クレジットカードの現金化は何のため?実行する人理由や目的について解説!

家賃や水道料金、電気料金、ガス料金、通信料金、社会保険料、税金など、様々な支払いに追われていて資金繰りに困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな状況では、以下に示すような解決策が存在します。

・消費者金融から融資を受ける
・クレジットカードのキャッシング枠を利用する
・クレジットカードのショッピング枠を現金化する

なお、クレジットカードのショッピング枠の現金化は利用規約に違反する行為なので、万が一、カード会社に発覚した場合、カードの利用が停止されたり、一括返済を求められるリスクがあります。

しかし、ショッピング枠の現金化を行う人は後を絶ちません。リスクを背負ってまで、一体何のためにクレジットカードのショッピング枠の現金化を行うのでしょうか。それは、消費者金融やキャッシング枠の利用には存在しないメリットが、ショッピング枠の現金化にはあるからです。

本記事では、クレジットカードの現金化のメリットや、実行する人の事情・心情について解説いたします。

ご隠居、お金に困っているなら、ショッピング枠の現金化に手を出さずに、消費者金融とかクレジットカードのキャッシング枠を利用すれば良いんじゃないでしょうか?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
うむ、確かに消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用するという手もあるのう。しかし、それらには審査が必要だったり総量規制が存在していたりするから、利用できないケースがあるのじゃよ。
助さん
助さん
クレジットカード発行の際に収入があった人でも、資金繰りに困っている時点では無収入になっていて消費者金融の審査に通らないケースがあります。

なお、クレジットカードのキャッシング枠は年収の3分の1までという総量規制が存在します。それ以上の金額が必要な場合は、ショッピング枠の現金化を考えてみるのも良いでしょう。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する人の事情・心情

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、カードの利用規約に違反しています。そのため、カードの利用を停止されたり、一括返済を求められるリスクが存在します。

しかし、現実には、多くの人がクレジットカードのショッピング枠を現金化しています。何故、リスクを背負ってまで現金化を実行するのか、抱えている事情や心情に迫ります。

ご隠居、クレジットカードのショッピング枠の現金化って、カードの利用規約に違反している行為ですよね?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
うむ、規約違反だからリスクは存在する。しかし、消費者金融の審査に通らないといった理由で、それ以外に手段がない人も大勢いるのじゃよ。
助さん
助さん
また、総量規制の存在により、クレジットカードのキャッシング枠の上限以上の現金を確保したい人は、ショッピング枠の現金化に手を出さざるを得ない状況に置かれています。

カードの利用停止や一括返済を求められるかもしれないリスクとの兼ね合いで、各人がどう判断するかという問題になってきますね。

消費者金融の審査に通らない事情を抱えている

消費者金融を利用すれば、現金を手に入れることが可能です。しかし、審査に通過しなければならないため、無収入だったり、金融事故情報が信用情報機関に登録されていたりすれば、借りることはできません。

そのような事情を抱えている人は、クレジットカードのショッピング枠の現金化に頼らざるを得ないというケースがあります。

既に保有しているクレジットカードのショッピング枠は、特に審査を受けずに利用できます。自分自身で換金しやすい商品をショッピング枠で購入したり、現金化業者を利用すれば、すぐに現金を入手できます。

キャッシング枠の総量規制を超える金額を確保する目的

「消費者金融の審査に通過しなくても、既にクレジットカードを保有しているのであれば、そのキャッシング枠を利用すれば簡単に現金を手に入れることが可能なのでは?」とお考えになる方もいらっしゃることでしょう。

確かに、既にクレジットカードを持っているのであれば、そのキャッシング枠を利用することが可能です。しかし、キャッシング枠は、貸金業法により「総量規制」がされているため、年収の3分の1までの範囲内でしか利用限度枠を設定できません。既に利用限度枠の上限まで利用していたり、限度額以上の現金が必要な事情を抱えている場合は、キャッシング枠の利用によって資金繰りの問題を解決することは不可能です。

そのような人は、クレジットカードのショッピング枠の現金化を実行するしかないという事情があります。ちなみに、総量規制は消費者金融の融資やクレジットカードのキャッシングに対して適用されるものであり、ショッピング枠は総量規制の対象外です。

面倒な手続きを回避して現金を入手したい

消費者金融からお金を借りる場合、必ず審査が行われます。仮に、審査に通過する収入状況であったとしても、手続きには手間暇がかかります。また、クレジットカード発行時に比べて収入が増えている場合は、キャッシングの利用限度額を増やすことも可能です。しかし、やはり審査が必要なので、手間や時間が必要です。

人生では、「今すぐ現金が必要」というシーンがしばしば存在します。急に飲み会が決まったとか、事故に遭ったとか、限定品を今すぐ買いたいといった状況で現金が必要になった場合、審査を受けている時間的余裕はありません。そんな時は、クレジットカードのショッピング枠を現金化するのが迅速・簡単です。

急に飲み会に誘われたんだけど、手持ちのお金が無くて困っています。キャッシング枠は利用限度枠の上限まで使い切ってるし、消費者金融は利用したくないし、どうすれば良いでしょうか?
お銀
お銀

クレジットカードのショッピング枠を現金化すれば、迅速かつ簡単に現金を手に入れることが可能ですよ。ショッピング枠は総量規制の対象外なので、キャッシングの利用限度枠一杯まで借り入れしていても大丈夫です。

クレジットカードのショッピング枠を現金化するメリット

クレジットカードのショッピング枠の現金化には、以下に示すようなメリットが存在します。

・審査が不要
・信用情報機関に記録されない
・すぐに現金を入手できる

ショッピング枠の現金化には、カードの規約違反になるという問題があります。しかし、上記のようなメリットがあるため、多くの人が現金化を行っています。

ご隠居、ショッピング枠を利用しても、信用情報機関に借り入れ記録が残らないことを御存知ですか?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
もちろん、知っておる。新しくクレジットカードを発行する際には、信用情報機関への照会を伴う審査が行われるが、借り入れ記録が残っていると不利になってしまうのう。
助さん
助さん
ショッピング枠の現金化は、カード会社の利用規約によって禁止されています。それでも様々なメリットがあるため、多くの人が現金化を実行しているという現実があります。

リスクがあるといっても、殆どのケースではカード会社にばれることはありません。ただし、あまりにも多額の現金化を一度に行うと調査が入る可能性があるので、ほどほどの金額に留めておきましょう。

面倒な審査がない

既に保有しているクレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、審査が行われません。消費者金融から融資を受ける際には審査が行われるため、専業主婦/主夫や失業中といった理由で収入がない方は利用できません。

しかし、既にクレジットカードを保有しているのであれば、ショッピング枠を現金化することで簡単に現金を用意できます。なお、ショッピング枠は、キャッシング枠とは異なり、総量規制の対象ではありません。そのため、キャッシングの利用限度額以上のお金が必要な場合には、ショッピング枠の現金化をおすすめします。

信用情報機関に記録されない

消費者金融から融資を受けたり、クレジットカードのキャッシングを利用したりすると、信用情報機関に借り入れ情報が記録されることになります。貸金業法における「指定信用情報機関」を挙げると、以下のようになります。

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・シー・アイ・シー(CIC)
・日本信用情報機構(JICC)

殆どのクレジットカード会社はシー・アイ・シーに加盟しています。ただし、銀行系のクレジットカード会社は全国銀行個人信用情報センターに加盟しているケースがあります。なお、消費者金融業者は日本信用情報機構に加盟しています。

クレジットカードのショッピング枠の利用は「融資」に該当しないため、これらの信用情報機関への借り入れ情報の登録は行われません。信用情報機関に借り入れ情報の記録がある場合、新規にクレジットカードの発行を申し込む際に不利になります。信用情報機関への登録情報を綺麗なままに保っておきたいと考えている方には、ショッピング枠の現金化がおすすめです。

クレジットカードのショッピング枠の利用って、信用情報機関に借り入れ記録として登録されないんですね。
お銀
お銀

銀行や消費者金融から融資を受ける際やクレジットカードを発行する際の審査では、信用情報機関に照会が行われます。そこに、延滞などの事故情報や最近借り入れを行ったという事実が記載されていると、審査に通りにくくなります。ショッピング枠の現金化では、そのような不利な情報が掲載されることはありません。

すぐに現金を手に入れることが可能

クレジットカードの利用規約に違反することに不安をお感じになる場合、消費者金融から融資を受けたり、キャッシングの利用限度枠を増やしてもらったりすることも良いでしょう。

しかし、人生には、以下に示すような突発的な出来事が発生するものです。

・葬儀に参列する際に香典を用意する必要がある
・急に病気になる
・不慮の事故に遭う
・前から欲しかったグッズを購入できる千載一遇の機会に遭遇する
・突然、飲み会に誘われる

これらの状況では、手間や時間をかけて審査を受ける余裕がないケースも多いでしょう。そんな時は、クレジットカードのショッピング枠を現金化すれば、スムーズに現金を確保できます。

自宅や勤務先の近所に現金化業者の店舗が無くても、インターネット上で営業している業者が存在するので心配しないでください。例えば、Amazonギフト券をショッピング枠を使って購入し、ウェブサイトを通じて買い取ってもらう方法なら、迅速かつ簡単です。

葬儀というものは急に発生しますし、参列する場合は香典を出す必要があります。急な出費の発生に備えて、ショッピング枠の現金化も一つの選択肢として頭の片隅に入れて置くと良いですね。
お銀
お銀

銀行や消費者金融から融資を受ける際やクレジットカードを発行する際の審査では、信用情報機関に照会が行われます。そこに、延滞などの事故情報や最近借り入れを行ったという事実が記載されていると、審査に通りにくくなります。ショッピング枠の現金化では、そのような不利な情報が掲載されることはありません。

急にお金が必要になった際にはクレジットカードのショッピング枠の現金化という選択肢も検討しよう

人生では、葬儀や病気、怪我といった様々な理由で「急にお金が必要になる」というシーンが発生します。

急な出費には、消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能を利用することも可能です。しかし、審査が必要だったり、総量規制で借り入れ金額に上限があったりするので、解決策として使えないという方もいらっしゃることでしょう。

そんな方でも迅速・簡単に現金を用意する方法として、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」が存在します。面倒な審査もなく、信用情報機関に借り入れの事実が登録されることもありません。一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

本記事が、何のためにクレジットカードの現金化を行うのか知りたい方のお役に立つことができれば幸いです。