楽天ペイの現金化はどうすれば良いの?楽天ペイの意味を確認して間違いを防ごう

楽天ペイを使って現金化したいと考えている人は、多くがクレジットカード現金化を念頭に置いています。確かに楽天キャッシュへチャージした現金を取り戻したいと考える人もいますが、一気に多額のチャージを行うことは滅多にありません。では、楽天ペイの現金化は他の決済サービスとはどのような点で異なるのでしょうか。

楽天市場をよく利用しているのですが、楽天ペイにチャージした金額は払い戻し出来ないのでしょうか?知人に聞いても回答がバラバラで意味が分かりません。ご隠居なら御存知かと思いまして。
助さんが言っているのは楽天キャッシュにチャージした楽天ペイアプリから見える金額のことかな?楽天edyと楽天ペイに加えて楽天キャッシュの違いを理解している人は意外と少ないものじゃ。格さんなら詳しいじゃろう、教えてあげなさい。

畏まりました、ご隠居。

助さんはどうやら楽天が絡む決済サービスをごちゃまぜにして理解している模様です。しかし、周囲の人に確認すると分かるように楽天サービスは次々と新しいサービスや利用規約変更があるために、最新の情報を確認しないと意味が変わっていることが珍しくありません。

楽天ペイは人により意味する言葉に違いが出てしまう

楽天ペイについて分からないからといって周囲の人に聞いても返答がバラバラとなりがちです。なぜなら、楽天ペイは関わる人によって意味するものが大きく変わってしまうからです。楽天市場への出店に携わっている人と楽天ペイアプリのみを使っている人ではそもそも印象が違います。また、楽天銀行経由でのチャージしか使っていない人にとっては、楽天ペイを電子マネーと考えている人さえいます。楽天ペイを現金化する際には、具体的にどのような決済サービスを使って現金化したいのかという事情を正確に理解しておかなければなりません。

助さんは楽天ペイアプリを使っていてクレジットカードは何を保有しているのかな?

楽天ペイアプリを使っていてクレジットカードは複数枚登録しています。

楽天銀行からのチャージは行っていないのかな?

まだ試していないですが、今後機会があれば使ってみたいです。

楽天市場出店者は楽天ペイを後払いサービスと認識する

楽天市場への出店者または出店店舗で働いたことがある人にとっては、楽天ペイは後払い決済サービスとして認識している人が多いです。なぜなら、一般的な電子マネー払いとは異なりリアルタイムでチャージした現金が使えるサービスよりも先に、クレジットカード経由での後払いサービスが導入されていたからです。他の電子マネーや決済サービスでは、予めチャージ済みのお金を決済によりリアルタイムで使うという意味合いですが、楽天ペイは当初ポストペイ方式のみが導入されていたからです。楽天市場では決済サービスが店ごとに異なることに対して利用者からの不満が溜まっていたため、楽天ペイという形で決済部分のとりまとめを楽天側が受け持つことで利用者拡大を狙いました。楽天市場出店者にとっては、代金回収業務を楽天に手数料を払って行ってもらっているという認識となるからこそ、楽天市場出店者からすると締め日の翌々月に決済代金が振り込まれる後払いサービスという認識が広まっているわけです。

楽天ペイは楽天キャッシュによる即時決済も可能

楽天ペイは現在の支払い方法として、

①クレジットカード経由でのチャージ
②楽天銀行経由での楽天キャッシュという形によるチャージ
③楽天スーパーポイント支払い

という3つの方法が採用されています。楽天キャッシュという形でチャージされた金額については、楽天ペイを電子マネーサービスと似た使い方を行えるようになるわけです。実際にはスマートフォンアプリという体裁のためにQRコード決済扱いとなるので、ICチップを使った電子マネーとは意味合いが変わります。しかし、楽天市場出店者にとっては、代金を楽天経由で受け取れるようになるまでにタイムラグが長いため、ポストペイ方式という認識が定着しています。

楽天ペイアプリ利用者は楽天ペイをQRコード決済と考える

楽天ペイアプリ利用者にとっては、楽天ペイはQRコード決済と考えています。なぜなら、楽天ペイアプリを開いた時には「コード・QR払い」という項目とポイントカード機能に加えて、貯まっている楽天スーパーポイントについても表示されているからです。楽天ペイアプリ自体がポイントを貯められるポイントカードとしての役割を持ち、楽天キャッシュによりチャージされた金額を即座にQRコード決済アプリとして使用出来ます。電子マネーと似た感覚でコード支払いという違いはあるもののリアルタイムで決済出来る点で後払いという認識を持っている人は意外と少ないです。実際に楽天ペイアプリを使う際にクレジットカード払いを選択している人であっても、クレジットカード決済にて払っているから後払いでは無いという感覚に陥ってしまいます。楽天キャッシュによるチャージを使っている人にとっては、楽天銀行口座の残高をチャージして使っている以上は現金と同じ扱いだとみなしているからこそ、楽天ペイアプリ利用者にとってはリアルタイム決済としての認識しかありません。また、楽天ペイアプリは使用しているスマートフォンのOSによりメニュー画面に違いがあることから、楽天ペイアプリ利用者はアプリメニューに表示されている内容の影響を受けやすいです。

楽天ペイの現金化は具体的に何をどう現金化するのか正確な把握を求められる

楽天ペイの現金化は、具体的に楽天キャッシュによりチャージされた金額を現金化したいのか、クレジットカード払いにより購入する楽天ペイ決済商品を現金化したいのかという個別具体的な状況に左右されます。なぜなら、楽天ペイによる支払い時にクレジットカード払いを選択していれば、実際の商品代金はクレジットカード会社の締め日以降にある最初の支払日にならなければお金を支払ったことにならないからです。

楽天ペイアプリ利用者にとってはクレジットカード払いなら後払い、楽天キャッシュ経由のチャージならプリペイドという認識で良いのでしょうか?

楽天ペイアプリにはポストペイとプリペイドの両方が導入されているために利用者は即座に払っているつもりとなりやすいわけです。楽天市場出店者にとっては後払いという認識だからこそ、聞く人によって認識が大きく変わり現金化しづらくなります。

楽天ペイには払い戻し制度が無い

楽天ペイを利用しはじめてから気づく人が多いこととして、楽天ペイには払い戻し制度が無い点を挙げられます。電子マネーだと思って利用している人にとっては、解約しても払い戻しが無いことを最初は理解に苦しむ人が少なくありません。楽天ペイならではのハイブリッドな特徴を理解しているかどうかが問われます。

楽天ペイの利用規約を改めて確認すると、解約時に払い戻しが無いと分かって驚きました。やはりポストペイが影響しているのでしょうか?

楽天ペイ自体が複数の支払い方法を統合した結果生まれた利便性重視のサービスだからこそ、クレジットカード払いのポストペイと楽天銀行チャージのプリペイドが混在している点が問題となります。楽天ペイ解約時に払い戻しを認めてしまうと、クレジットカード会社からのチャージが換金目的の利用として全面的に塞がれてしまう可能性があるわけです。

では、楽天ペイの現金化はどうすれば良いのでしょうか?

楽天ペイの現金化は購入商品の転売が最もシンプル

楽天ペイを現金化するためには、払い戻し制度が無い以上は使い切りが原則となります。楽天ペイアプリに表示されている楽天キャッシュと楽天スーパーポイント残高を全て使って換金率が高い商品を購入してしまえば良いわけです。楽天ペイを使用可能な店舗には限りがあるものの、オンライン決済と実店舗決済を組み合わせればある程度増やせます。購入する商品は楽天ペイの決済履歴には残りますが、クレジットカードを経由した後払い決済でない限りは同一商品を繰り返し購入してもペナルティが課せられることはありません。注意しなければならないポイントは、楽天カードを支払い方法として設定して楽天ペイを利用している場合です。楽天ペイでの購入履歴と楽天カードの決済履歴について双方を確認出来る立場に楽天があるからこそ、楽天ペイの現金化は楽天カードとの組み合わせ時には注意を要します。換金目的での利用だと疑われないように購入商品を分散しなければならないわけです。楽天ペイに対応している店舗数は多いものの、換金率が高い商品の取り扱い店舗数はさほど多くないので、楽天ペイアプリを使った現金化を行う前に購入商品の目星をつけておかなければなりません。ネット通販と実店舗購入を組み合わせて、目標換金額を達成するために必要な商品購入数をチェックしてから動けば、入手した順番で買取店へ持ち込み出来ます。

高換金率を期待できる商品を事前に調査しておく

楽天ペイを使って購入可能な商品のうち、金券類については制限があるために多くは家電製品やブランド品といったある程度まとまった金額で購入する商品を選ぶことが多いです。なぜなら、高換金率を期待しやすい商品かつ高単価商品を狙わなければ、転売時の手間と容積ばかりが大きくなってしまうからです。ゲーム機については同じ機種を複数台購入しようとしても制限が掛かりやすいので、複数の店舗を巡回して購入しなければなりません。また、売却時にも1人につき同一商品は1台限りという制限を受けやすいからこそ、ゲーム機の転売は少額狙いでは有効ですが金額が大きい適しません。エディオンやケーズデンキといった家電量販店の中でも大規模チェーン店で楽天ペイ支払いの対応が進んでおり、家電製品の中でも品薄品を狙うと換金しやすいと考えられます。

楽天ペイに登録可能なクレジットカードに注意しよう

楽天ペイを理由する際には、登録可能なクレジットカードに制限があることに注意しなければなりません。なぜなら、楽天カードを除いて対応している国際決済ブランドは、「VISA」と「MasterCard」のみだからです。日本国内で利用者が多いJCBブランドや北米エリアで有名なAmericanExpressについては、楽天カード以外のクレジットカードで使用できません。唯一楽天カードについてのみ、どの国際決済ブランドであっても楽天ペイへの登録が可能となっている事情は、カード決済手数料が影響しています。楽天ペイに登録可能なクレジットカードとして楽天カードなら全種類対応可能となっていることは、楽天グループ内のクレジットカードならばカード決済手数料を互いに気にする必要が無いからです。楽天ペイアプリを使っているからといって、手持ちのクレジットカードが全て利用出来るわけではなく、楽天カード以外のクレジットカードは対応可否が国際決済ブランドにより分かれています。楽天ペイを使ってクレジットカード現金化を狙うならば、楽天ペイアプリに対応可能なクレジットカードの種類を事前に確認しておかなければ、複数クレジットカード登録出来ても意味がありません。

楽天出店者と組んで楽天ペイを現金化する

楽天ペイを現金化するもう1つの方法として、楽天ペイによる決済を有効にしたまま返金処理を受ける手段があります。一般的な返品による電子マネーの現金化に近い方法ですが、基本的に楽天ペイのみで通用する方法は楽天市場の出店者と組んで行う方法しかありません。では、具体的にどのような方法で楽天ペイを現金化するのでしょうか。

助さんには全くオススメ出来ないものの、楽天市場に出店している事業者が知人にいるなら、返品に強力してもらうことによる現金化が可能です。

知人に協力してもらう返品という時点でハードルが高そうですね。転売以外の楽天ペイ現金化手法があるなら一応知っておきたいものです。

楽天市場出店者に協力してもらえれば現金化出来る

楽天市場出店者または楽天ペイ対応店舗ならば、楽天ペイカードリーダーさえあれば楽天ペイ加盟店として決済出来ます。セルフ決済は出来ないものの、知人に楽天ペイ加盟店事業者となってもらえば返品時に現金で払ってもらうことにより現金化可能です。全くの個人で楽天ペイ加盟店となる意味はありませんが、既に小売店や個人事業主となっていて楽天ペイ決済サービスを導入したいと考えているならば、売上をかさ増しさせるためという名目で協力することが出来ます。なぜなら、楽天ペイ加盟店では決済利用手数料が3.5%~2.5%と1カ月あたりの決済額に応じて段階的に細かく決済手数料が設定されているので、売上が決済手数料率の境界線近くにある場合には何とか売上だけでも立てたいと考える事業者がいるからです。

楽天ペイ加盟店となるためには売上120万円が最初の関門

楽天ペイ加盟店となるために必要な売上は、加盟から4カ月以内に120万円以上達成が求められるElanのプラン120という制度が最低ラインです。なぜなら、楽天カードリーダーは2万円前後で購入可能ですが、Rakuten Card & NFC Reader Elanを導入すれば、1つの決済端末でクレジットカードと楽天ペイを始めとする複数の決済サービスに対応出来るからです。楽天ペイ加盟店となるために必要な初期投資をなるべく抑えつつ、集客わ増やす工夫として複数の決済手段を同時に提供可能なシステムを用意することが小売店にとって重要となります。Elanのプラン120には更に売上高が多いプラン180といった契約条件があるので、初期投資額をすぐに回収出来つつ協力してもらう側としては、初期売上額への貢献という形でしか支援出来ません。

楽天ペイの決済手数料は3.5%~2.5%

楽天ペイの決済手数料は、加盟店としてどのプランで加盟するかといった契約内容と売上金額に応じて細かく決済手数料が決定しています。全く同じ売上であっても、大規模店ほど売上総額が大きい分だけ楽天ペイ決済手数料が下がるわけです。一般的なクレジットカードならば加盟店とクレジットカード会社の力関係によりカード決済手数料が決まりますが、楽天ペイでは決済プランと売上額の組み合わせで決済手数料が決まってしまうわけです。決済手数料分だけ負担するならば、楽天ペイでの決済は有効にしたまま現金により返金する方法で現金化に協力してくれる知人がいても不思議ではありません。個人が現金化のためだけに楽天ペイ加盟店となる意味はありませんが、既にキャッシュレス決済のため楽天ペイを検討している知人がいるならば、売上を立てるために協力すると申し出れば認めてくれる可能性があります。

楽天ペイの現金化を楽天に知られると出店者がペナルティを受ける

実際に楽天ペイを現金化する際に楽天ペイ加盟店となった知人から返金してもらう方法は、楽天に返金の事実を知られてしまうと本人ではなく出店者または加盟店が楽天からペナルティを受けます。なぜなら、楽天ペイ加盟審査がしっかり行われているからこそ、利用規約に反した行為を行う加盟店に対するペナルティは厳しくなっているからです。利用者はあの手この手を使って何とか得しようと考えることを想定している楽天では、主に楽天ペイ加盟店に関する取引内容の適正化について監視を行っています。このため、軽い気持ちで知人に楽天ペイの返金に基づく現金化を持ちかけることは、楽天へ発覚した時のペナルティ次第で交友関係にヒビが入る可能性があると知った上で行わなければなりません。

楽天ペイ加盟店に知人がなってもらう方法での現金化は、ハードルが高いだけでなく販売店側にペナルティが与えられるという点が厳しいですね。身近な所で楽天ぺい加盟店になってくれそうな御仁は、思い浮かべてはならない御方だけです。

畏れ多くもちりめん問屋には頼んではなりませんよ。

それは分かっています。無難に楽天ペイを使い切って転売する方法が良さそうです。無理はしないことにします。

楽天ペイは払い戻し制度が無い分だけ現金化のハードルが高い

楽天ペイを現金化するためには、解約しても払い戻し制度そのものが無いという点がポイントです。なぜなら、楽天ペイの成り立ちが後払い制度が基本だったために、楽天キャッシュを使ったリアルタイムチャージによる買い物についてはクレジットカードを使った後払いとの区別がつかないからです。後払いとプリペイドチャージが混在しているからこそ、楽天ペイは払い戻しによる現金化が出来ません。このため、楽天ペイを使い切ることで得られた商品を転売する方法が現実的な現金化手法です。