買い取り
・クラフトビールの購入レシートならば10円~50円買い取り

上記はあくまでも一例ですが、レシート現金化アプリONEの画面上に特定のレシート買い取りがあれば、手持ちのレシートから該当するものが無いか先に確認しておくことが望ましいです。どれか1つでも該当するレシートがあれば、1日あたりの買い取りレシート枚数5枚を超えて別のレシート買い取りに出すことになるからこそ、現金化可能な金額が増えます。

200円の出金手数料さえ払えばいつでも現金化可能

助さん
助さん
コツコツレシートの内容に応じて、個別レシート買い取りと何でもレシート買い取りを使い分ければ良いと分かりました。問題は、レシートを売った金額を本当に現金化出来るのでしょうか?
レシート現金化アプリONEの会員メニュー内に積算された売却額が200円を超えていれば、アプリ上から出金手続きを行えば200円が振込手数料として控除されて指定の銀行口座へ振り込まれます。
お銀
お銀

レシート現金化アプリONE内にログインした状態で、買い取り済みの金額をウォレットにて確認したら、出金ボタンをタップして振込先銀行口座を指定するだけです。一度銀行口座を登録しておけば、次回以降は登録済み銀行口座へ出金するだけと手軽になります。出金手数料200円を控除した金額が指定した銀行口座へ振込されますが、本人確認が済むまでは出金手続きが完了しません。

他のレシート現金化アプリは特定商品に絞ることで単価アップしている

レシート現金化アプリは、ONEがTV報道されたことをキッカケとして類似サービスが各社から提供されるようになっています。しかし、他のレシート現金化アプリは、特定商品に関してのレシートのみを扱うことにして単価が下がりすぎないようにしている状況です。

助さん
助さん
レシート現金化アプリはアプリ検索を行うと複数出てきますが、何でもレシート買い取りを行っているのはONEしか見つけられませんでした。なぜ他のアプリは特定商品ばかりのレシート現金化を行うのでしょうか?
他のレシート現金化アプリは、顧客からの依頼を受けて特定のレシートを集めることで単価維持をしているからです。雑多なレシートを膨大に集めてデータ分析を行うという使い方では無いことが理由として挙げられます。
お銀
お銀

アンケートに答えてから該当商品のレシートを読み込ませる方法

レシートアプリの中でも特定商品に特価することで得られるポイント数を高めているのは、CASHbアプリが有名です。牛乳や春菊といったその時に企業から調査依頼があった商品に関して先にアンケート回答を行い、14日以内に実際の商品を購入してレシートをアプリへ読み込ませてポイントを獲得します。1CBにつき1円という単位で交換出来ることから、レシート現金化アプリとして認識されています。最低交換可能金額が1,000円以上と設定されているために、現金への交換が出来るにも関わらず現金化までのハードルが高いとされています。

CASHb for 楽天銀行なら1円単位で換金出来る

1,000円以上の現金化まで待てないと考えているならば、CASHbと同じ運営会社が楽天銀行と提携して運営している楽天銀行口座保有者なら1円単位でレシート現金化可能なアプリが登場しています。参加すると報酬が自動的に楽天銀行へ振込されるからこそ、他のレシート現金化アプリと並行して利用することで効率良く現金を手に入れやすいです。商品が特定のジャンルに常に限定されてしまうからこそ、募集ジャンルの確認が常に必要となります。

特定の商品に限定して募集しているからこそ単価が高い

1レシート1円~10円の買取額であっても、ゴミ箱へ用済みとして捨ててしまうレシートが現金化出来るならレシート現金化アプリを使わない手はありません。1ジャンルの商品に対して10円を超える現金化が可能なレシートについては、実際に購入した商品のバーコードスキャンが必要になりやすいです。なぜなら、拾ったレシートのみではなく実際に購入した商品が手元にあることを前提として高報酬となっているからです。1枚のレシートで購入した商品数が多い場合、商品のバーコードスキャン数も同時に多くなってしまうので、人により手間が掛かり面倒だと感じてしまう人が少なくありません。

誰でも購入可能な新商品はマーケティングの一環

レシート現金化アプリが成立している背景の1つとして、特定の新商品に対するレシート購入単価が10円を超えている場合には、新商品のマーケティング成果を測る手段として使われていることがあります。具体的には、レシート購入を行うためには必ず指定された1つの新商品を購入する必要があり、商品バーコードスキャンを必須とすることでレシート買い取り単価を50円以上としている例が少なくありません。実際に購入した新商品を試さない人は少ないことから、飲料や食品といった商品の販売促進効果を同時に期待出来ます。マーケティングの一環としてレシート現金化アプリを運営している会社へオファーを出せるからこそ、高単価なレシート現金化が実現可能なわけです。

助さん
助さん
レシート現金化の単価が高く指定商品を期間内に購入という条件が付いている場合には、ステルスマーケティングの可能性があるわけですか。実質的に割引で商品を購入出来たことになるので、新商品の販売促進としては有効な方法ですね。
まずは手にとって試してもらわなければリピート購入者を増やせないので、直接購入を促せるレシート現金化アプリは、マーケティングとしてもかけたコストに見合った成果をフィードバックしてもらえます
お銀
お銀

共通ポイントへ移行可能なレシート現金化アプリなら実用的

レシート現金化アプリを利用すれば、必ず現金をすぐに受け取れるわけではありません。実際には数十種類のレシート買い取りアプリが存在しますが、直接現金化出来るアプリは数種類のみです。では、多くのアプリはどのような方法でレシート売却後に現金化するのでしょうか。

助さん
助さん
最初にレシート現金化アプリONEを知ってしまうと、他のアプリもすぐに現金化出来てしまうと勘違いしていました。ポイントへの交換を行うレシート現金化アプリが多いですが、どのような方法があるのでしょうか。
レシートを買い取り特定のポイントとして受け取るアプリは、厳密にはレシート現金化アプリではなくレシート買い取りアプリという扱いとなります。買い取り結果はポイント還元という形で会員へ支払われますが、電子マネーのまま日常生活での買い物に使うことも可能です。しかし、現金化を目指すならば、共通ポイントへの交換を間に挟むことが望ましいです。
お銀
お銀

レシート買い取りアプリを選ぶ際には共通ポイントへの移行可能な範囲を見極めよう

レシート現金化アプリを使えば、レシート買取金額を現金という形で銀行口座へ振込みによる受け取りが可能です。一方、レシート買い取りアプリの場合には、アプリ内でレシート買い取り結果として付与されるポイント還元額を他の共通ポイントへ交換しなければ現金化する手段が無く現物交換しか方法が無くなります。これからレシート買い取りアプリを選ぶ際には、現金化可能な次の共通ポイントが使用出来ることを確認する必要があります。

・PeXポイントへ移行後に現金化
・ドットマネーへポイント以降後に現金振込を選択

上記2つのルートならば共通ポイントへの移行後に現金振込を選択可能です。一度の手続きで全てを現金化しやすいのはドットマネーであって、500円単位でコード登録が必要となるものの楽天銀行ならばリアルタイムで振込反映されるPeXポイント経由ならば即日現金化出来ます。

共通ポイントを経由した現金化はポイント有効期限に注意しよう

レシート買い取りアプリを使った現金化は、レシート現金化アプリも含めて買い取りした金額に応じたポイントに有効期限が設定されていることが多いです。現金化する際に交換手数料が勿体ないからといってポイント有効期限を忘れていると、せっかく苦労してレシート買い取りしてもらった金額が順次有効期限切れに伴い無効となりかねません。各レシート買い取りアプリ内の専用ポイントほど有効期限が短く、共通ポイントへ移行すれば新たなポイントとして有効期限が再設定されるからこそポイント失効を防げるわけです。獲得したポイントの有効期限に関しては、利用規約が変更される可能性があるので、常に最新の運用状態を確認しておけば安心出来ます。

レシート現金化アプリは買い取り条件を把握した上で無理のない範囲内で利用しよう

レシート現金化アプリを使えば、今まで捨ててしまっていた買い物レシートが金額の多少はあるものの売却可能となります。レシート現金化アプリにより得られる金額に違いがあるものの、無理のない範囲内で換金可能な有効期限に注意していれば消滅リスクを避けられるはずです。レシートをどのように現金化したら良いのか考えているならば、手間と金額のバランスを考慮した上で利用するレシート現金化アプリを見極める必要があります。金額重視ならば、複数のレシート現金化アプリをインストールして限られた枚数のレシートを有効活用しなければなりません。