自分でできる現金化

クオカードを現金化する方法って?

クオカードは贈答品や景品などでもらうことが多いカードですよね。もらったことがある人は多いと思います。でも使ったことがある人は意外と少なく、「もらったけど使わないわ」という人も多いのがクオカードです。「使わないクオカードを現金化したい」そう思った時に役立つ方法をご提案します。

助さん
助さん
ご隠居、クオカードというものを手に入れたのですが、これはどうやって使うのでしょうか?もし使い道がないようでしたら、現金化する方法はご存知ありませんか?
黄門様
黄門様
購入したものなら持ち込めば払い戻しはできるだろう。現金化を急ぐのであれば、その方法はおぎんが詳しいはずだから、教えてあげなさい。
かしこまりました、ご隠居
お銀
お銀

クオカードってどんなもの?

クオカードはチケットショップでも販売されています。店舗で購入したものであれば、購入した店舗に持ち込めば現金化できます。

すけさん、クオカードはどこで手に入れたのですか?何のために使うつもりだったのですか?
お銀
お銀

ところでクオカードの使い方は知っているのか?

助さん
助さん
いや、実はあまり分かっていなくて、、、
ほんとに困ったものですね。まずはクオカードがどんなカードなのかを説明しましょう。
お銀
お銀

クオカードは株式会社クオカードが発行するプリペイドカードです。プリペイドとは前払いを指し、一定額の支払いをして発行されるのがプリペイドカードです。テレフォンカードや図書カードと同様に裏面が磁気になっていて、コンビニやファミリーレストランなどの支払いに使用できます。利用するごとに残高が書きかえられて減っていきます。
クオカードは300円券、500円券、700円券、1000円券、2000円券、3000円券、5000円券、10000円券の8種類があります。「1~999円」「2,001~2,200円」の間で額面が設定されているものもあり、5,000円券には70円、10,000円券には180円のおまけが付いています。よく支払いに利用する人なら、5,000円券、10,000円券を購入するとお得ですね。

すけさんが持っているクオカードはいくらのものですか?
お銀
お銀
助さん
助さん
5,000円券だよ
5,000円券なら70円のおまけが付いているお得なクオカードね。でも現金化するのであれば、そのお得さは特に関係ないわね。
お銀
お銀

クオカードは種類もたくさんあります。クオカードはチケットショップやコンビニで購入できますが、ショップでは売っているクオカードのデザインが限られます。そのためホームページから購入することで、好みのデザインを選ぶことができます。ホームページでは5種類のオーダー方法から選び、自分の好みに合ったカードを選んで購入できます。オーダー方法は以下のようになります。

・スタンダードカード
・レディメイドカード
・ハッピーメイドカード
・オリジナルカード
・フリーバリューカード

それぞれのオーダー方法について解説しましょう。

スタンダードカード

「QUOスマイル」というオーソドックスなデザインから、ご当地デザイン、葛飾北斎シリーズなど、あらかじめデザインが決まっています。「社会貢献型QUOカード」もあり、購入金額の一部が各団体に寄付されます。スタンダードカードは1枚から購入できます。

レディメイドカード

レディメイドという名前の通り、背景となる11種類のベースのデザインと額面を選び、そのカードに自分の名前や好みの文字を入れることができるセミオーダーカードです。記念品などで使用するクオカードを作るときにおすすめです。

ハッピーメイドカード

オリジナルのクオカードが作れるのがハッピーメイドカードです。写真やイラストを使って作れますので、結婚式や卒業記念などさまざまなお祝いやイベントにピッタリです。ブラウザ上で簡単にデザインすることができます。オーダーは5枚からになります。

オリジナルカード

完全オリジナルのクオカードがオリジナルカードです。すべてのデザインを指定することができます。印刷する枚数によってオフセットかインクジェットを選びます。

オフセット

オフセットは大量印刷する場合にコストを抑えて作ることができ、繰り返し使用することができます。販促キャンペーンや記念品などのギフトで使用する場合におすすめです。100枚からのオーダーになります。

インクジェット

インクジェットは少ない枚数をコストを抑えて作ることができます。フルカラー対応で、グラデーションなどのデザインも可能なので、誕生日や記念日のプチギフトなどに利用できます。10枚からのオーダーになります。

フリーバリューカード

フリーバリューカードは額面を自由にカスタマイズでき、デザインも自由に決められるカードです。額面は1~999円または2,001円~2,200円となります。語呂合わせなどで自由に作ることができます。

助さん
助さん
クオカードにはこんなに種類があったんですね。

オリジナルのデザインで作れるとはすごいカードだな。

クオカードは自分の好みのものを持つことができます。そして、デザインによっても現金化するときに違ってくるのですよ。
お銀
お銀

クオカードをチケットショップなどで現金化する

クオカードの最も簡単な現金化の方法は、チケットショップなどにクオカードを持ち込んで買い取ってもらいます。チケットショップではさまざまな金券を買い取ってもらえますので、買い取ってもらうことですぐに現金化できます。クオカードは金券とみなされますので、金券を買い取ってもらえるところであれば、チケットショップ以外でも現金化は可能でしょう。
チケットショップなどで現金化する場合に、クオカードのデザインが大きく関係してきます。クオカードは自分でもデザインできることは先に解説しましたが、さまざまなデザインがあります。このデザインによって買い取りの金額が変わってきます。

すけさんが持っているクオカードはどんなデザインですか?
お銀
お銀
助さん
助さん
何かのキャラクターが入っているよ。

もしかすると高額で買い取ってもらえるクオカードじゃないか?

助さん
助さん
えーー!
よくわからないのだから、そんな高額で買い取ってもらえるかは調べないとね。私もどんなキャラクターが高額になるのかは詳しくないから。
お銀
お銀

チケットショップではクオカードは買い取ってもらえます。高額で買い取りが行われるのは、人気のあるアイドルやキャラクターのものや、数が少ないなどのレアなものです。高額で買い取られるクオカードは、チケットショップだけでなくオークションなどでも高く売れることがあります。チケットショップより高額な現金が入るかもしれませんので、持っているクオカードが該当するかをチェックした方がいいですね。
買取金額が高額になるのは、主にアイドル柄やアニメ柄と呼ばれるクオカードです。これらの中の人気があるものやレアなものが高額になります。その他にギフト柄、広告柄のクオカードがあり、ギフト柄がスタンダードカードと言われるものです。広告柄は企業が宣伝用や販促用に作ったもので、これは再利用しにくいため換金率が低くなります。スタンダードカードのギフト柄は売れ行きがいいため、換金率は高めになっています。デザインによって換金率は異なりますが、ほぼ95%程度が相場と考えられます。
クオカードには有効期限があるものがあり、このタイプは買い取ってもらえません。また、コンビニで発行されたクオカードも買い取ってもらえませんので注意が必要です。

クオカードを利用してクレジットカードの現金化をする

クオカードを買い取ってもらうことで現金化する方法はわかったけど、その他に方法はあるのかな?

助さん
助さん
うん、持っているクオカードが高額で買い取られるとは思えないから、他の方法を知りたいね。
これからクオカードを利用した現金化の方法を説明するわ。
お銀
お銀

基本的にクオカードをクレジットカードで購入することはできません。そのため本来はクオカードを利用してクレジットカードの現金化は不可能です。しかし、ちょっとした工夫をすることでこれが可能になります。
クオカードは公式サイトの購入でもクレジットカードは使用できません。チケットショップでもクレジットカードが使えるところはほぼありません。しかし、ファミリーマートでは「ファミマTカード」でのクレジット決済であれば購入が可能です。

助さん
助さん
ファミマTカードであればクレジット決済でクオカードが購入できるのだな。
これはファミリーマートでファミマTカードを利用する人の特典と言えるわね。
お銀
お銀

「これでクオカードでクレジットカードの現金化ができる!」と思われた人は多いはずですが、先のチケットショップでの買い取りのところでご説明した通り、コンビニで発行されたクオカードは現金化することができません。クレジットカードでクオカードを購入しても、そのクオカードを現金化することができなければ意味がありませんよね。
チケットショップなどでは買い取りしてもらえないクオカードですが、1つ方法があります。それはヤフオクやメルカリなどのネットオークションに出品する方法です。先のショップでの買い取りについて解説した際に、高額で買い取ってもらえるクオカードがあることをお知らせしましたが、この高額での買い取りもこのネットオークションに出品することで買取額が上がります。レアなものほどネットオークションで高額で落札されますので、高額の現金化ができるのです。ファミリーマートで購入したクオカードも出品できますが、こちらは高額は望めません。販売価格を下回る可能性が高いでしょう。

クレジットカードでクオカードが購入できると喜んだのに、コンビニ発行のクオカードは買い取ってもらえないのか・・・

助さん
助さん
あー、そうだった。せっかくクレジットカードで購入できても役に立たない。
コンビニのクオカードは買い取ってもらえなかったわね。でも他のカードもあるわよ。
お銀
お銀

もう1つ、クレジットカードでクオカードを購入する方法があります。JCBのクレジットカードで会員専用サイトのMy JCBからJCB-クオカードを購入する方法です。JCBカードで自動決済の扱いで購入ができますので、クレジットカードでクオカードを購入したい人にはピッタリです。ただし、こちらもJCBの限定デザインのもので、販売価格が割高になっています。3000円のクオカードであれば額面通りの3000円ですが、500円と1000円は支払い金額はそれぞれ530円、1040円となります。さらに送料がネットからの注文の場合は500円、電話注文であれば740円をプラスして決済されます。
購入したクオカードをチケットショップなどで現金化する場合、換金率は90~96%くらいなので、これは手数料が馬鹿にならないといえるでしょう。また、JCBはカードブランドの中でも現金化に厳しいと言われていますので、利用停止リスクが大きいと言わざるを得ません。これだけの手数料をかけて現金化するメリットはほとんどないでしょう。

電子マネーにクレジットカードでチャージをしてクオカードを購入する

クレジットカードに付属している電子マネーにクレジットチャージをしてクオカードを購入します。

助さん
助さん
クレジットカードに電子マネーが付いているけど使ったことがないなあ。
黄門様
黄門様
すけさんはクレジットも電子マネーもあまりわかっていないじゃろう。
クレジットカードも電子マネーも理解することで、うまく利用する方法があるのですよ。
お銀
お銀

コンビニエンスストアのセブンイレブンでは、nanacoにクレジットカードでチャージをして、nanacoでクオカードを購入することができます。セブンカードを持っている人なら、クレジットカードにnanacoも付いていますので、クレジットチャージも問題なくできます。これでクオカードはクレジットカードで購入できることになるのですが、こちらもコンビニ発行のクオカードなのです。セブンイレブンでは店頭限定のクオカードもあり、無料のケースも付いてくるのですが、コンビニ発行のクオカードは固有番号が「00」で始まっていて、このクオカードはほぼ買取が不可となっています。
ただし、チケットショップの中には残高証明書があれば買い取りができる店舗があります。この残高証明書はローソンで発行してもらうことができます。レシートで発行されますが、店舗によって異なりますので利用する店舗で確認してください。残高証明書があれば買い取りが可能なチケットショップでも確認が必要なので、査定に時間がかかることが多いようです。

えっ、コンビニのクオカードを買い取ってもらえるショップもあるんだね。

助さん
助さん
それならコンビニで買ったらいいよね。
そうは言っても換金率を調べるとか、きちんとチェックした方がいいわね。
お銀
お銀

クオカードを利用して現金化をするデメリット

クオカードをクレジット決済で購入する方法と、クオカードを現金化する方法を見てきましたが、残念ですがとても簡単とは言えない方法でした。ここでクオカードを利用して現金化をするデメリットをあらためて挙げておきます。

・有効期限によって買い取ってもらえないことがある
・デザインによって換金率が変わる

クオカードには有効期限があるものがあります。裏面に有効期限が記載されていますが、この有効期限があるクオカードは金券ショップで買い取ってもらえません。有効期限があるものは期限が来ると利用できなくなるため、期限までに販売しなければならないというリスクを抱えることになるからです。
クオカードは自分でデザインすることもできるカードなので、さまざまなデザインのカードが存在しています。企業やショップの販促のための広告が入ったクオカードや、イベントやキャンペーンなどで使う文字やロゴが入ったカードなど、いろいろなところで利用されています。そんなクオカードは現金化をする際に、デザインによって大きく換金率が異なってきます。人気のあるアイドルやキャラクターなどのデザインのクオカードであれば、チケットショップでも換金率が高くなるはずですが、ヤフオクやメルカリに出品することで驚くような価格で落札されることもあります。しかし、企業の販促のためのクオカードやコンビニ発行のコンビニのロゴが入ったクオカードなどは、換金率が通常より下がってしまうこともあります。このような人気のないクオカードは、ヤフオクやメルカリに出品しても、半額以下の金額でしか落札されない、また落札されないこともあります。ネットオークションで落札されないようなクオカードは、チケットショップでも通常以下の換金率になることが多いでしょう。

クオカードを利用して現金化をするのはあまりおすすめじゃないようだな。

黄門様
黄門様
すけさんにもう一度なぜ現金化をしたいのかを確かめたらいいのではないか。

クオカードを利用するクレジットカードの現金化は手間がかかる

クオカードはキャンペーンや販促などの企業やショップなどが利用することも多く、数え切れないくらいの種類のクオカードが出回っています。景品などでもらったりすることも多く、たくさんの人が触れているプリペイドカードです。
そんな身近な金券の1つとなっているクオカードですが、現金化をするという点では手間がかかると言わなければならないでしょう。クレジットカードを使って現金化をする方がよほど簡単に現金化はできるはずです。それはクオカードはクレジットカードで購入することが難しく、さらにデザインが豊富にありすぎて、種類によっては現金化が難しい、不可能という場合があるからです。人気のあるレアなデザインのクオカードであれば高額の現金化が望めることもありますが、そんなレアなクオカードを手に入れることはかなり難しいことでしょう。
換金率は90~96%と悪くはありませんが、購入方法を選んでクオカードをクレジット決済で購入して、また現金化をする方法も選んで換金しなければなりません。現金化はショップを選んで、持ち込んで買い取ってもらうのですが、他にはネットオークションに出品して落札を待ちます。出品する作業をしなければならず、さらに落札を待つ時間が必要です。できるだけ高額で買い取ってもらおうとすると、なかなか落札されないこともあります。待ったけど落札されないので、設定金額を下げなければならないということも出てきます。こうなると手間をかけた割に、換金率も低いということになってしまいます。

現金化が目的ならクレジットカードの方がおすすめ

クオカードを利用してのクレジットカードの現金化について解説してきましたが、クオカードを利用することで手間がかかりますので、その点は理解したうえで利用した方がいいですね。現金化が目的ならクレジットカードを利用するのがおすすめです。景品などでもらったクオカードを現金化するという場合、もともといただいたもので換金率もこだわらないという状況であれば、現金化が可能なところで買い取ってもらえばいいのですが、クオカードを用意するところから考えるのであれば、利用する店舗なども探して準備しましょう。