現金化おすすめ情報

これで万全!失敗例から学ぶ、現金化で後悔しない方法!

どこに注意が必要?現金化での失敗例あれこれ

クレジットカードや携帯電話決済などが現金化できますが、いずれの場合も借入の履歴を残すことなく資金を調達できる便利な方法です。しかし、現金化をする上で注意しなければならないことがあり、その注意点を守らなかった場合、後々後悔する事態にならないとも限りません。「後悔先に立たず」と言いますが、決して「こんなはずではなかった」ということにならないよう、これまでの失敗例からどこに注意しなければならないのか、理解しておきましょう。

助さん
助さん
ご隠居。私の知り合いがクレジットカードの現金化を考えているようなのですが、どのようなことに注意しなければならないでしょうか?
黄門様
黄門様
クレジットカードの現金化は、業者を利用すれば短時間で現金を手にすることができるし、借入と違って審査もないから非常に便利じゃが、ちゃんとポイントを押さえておかなければいかんのう。現金化と言えば、かくさんじゃ。かくさんや、説明してあげなさい。

畏まりました。ご隠居。

失敗例のベスト1!換金率が低かった!

現金化で、一番多い失敗例が「換金率が思っていたよりも低かった」というものです。例えば、現金化業者のサイトで表示されている換金率95%を鵜呑みにしてしまい、利用したものの、実際手にした時には70%程度しかなかったといったケースです。この失敗例は、特に初めて現金化をされた人に多く、またどの現金化業者にでも起こっている事例と言えます。従って、現金化後に換金率がサイトの表示より低いことを訴えても、現金化業者もこのようなクレームには慣れていますので、こちらが折れるしかありません。一般的に現金化には別途手数料がかかってきますので、最終的な換金率は70~75%程度と言われています。手数料がどれぐらいかかるか、最終的な入金額がいくらになるのか、など、利用する前に現金化業者確認するようにしておきましょう。また、その際に見積もりのメールや文書をもらっておくようにしましょう。入金額が違った場合に証明資料になります。

助さん
助さん
ほとんどのサイトでは高換金率が表示されていますね。でも、これよりも低い換金率になるのですね。

そうですね。どの業者も商売ですから、まずは問い合わせしてもらえるように高換金率を表示しているみたいですが、それを信じてはいけません。

悪徳業者を利用してしまった!利用してから気づいても遅い!

現金化は、借入と違って法整備がしっかりしていないため、悪徳業者も多く、現金化業者の80%が悪徳業者とも言われている程です。残念ながら悪徳業者を利用してしまった場合、現金化を申し込んでも振込まれず、その後こちらから連絡してもつながらない、といった事態や、契約内容に同意できないためキャンセルを申し出たところ、キャンセル料を請求された事態になります。最悪な場合は、個人情報を盗まれ、悪用されることもあります。そして、仮にこのような事態となったとしても、そもそも現金化は違法ではないものの、利用規約違反ですので、クレジットカード会社や携帯電話会社は当然のこと、警察でもまともに取り合ってもらえず、泣き寝入りする以外ありません。くれぐれも悪徳業者にはコンタクトしないようにしましょう。

助さん
助さん
サイトだけでは悪徳業者かどうかわかりません。口コミは参考になるのでしょうか?

残念ながら口コミがやらせであることも十分あり得ますので、充てにはできません。しかし具体的な数字ややり取りがわかる口コミは、やらせではない可能性が高くなりますね。

規約違反の発覚によりカードが利用停止に!

現金化は違法ではありませんが、利用規約違反ではあるため、クレジットカード会社は特に厳しく、不正利用がないかチェックしています。仮にそのチェックで疑わしいと判断された場合、一時的にクレジットカードの利用停止措置が取られ、詳しい調査として直接電話でヒアリングが行われます。ここで最終的に不正利用と認定されてしまうと、利用分の一括支払いや、強制退会処分となり、以後クレジットカードの作成ができなくなってしまいます。不正利用の発覚は、自分で現金化だけでなく、現金化業者を利用する場合も起こり得ます。利用規約違反とは知らずに気軽に現金化してしまい、後々後悔するといった事例も少なくありません。後悔しないように、不正利用のチェックに引っ掛からないような現金化をしなければなりませんし、万が一チェックに引っ掛かったとしても、不正利用と認定されないようにしなければなりません。自分で現金化する場合は、ブランド品やゲーム機など換金率の高い商品や新幹線の回数券など金券、商品券類、一度に同一商品の複数購入はしないようにしましょう。現金化業者を利用する場合は、自分で現金化する場合ほど警戒する必要はありませんが、キャッシュバック方式の現金化業者の際は注意が必要です。ヒアリングでは、何をどういった目的で購入したか、聞かれますが、キャッシュバック方式だと答えられないケースが起こります。従って、事前にどのような物を購入するのか、確認し、仮にヒアリングがあった際にスムーズに答えられるよう準備しておいた方が良いでしょう。

助さん
助さん
他に不正利用確認のヒアリングで注意すべきところはありますか?

そうですね。現金化後にクレジットカード会社から電話があると、現金化についてのヒアリングと決めつけてしまいがちですが、普通「不正利用」と聞くと「誰かが自分のカードを悪用した」と考えるはずです。従って、現金化のことを聞かれると分かっているような態度をとってしまうことは、自白していることと同じになってしまいます。自らボロを出さないようにしてくださいね。

家族や知人にばれてしまい、人間関係にヒビが!

キャッシュバック方式の現金化業者を利用した場合によく起こる失敗例です。キャッシュバック方式では、違法性のない取引である必要があるため、商品の受け取りが必須になります。本人以外がこの商品を受け取ってしまい、現金化利用がばれてしまうことも少なくないようです。商品の受け取りをコンビニや、運送業者の配送センターなどに指定できる現金化業者を利用しましょう。また、どうしても自宅のみの受け取りである場合は、予め言い訳を考えておくようにしましょう。

お金を必要なタイミングで準備できなかった!

現金化業者利用よりも、自分で現金化する場合に多く起きる失敗例です。お金は必要な時に必要な分あることが大事ですが、現金化に手間取り、準備できなかったといったケースです。自分で商品を購入し、その商品をリサイクルショップに持ち込むのですから、即日での現金化はかなりハードルが高くなります。一方で商品をネットで購入した場合は、買いに行く手間はかからないものの、商品が到着するまでに日数がかかってしまいます。自分で現金化する場合は、時間的な余裕が必須と言えます。この点、現金化業者を利用すれば、数分で入金されることもありますから、このような失敗事例は避けられます。

助さん
助さん
時間的なことを考えれば、現金化業者を利用する方が良いですね。

そうですね。しかし、現金化業者によっては、土日の振込み対応ができないケースや日数がかかるケースもあります。事前確認が大事ですね。

現金化は現金を手にした時が終わりではありません。支払いができなければ、全てが水の泡

現金化をした場合、手にした現金以上の支払いが発生します。その支払いの遅延や未払いが発生してしまうと、その後に大きな影響が出てしまいます。例えば、クレジットカードの現金化でその支払いができなかった場合、個人信用情報機関に登録されてしまいますので、その後の借り入れやクレジットカードが利用できなくなってしまいます。あってはなりませんが、不正利用が発覚しても支払いさえちゃんとすれば、クレジットカードは強制解約になっても、他の借入やクレジットカードには影響ありません。しかし、支払いをしなければ、全ての借入、クレジットカードに影響が出てしまいます。決して遅れることなく支払う必要があります。そのためにも、事前に収支の計画を立てた上で現金化を利用するようにしましょう。

失敗の特徴って?その特徴を理解し、失敗しない現金化!

誰しもが現金化に失敗したくないと思いながらも、結果として失敗してしまったのはなぜでしょうか?いろいろな失敗がありますが、共通した特徴が見られます。これからその特徴を解説していきますので、十分理解し失敗しないようにしましょう。

とにかく現金が必要!の意識が判断を鈍らせる!

現金化を考えている人は、とにかく急いで現金が必要な状況であることが多く、焦っていることが多いようです。現金化に限らず、焦っている状況では冷静な判断ができません。そのような精神状態では、しっかりしたリサーチをすることなく業者を利用してしまいがちですから、悪徳業者に引っ掛かってしまうなど失敗する可能性が高くなると言えるでしょう。どんなに切羽詰まった状況であっても、押さえるべきポイントは漏れなく押さえ、冷静な判断ができるようにしなければなりません。

情報収集不足、リサーチ不足は命取り。集められるだけ情報は集めましょう

焦りではなくとも、情報不足が失敗の要因となっていることも多くあります。情報が不足すれば、悪徳業者に引っ掛かってしまう可能性も高くなりますし、後から換金率で後悔する可能性も高くなります。少々面倒でも事前に、情報は集められるだけ集めましょう。言い換えれば、情報を集めた分だけ安全な現金化に近づくということです。

元々大雑把な性格の人は要注意!何とかなるは何ともならない!

おおらかで、小さなことにこだわらない人、というと聞こえはいいですが、現金化に関してはその性格が命取りになりかねません。少しのミスが、大きな事態を引き起こすこともよくあります。特に「何とかなる」と常々考えている人は要注意です。収支も把握することなく現金化をしてしまうと、支払い不能になるのも時間の問題です。お金に関することだけは、「何とかなる」は「何ともならない」ということを肝に銘じて、細かい所しっかりと押さえるようにしましょう。

助さん
助さん
失敗の特徴は、外的なことよりも本人の性格や考え方に影響する部分が大きいような気がしますが、該当する人は現金化をしない方が良いのでしょうか?

そうとは限りません。自動車教習所で、「~だろう運転」だと事故が起きやすいので、「~かもしれない運転」をしましょう、と習ったと思いますが、同じことです。「これだと失敗するかもしれない」といった意識を持って現金化することが大事です。

失敗しないために、後悔しないために何をしたら良いの?

現金化で失敗してしまうと、後悔してもしきれない事態になってしまいます。そして失敗には、共通した特徴がみられます。これから、後悔しないで済むように特徴を踏まえて、失敗しない具体的な対策を解説していきます。

時間的、資金的余裕を持ちましょう。余裕を持って冷静な判断を!

冷静な判断や十分な情報収集ができると、失敗する可能性は格段に低くなります。つまり、冷静な判断や十分な情報収集ができる状態であることが、失敗しない現金化のポイントと言えるでしょう。そして、冷静な判断や十分な情報収集ができる状態であるためには、時間的、資金的余裕があることが必要です。余裕を持つということは、即日現金化を止めましょうと言うわけではありません。もちろん、即日現金が必要な事態にならない方が良いのですが、すぐ行動に移せるように、常日頃から現金化についての情報収集をしておくことで時間的余裕は作れます。また、少し先までの資金計画を立てておくことも、予め現金が必要なタイミングの目安がつきますので、時間的余裕を作る有効な方法と言えます。一方で、現金化を考えている人が、資金的余裕を持つこと自体難しいかもしれません。しかし、急な出費に即対応できるように、普段は使わない現金を少しでも持つようにしておきましょう。そのちょっとの現金が余裕を作ってくれ、冷静な判断や十分な情報収集ができるようになります。

助さん
助さん
余裕を持つためにも、日頃から現金化についての情報収集は必要ですね。他に良い方法を教えてください。

古典的ですが、小銭を貯金箱に入れておくと良いでしょう。毎日でなくとも気が向いた時に、入れておくだけでも次第に貯まりますが、続けることが大事ですね。

資金計画を立てることで、支払いまでを万全に!

現金が必要なタイミングの目安がつきますので、少し先までの資金計画を立てることは余裕を作る有効な方法と紹介しましたが、せっかくですから現金化後、支払いまでの資金計画を立てるようにしましょう。現金化の支払いが迫ってきてから、また現金が足りずに焦ってしまっては意味がありません。支払いができないということがないように、遅くとも現金化する時点で支払いまでの資金計画を立てておくようにしましょう。

後悔しないためにも業者選びは慎重に。ポイント押さえて悪徳業者回避!

現金化業者の8割が悪徳業者と言われていますが、言い換えれば2割は優良業者ということです。この2割の優良業者を選ぶためにも、情報収集は欠かせませんが、その情報収集のポイントをご紹介します。

無料相談、見積もりができる

無料相談、見積もりができる業者を選びましょう。悪徳業者の場合は、相談しただけでも、キャンセル料と称して金銭を要求してきますが、無料相談、見積もりができる業者の場合、キャンセル料を請求されませんので、優良業者の可能性が高いです。特にメールや文書で見積もりを送ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

事務所所在地が明確

各業者のサイトを見ると、事務所所在地が明確ではないケースがありますが、これらは悪徳業者の可能性が高いです。しっかりと事務所所在地が表示してある業者を利用するようにしましょう。

後悔先に立たず!日頃から現金化への準備を!

現金化で失敗すると、取り返しのつかない事態になる可能性が非常に高いです。後々後悔しないように、常日頃から情報収集をし、優良業者を選定しておくことで、いざ現金が必要になっても焦ることなく冷静な判断ができ、スムーズな現金化ができます。しっかりと支払いまでの計画を立てた上で利用するようにしましょう。