現金化は強制解約される?規約違反の内容と一括請求について紹介

クレジットカードの現金化をしてお金を準備する方法があります。しかし、クレジットカードの現金化をするとカード会社から強制解約をされてしまうことがあるので、現金化はリスクがあります。

クレジットカードの現金化はカード会社でも規約違反となり、強制解約された後も現金化した代金を一括請求されることになります。クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、リスクがあるので紹介します。

黄門様
黄門様
クレジットカードの現金化を行うとクレジットカードが強制解約されてしまうこともあるんじゃな
お銀
お銀
クレジットカードの現金化によって解約されてしまうとどうなるか不安ですね

クレジットカードの現金化についてリスクを知っておくことが大事ですね

クレジットカードが強制解約されてしまう原因

クレジットカードは強制解約されてしまうことがあります。クレジットカードが強制解約となる原因があるので、まずはその点を紹介していきます。

助さん
助さん
クレジットカードの強制解約されてしまう原因があるよ。その原因を知っておくようにしよう

個人信用情報に問題が発生した場合

クレジットカードを発行する場合は審査を通過する必要があります。審査を無事通過することができたなら、信用があると言うことなので、以降は「安心してクレジットカードを使用することができる」と思うかもしれません。

しかし、クレジットカードが発行された後も、クレジットカード会社は定期的に個人信用の情報チェックを行っています。特に、キャッシング利用があるときは1ヶ月か3ヶ月に1度チェックを行っており、そのときに他者のカードでキャッシングが滞納していたり、大きな未払い金があった場合は、強制解約されることがあります。

そのため、他者のクレジットカードで滞納や未払い金などの問題が発生してしまうと、自分のクレジットカードでは問題がなくても強制解約されることがあります。クレジットカードの支払いの延滞が年収の3分の1を超えると、強制解約される可能性が高くなるので注意が必要です。

黄門様
黄門様
クレジットカードを複数使用している場合、どれか1つでも信用問題が起きれば、他のクレジットカードも強制解約されてしまう可能性があるので、注意が必要じゃ

クレジットカードを長期で延滞している場合

毎月のクレジットカード利用料金の支払いが滞ってしまっても、強制解約されてしまうことがあります。クレジットカードの利用料金は1ヶ月に利用した金額を翌月の期日までに支払う必要があります。

クレジットカードで利用している銀行口座に期日までにはお金が入金されていない場合、未払いとなってしまい、カードの利用停止となり登録してあるメールアドレスにその内容が通知されます。

そのため、未払いや滞納が発生しても直ぐに強制解約とはなりません。しかし、この段階で2ヶ月以上放置して支払いをしないなら、長期延滞扱いとなって突然強制解約されてしまうことになります。

長期延滞扱いとなると個人信用情報に異動記録が記載され、クレジットカードの新規発行ができなくなります。また、他社のクレジットカードにも悪影響を及ぼし上記でも記したように別のクレジットカードも強制解約されてしまうことがあります。

クレジットカードを利用して利用停止になったときは早く処理するようにしましょう。

お銀
お銀
クレジットカードが利用停止になったなら、まだ問題は小さいよ。未払いなどがある場合は直ぐに対処するようにしよう

クレジットカードで現金化が発覚したとき

クレジットカードの現金化を行ったときに、カード会社に現金化を行ったことが発覚すると強制解約となることがあります。クレジットカードのショッピング枠を利用して金券類やブランド品、新幹線の回数券を何度も大量に購入していると、カード会社は現金化を怪しむようになります。

ただ、1度現金化を怪しまれただけで直ぐに強制解約となることはなく、利用停止という処分になってカードの使用ができなくなるだけのことが多いです。利用停止になったときに電話をして説明することにより利用停止が解除されることががあります。

そのため、利用停止になったときに、もう一度カードを利用したいときはカード会社に連絡するようにしましょう。しかし、その後も何度も現金化を繰り返していると、カード会社からカードを強制解約されてしまうことになります。

クレジットカードの現金化は規約違反でもあるため、悪質に現金化を行うと一発で強制解約になることもあるので注意しましょう。

助さん
助さん
クレジットカードの現金化は、複数回行うとカード会社から強制解約されてしまうことがあるよ。

ただ、クレジットカードの現金化が1度発覚して強制解約されることもあるからクレジットカード現金化はとてもリスクがあるんだ。現金化を行ってカードが解約されれば、他社のカードも強制解約や利用停止になることもあるよ

クレジットカードの現金化で一括請求される原因

クレジットカードの現金化を行うと強制解約されるだけでなく、一括請求されることもあります。クレジットカードの支払いは分割払いを行うことができますが、現金化が発覚すると、利用した分の金額を分割ではなく一括で支払わなくてはなりません。

現金化により一括請求される原因は以下の通りとなっています。

お銀
お銀
クレジットカードの現金化で一括請求されるようになると、お金の支払いは期日までに準備する必要があるよ

現金化はショッピング枠の目的ではないため

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を利用して商品を購入し、その後にその商品を売却して現金を手にする方法です。しかし、クレジットカードのショッピング枠はショッピング利用のために作られたものであり、その目的以外で利用することは禁止されています。

ライセンスの購入や公共料金の支払いをするためなど、クレジットカードの利用の範囲は広がっていますが、現金化の目的は入っていません。そのため、クレジットカードショッピング枠で現金化を行ったときは、ペナルティを設けており一括請求や利用停止、最悪の場合は強制解約を行うようにしています。

しかし、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が備えられています。お金を得たいなら「キャッシング枠の利用でいいのでは?」と思うかもしれません。しかし、キャッシング枠は金利が高く設定されているので、利用すると返済料が多くなります。

また、クレジットカード現金化をすると、現金化の手数料などもお金が目減りしてしまうことになります。クレジットカード利用者の返済も疑問視するようになり、カード会社はお金をしっかり返済してもらえるのか不安になります。

そのため、クレジットカードの現金化を防ぐために一括請求を行うようにしています。

助さん
助さん
クレジットカードの現金化を行うと、カード会社はキャッシングでの金利が得られずに損をしてしまうことになるんだ。

クレジットカードの現金化によって、お金の返済にも不安を感じるなど、現金化はカード会社にとってもリスクがあるため、厳しい措置を講じているよ。

解約をする場合は一括請求となるため

クレジットカードを一括請求されるのは、クレジットカードを解約されるときです。契約を解約するには、借入残高を0にしないと解約することができません。そのため、自分から解約をするときは借入残高があるなら支払う必要がありますが、カード会社から強制解約されるときも支払いを行う必要があります。

解約をする場合は残高を分割払いにすることはできず、一括で支払う必要があります。解約をする期日が発生しているなら、それまでに一括請求をします。クレジットカードの現金化を何度もしているなら、カード会社から強制解約されてカードの利用が行えなくなります。そのときは解約となるので、借入も一括請求されることになり、クレジットカードの現金化に利用した分を全て一括で支払います。

ショッピング枠の金額が大きいと、それだけ一括請求するときの負担は大きくなるので、注意しておくべきです。

黄門様
黄門様
クレジットカードは解約のときに借入があるなら一括請求して返済の清算を行うこ必要があるのじゃ。
お銀
お銀
自分から解約するなら一括請求の計画も立てやすいが、強制解約となれば一括請求の計画は立てにくく、支払いが困難になることもあるので、注意が必要だ。

不要な使用をしているのが発覚したとき

クレジットカードの買い物の履歴はカード会社が保管しています。カード会社はクレジットカードの番号が流出して海外で買い物をされてしまうこと、またカードを紛失してしまったときに他の人にカードを悪用されて高額な商品を購入されなようにするため、常に監視しています。

もし、不正利用された場合は利用目的の連絡やカードの利用停止を行いますが、この監視のときに不審な買い物利用を確認することもあります。金券類を大量に購入している履歴や同じブランド品を同じお店で頻繁に購入している履歴を見たなら、「カード会社は現金化しているのでは」と疑います。

不要な使用していてショッピング枠を限度額まで使用しているなら、現金化と疑われてカード会社から確認の連絡や利用停止をされてしまいます。そのときに連絡を無視していると解約させられる一括請求をされることになります。

ショッピング枠を利用して限度額を超えていなくても、現金化を疑われて結果的に一括請求されることになる可能性もあるので、不要な買い物をしていると一括請求することになることも念頭に置いておく必要があります。

買い物履歴はカード会社によって常に確認されているので、あまりに不要な買い物や怪しい買い物をしていると強制解約となり、一括請求されることになるよ。

強制解約されて一括請求支払えないとどうなる?

クレジットカードの現金化を行って強制解約されて一括請求されたときに、お金が手元にあって直ぐに払うことができれば問題はありません。しかし、お金が準備できずに支払うことができない場合、どのような事態になっていくのか不安になるはずです。

強制契約による一括請求でお金が支払えない場合の順序を紹介していきます。

助さん
助さん
カード会社から一括請求されれば直ぐにお金を準備することが大事。だけど万が一遅延してしまうとペナルティを受けることになるよ

遅延損害金が発生

クレジットカードの代金が支払うことができなくなれば、遅延損害金が発生します。これは支払い日にお金を支払うことができなくなった翌日から発生します。遅延損害金は借入しているところにより違いがありますが、クレジットカードの場合は年率20%となっています。

例えば、請求額が10万円で10日遅延したなら
10万円×20%÷365×10日となり大体547円ほどになります。
遅延損害金は支払う期間が長くなれば、それだけ支払う金額も増えてしまいます。それだけ無駄な支払い料金が増えていくことになるので、遅延損害金が出てしまったなら期間を短くして支払うようにすべきです。

黄門様
黄門様
期日までにお金を支払うことができなければ、遅延損害金が発生して無駄な出費となってしまうんじゃな。
助さん
助さん
遅延損害金が出でしまったなら、早めに対処しないと借入金額がどんどん膨らんで余計に返せなくなってしまうので、お金の準備を早めに行おう。

督促状が届く

一括請求された分が支払えずに期間が長引くと督促状が送られます。督促状が来ると差押えになる前の段階なので、この段階で何か対処しておかないと差押えになることになります。

督促状が来たときにお金を準備できれば良いですが、支払うお金がないのら、弁護士に相談するなどして支払いに関してアドバイスをもらうことが大事です。督促状が来たのに何もしないでいるなら、カード会社から差押えになることがあるので、督促状が来たときに何か対策を講じておくのが良いでしょう。

助さん
助さん
督促状がくれば警告となるので、お金準備できるなら支払っておくことが大事だよ。支払いが難しいなら弁護士に相談して何かアドバイスをもらっておくと支払いを減額してもらえる可能性があるので、行動するようにしておこう
黄門様
黄門様
何もしないでいることが1番悪影響が出てしまうことになるんじゃな。無視しておくことはやめておいた方が良いぞ。

差押え処分になる

クレジットカードの一括請求で支払いができずに、督促状も無視していると財産の差押さえに発展することになります。財産の差押えは文字通り、自分の所有しているものを全て返済に当てられてしまいます。

自分の仕事の給料、口座の預金などが差押えられ、クレジットカードの滞納分が支払われるまで自動的に引き落とされていきます。

もし、給料や口座に預金がなく、クレジットカードの滞納分を支払うことが難しいなら、車や家具などいろいろな物品も差押えられてしまい、強制的に滞納分を支払うことになります。

一括請求されたときに無視しても良いことはなく、逆に信用をさらに落として余分な費用を発生させて支払うことになるので、カード会社に連絡だけはしておくようにしましょう。

助さん
助さん
滞納分を長期で支払わない場合は、全ての物を差押えられてしまう可能性があるよ。そうなると、生活のも悪影響が出るようになるので、差押えられる前に対策を講じる必要があるね。
お銀
お銀
一括請求されて支払うことが難しいなら、督促状が来たときにカード会社に連絡をしておくこともおすすめだよ。一括請求が本当に難しいなら、カード会社も何か提案をしてくれる可能性があるので、差押えを防ぐことができるかもしれないよ

一括請求して支払った後はどうなるのか?

カード会社にクレジットカードの現金化が発覚してしまい、一括請求された後に滞納分を支払ったとします。直ぐに支払いをすれば遅延損害金額や督促状、差押えなどには発展しないので「問題ない」と思うかもしれません。しかし、支払いを完了したとしてもペナルティを受けることになります。

どのようなペナルティを受けるのか以下の点をご覧ください。

助さん
助さん
一括請求された後に支払いを完了できたとしても、それで終わりということはなく、自分にとってペナルティーを受けることになるよ。その点を理解しておこう。

クレジットカードは使用できなくなる

クレジットカードの一括請求を支払ったとしても、もし強制解約されているならクレジットカードの使用はできなくなります。解約された後の料金の清算として、お金を支払っただけなので、支払いが完了したので「再度クレジットカードの使用ができる」ということにはなりません。

また、クレジットカードの強制解約をされたなら他のクレジットカードも強制解約される可能性もあるので、最悪クレジットカードの使用ができなくなってしまうことになります。

1度強制解約されたなら、また同じカード会社でクレジットカードを発行することは不可能となります。そのため、強制解約されたならそのカード会社のクレジットカードは再発行も再審査もできないと思っていた方がいいです。

ブラックリスト入りすることになる

「強制解約されてしまっている」、「現金化がカード会社に発覚されている」という状態なら、自分の信用情報に傷が付くことになります。

まず、カード会社に現金化が発覚してしまってもまだ利用できる状態なら、使用はできてもカード会社からカードの使用にかなり制限をかけられることになります。ショッピング枠の制限も最低基準となり、カード会社からの監視も厳しくなるので、クレジットカードが使用しにくくなります。

また、強制解約や現金化発覚になってしまったなら、その情報は信用情報機関に登録されることになります。信用情報とはクレジットカードやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済状況、利用残高などに関して取引の事実が記載されています。

もし強制解約されたなら、信用情報はブラックリスト入りされてしまい、クレジットカードを発行することは難しくなります。クレジットカード以外に住宅や車のローン、スマホの分割払い、賃貸住宅の契約も組みにくくなるなど、いろいろな悪影響が出てしまいます。

ブラックリスト入りしてしまうと、この情報は5〜10年は保存されるので、このようなリスクを被ることになることを覚えておきましょう。

黄門様
黄門様
支払いを完了しても、ブラックリスト入りしてしまい、ローンや支払い方法に悪影響が出てしまうんじゃな
お銀
お銀
クレジットカードの強制解約や一括請求されれば自分の信用に傷が付くので、そのリスクは承知しておくことが大事ですね。

クレジットカードの現金化で一括請求を避けるコツとは

クレジットカードの現金化がカード会社に発覚すると強制解約をされて一括請求される可能性が高くなるため、リスクが大きくなります。しかし、それでもお金が必要になりクレジットカードの現金化を行うのなら、ポイントを抑えておくことが大事です。

そのポイントについて紹介しましょう。

助さん
助さん
クレジットカードの現金化をするときにポイントを抑えておくなら、一括請求されることを避けることができるかもしれない。一応知識として得ておこう

換金率が高いものを繰り返し購入するのは避けておく

クレジットカードの現金化を行うなら換金率が高いものを購入したいはずです。しかし、換金率が高いものを繰り返し購入していると、カード会社から現金化を疑われ、調査のための連絡が入りやすくなります。

そのため、換金率が高いもにを繰り返して購入することはやめておくのがいいでしょう。換金率が高いものは、例えばギフト券や新幹線などの回数券があります。これらの商品は換金率が90%以上となることが多いので、他の商品と比べると換金率が高いため、現金化に利用されやすいです。

しかし、現金化に利用しやすいということはカード会社も注意しているので、短期間で何度も繰り返し購入していたり、大量購入したりしていると問題視されます。もしクレジットカード現金化が発覚すれば一括請求されるので、大量購入などは避けておくのがポイントです。

ギフト券や回数などは換金率が高いのが魅力ですね。しかし、それは現金化に利用されやすくカード会社も注意しているため、大量購入や短期間で続けて購入は避けておこう。

限度額いっぱいまで使用することは避ける

クレジットカードのショッピング枠を利用してクレジットカードの現金化を行います。しかし、利用するときにショッピング枠の限度額いっぱいまで使用するのは避けておくべきです。

クレジットカードの限度額に達せずに余裕があるならカード会社も問題視はしません。しかし、クレジットカードのショッピング枠を限度額まで使用しているなら、カード会社は現金化していることを疑うようになります。

また、ショッピング枠でギフト券や回数券を購入しているなら、余計にクレジットカードの現金化をしていると問題視され、一括請求される可能性があります。そのため、ショッピング枠の限度額まで利用して現金化をするのはリスクが大きくなるため避けておくようにしましょう。

お銀
お銀
クレジットカードの限度額にもよるけど、限度額いっぱいまでショッピング枠を使用するとかなり高額になるよ。高額な金額をショッピング枠で使用しているならカード会社も支払いが心配になるので、避けておくのがポイントだよ。

支払いの計画は立てておく

クレジットカードの現金化をしたとしても期日が来ればお金は返済する必要があります。そのため、返済日までにお金を返せるよに計画しておくことが大事です。

期日が来てもお金を返済日していないならカード会社はカードの利用停止を行い、お金を返済するように電話連絡や通知により催促してきます。そのときにお金が返済できないなら現金化が発覚して一括請求される可能性がありますし、最悪上記でも記したように差押えまで発展する可能性もあります。

そのため、クレジットカードの現金化を行ったときは返済計画もしっかり立てておくようにしましょう。返済することによりクレジットカードは継続して使用することが可能です。お金を返済しないということだけは絶対にしないようようにすべきです。

黄門様
黄門様
借りたものを返すのは常識じゃな。クレジットカード現金化に利用した金額は返済日までに返せるように計画しておくことが大事じゃ。この点は絶対に忘れないようにすべきじゃな。

クレジットカード現金化の優良業者の見分け方

クレジットカード現金化を行うときは自分で行うこともできますが、優良業者を利用することもできます。優良業者なら現金化のコツを知っているので、安全に現金化を行う1つの方法です。

しかし、中には悪徳業者もいる可能性があるので、優良業者の見分け方を知っておく必要があります。見分けるポイントについて紹介します。

公式サイトに会社概要が記載れているか確認

優良業者を見分けるためには、公式サイトに会社概要が記載されているか確認することが大事です。公式サイトに会社概要が記載されていれば、会社の存在をアピールしていることになるので、信用度が大きいです。

ただ、会社の記載情報もどのような項目が載っているのか確認するようにしてください。会社の項目で確認するのは
・会社名
・代表者名
・所在地
・電話番号
・メールアドレス
・営業時間
などです。

優良行中であれば上記の項目は顧客の信用を得るために記載しています。しかし、悪徳業者は会社名がない、電話番号が記載されていないなど、項目にも漏れがあり、記載情報が少ないことがあります。

優良業者を利用するためにも、会社情報を確認するのが大事です。

助さん
助さん
会社情報は情報が多いほど信用が得られるよ。特に会社名や電話番号、所在地は運営の大事なポイントなので、必ず確認するように使用。

換金率についてしっかり記載されている

業者を選ぶときは、換金率がしっかり記載されているのか確認しましょう。現金化をするときは換金率が高い業者を選ぶはずです。換金率が高いなら、それだけ現金化したときに得られるお金も大きくなります。

業者を選ぶときは換金率を必ず確認するはずですが、記載されている方法によっては悪徳業者の可能性もあります。換金率が「業界最高」など明確な数字を出していない場合、悪徳業者の可能性があります。

また、優良業者は公式サイトに現金化の換金率が、商品ごとに詳細に記載されています。そのため、公式サイトを見れば換金率について詳しく知ることができます。

公式サイトを見ても換金率がよく分からないなら、その業者はやめておいたほうがいいです。

換金率の確認は公式サイトを見ると直ぐに理解することができるよ。換金率について明確ではなく、あやふやな感じになっているなら、避けておくのがいいね。

口コミをチェックする

優良業者を見分けるには口コミも確認してみることです。口コミを見ると優良業者なのか判断いしやすく、自分にとって合っている業者を選びやすくもなります。

ただ、口コミを確認するときもポイントがあります。まずは、不自然に良い口コミばかりが書かれていないか確認します。現金化の業者は良い口コミが多いほど自分も利用しやすくなります。

しかし、どんな業者もメリットとデメリットがあるので、少なくとも悪い口コミもいくつかあります。そのため、悪い口コミと良い口コミを比較して、良い口コミが多い業者を選ぶのが良いです。良い口コミばかりだと業者がサクラを利用して書かせた可能性が高いです。優良業者はサクラを利用することはないので、良い口コミばかりが記載されているなら少し注意した方がいいです。

また、当然ですが悪い口コミが目立つ業者も避けておくべきです。悪い口コミが多いなら満足な現金化は行えないからです。口コミもしっかり確認しておきましょう。

黄門様
黄門様
口コミは業者の評価がわかるポイントなので確認しておくことが大事じゃ。良い口コミしか載っていないなら、その業者は確実に悪徳業者とはいかんが注意しておくことようにするのじゃな。

現金化は強制解約や一括請求があるので慎重に

クレジットカードの現金化は強制解約されることや一括請求される可能性があるのでリスクがあります。そのため、クレジットカードの現金化はリスクを確認しておくことが大事です。

クレジットカードの現金化は自己責任となります。リスクをしっかり考慮して、現金化の選択を考えましょう。