現金化は実店舗と無店舗どちがおすすめ?内容を徹底紹介

「クレジットカードの現金化を行いたい」と思うなら、業者に依頼する人もいるはずです。業者に依頼するなら現金化の効率や安全面で信頼ができます。しかし、業者に依頼をするときは実店舗と無店舗があります。

「実店舗と無店舗どちらを利用すればいいの?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。現金化を行うなら実店舗と無店舗のメリットとデメリットを理解しておくといいので、それぞれの内容について紹介していきます。

現金化を行うときは業者に依頼をすることができるぞ。しかし、実店舗と無店舗があるならどちらがいいのか迷ってしまうぞ。
実店舗と無店舗についてはそれぞれ内容を知ることが大事ですね。どのような特徴があるのか確認していきましょう。

実店舗のメリットとデメリットとは

現金化を行うときに実店舗と無店舗がありますが、実店舗を利用するメリットがあります。まず実店舗には、どのようなメリットがあるのか紹介しましょう。

実店舗には無店舗には無いメリットがあるということですね。確認しておきましょう。

メリット1.実在が確認できる

実店舗は実在を確認できます。店名や住所をネットで調べたときに店舗が本当に存在しているので、安心することができます。もし、情報が書かれていても、店舗が実在しない場合は詐欺の不安を感じることもあり、利用するのをためらってしまうこともあります。

しかし、実店舗があるなら存在しているので詐欺で騙されるリスクは非常に少なく、店舗にはスタッフもいるので、相手の顔を確認することもできるので信頼感を感じることもできます。

実店舗があるなら実在を確認することができるので安心感を得られます。実在していれば場所が分かるので、詐欺などのリスクを心配する必要もありません。

メリット2.スタッフから説明を受けられる

実店舗であればスタッフから説明を受けることができます。実店舗には必ずスタッフが在籍しているので、現金化で質問しておきたいことはスタッフに聞くことで解決することができます。

また、現金化は店舗ごとにやり方に違いがありますが、実店舗であれば資料などを使用してスタッフが分かりやすく説明してくれるので、仕組みもしっかり理解することができます。スタッフがいることで疑問を解決しやすくなり、現金化についてより内容を考慮して検討できるので、安心できます。

実店舗ならスタッフが在籍しているので、分からないことをしっかり質問できるね。実店舗には女性のスタッフもいるので、資料請求なども安心して頼むことができるよ。

メリット3.その場で現金を受け取れる

実店舗であればその場で現金を受け取ることができます。現金化をするときは早く現金が欲しいはずです。現金化をするときに少しでも期間があるなら、直ぐに必要な場合は利用することを難しく感じます。

また、「本当に現金をもらうことができるの?」と疑問も感じやすいので、不安になります。しかし、実店舗であれば現金化を依頼したときに、その場で現金をもらうことができます。その場で現金をもらうことができれば現金化の目的は直ぐに達成されるので不安も解消されます。

実店舗を利用するなら現金化を直ぐに行って現金をもらえるので、不安は解消されやすいのじゃ。また即日で現金化してもらえるので直ぐに現金が欲しいときにも利用をしやすいはずじゃ。

デメリット1.足を運ぶ手間がある

実店舗型は店舗まで足を運ぶ手間があります。店舗まで距離があるなら時間がかかるので利用を難しく感じる要因となります。Mzた、交通手段を用いて店舗まで行く必要があるので、交通費もかかってしまいます。

現金化をするときに時間がないなら手間をかけたく無いはずです。足を運ぶのに距離があるなら、手続きのスピード性や手軽さが無く利用を難しく感じるかもしれません。

実店舗は安心感はあっても手間と交通日がかかってしまいます。実店舗まで足を運ぶことが手間と感じるなら利用が難しくなりますね。

デメリット2.場所によっては店舗がない

実店舗はその場所に店を構えているので、場所が固定されています。そのため、自分の場所に。店舗がなければ現金化をしたくても行うことができません。特に地方に住んでいる人であれば現金化の実店舗を見つけるだけでも困難となり、店舗を利用すること自体ができないこともあります。

そのため場所によっては実店舗の利用を行えず現金化を諦めてしまうこともあります。

現金化の実店舗が自分の住んでいる場所からかなり遠いなら、現金化自体が難しくなってしまうよ。

もし自分の周りに実店舗がないなら、現金化を諦めてしまうことにもなるね。実店舗の利用はあくまで自分の周りにある場合のみ利用が可能だね。

無店舗のメリットとデメリット

クレジットカードの現金化を行うときは無店舗タイプでも利用が可能です。無店舗はお店は持っていませんが、インターネットで対応を行っているお店です。現金化を行うなら無店舗の利用も行えますが、メリットとデメリットについて紹介します。

無店舗を利用して現金化を行うことができるよ。ただ、メリットとデメリットはあるので、内容を確認しておくことは大事だね。

メリット1.どこでも手続きが行える

無店舗タイプは手続きがどこでも行えることです。インタネットから手続きを行うことができるので、自宅以外に外でもカフェでも電車の中でもどこでも行うことができます。そのため、自分の少しの隙間時間を利用して現金化の利用を考えることもできます。

現金化を利用したくても仕事や用事などで忙しい人は店舗まで行く時間を作ることができないこともあります。しかし、そのように時間に制限がある人でも無店舗であれば現金化を効率よく行うことが可能です。

現金化を行うときに無店舗であればインターネットから利用できるのでスマホで簡単に申込みを行うことができます。忙しい人であれば無店舗で利用した方が時間の節約などができて効率がいいので、現金化を行いやすいですね。

メリット2.24時間対応している

無店舗であれば24時間営業しているところが多いです。そのため、24時間いつでも現金化を行うことができます。実店舗であれば営業時間が決まっているので、深夜などで現金化をしたくても店が開いておらず現金化できないこともあります。

しかし、無店舗であれば現金化の申込みを深夜ですることができ、また深夜でも現金化の手続きを行うことができるところもあります。夜遅くまで仕事をしている人や急に現金化をする必要性が生じたときも、無店舗であれば気軽に現金化を行うことができます。

24時間営業をしているなら、どの時間帯でも現金化を行うことができるね。時間に縛られない点が無店舗のメリットとも言えるね。

メリット3.しつこく契約を迫られない

無店舗であれば直接会わずに現金化の手続きを進めて行くことができます。店舗でスタッフに会うことができれば説明や質問の解決を行ってくれるメリットがありますが、契約を迫られることもあります。

また、1度訪れた店舗だと契約を迫るために電話でやり取りをされることもあるため、店舗に行くと契約について勧誘を受けることがあります。

しかし、無店舗であれば相手に会うことはないので契約を迫られる心配はなく、不安を感じれば直ぐにやめることも可能です。そのため、契約の勧誘の心配があるなら無店舗であればで現金化をするのが安心できます。

契約をしつこく迫られると、あまり乗り気じゃなくても押し切られる可能性もあるんじゃ。勧誘を受けたくないなら無店舗の方が安心できるぞ。

デメリット1.現金を受け取れるか

無店舗であれば手続きは全てネットを利用して行うことになります。そのため、現金化するときは手渡しではなく銀行振込によって現金を渡すことになります。しかし、ネットで全て現金化の手続きを進めていくので、「本当に現金を渡してくれるの?」と不安を感じるはずであり、金額が大きいとより不安を感じるはずです。

現金化のお金額そのまま持ち逃げされてしまえば、無店舗はリスクが大きく感じるかもしれません。

無店舗では現金を受け取ることができるのが不安ですね。しっかり業者に確認を取りながら銀行振込を行なってもらえるように注意が必要だね。

デメリット2.予定よりも低い金額になる可能性もある

無店舗で現金化をした場合は、予定していた金額よりも低くなることもあります。見積りなどで現金化をするときの金額を確認しても、実際に振込を確認してみると金額が少なくなっており、予定した金額を得ることができないこともあります。

無店舗では90%という金額を提示していても、手数料という名目で現金化した金額から差し引かれることがあります。現金化する際は手数料で引かれることがあるか確認しておくことがポイントです。

無店舗では90%という高額な現金化を約束しても手数料で差し引かれることがあります。手数料はどのくらい取られるのか確認して本当の現金化の金額を確認しておくようにしよう。

現金化をするときの注意点

現金化をするときに無店舗でも実店舗でもリスクはあります。そのため、無店舗でも実店舗でも現金化するときは注意しておく必要があります。どのような点を注意して選ぶことができるのか2点紹介します。

現金化を行うときに実店舗も無店舗も共通の注意点があるので、情報を得て利用を考えるべきだよ。

口コミサイトで評判を確認

口コミサイトで評判を確認してみることができます。実店舗でも無店舗でも検索してみれば評判を知ることができるので、口コミから評判の良い店舗を選ぶことが大事です。ただ、口コミを見て評判を調べるときにあまり褒めすぎている口コミは信用しない方がいいです。

褒めすぎている口コミはサクラを利用している可能性が高く、本来の評判とは逆の可能性があります。そのため、悪い口コミと良い口コミを比較して良い口コミが多い業者を選ぶようにしましょう。

特に、良い口コミでも論理的に良さを書いているなら、信頼度は高くなります。口コミを見るときは良い口コミの内容を確認して、しっかり把握できるようにしておきましょう。

口コミサイトを見るときは口コミの内容がポイントになるよ。悪い内容が多い業者や良い口コミしかない業者は少し注意しておいた方がいいかもしれないね。

比較サイトなどで業者の情報を確認

比較サイトで紹介されている業者を確認して情報を得ることもおすすめです。比較サイトでは実店舗や無店舗の業者の特徴が記載されており、店舗の特徴やリスクを理解することができます。

比較サイトを利用すれば、大抵は無店舗が出てくることが多いですが、情報が記載されているので、安全性や現金化の受け渡し方法などをしっかり理解することができます。ただ、比較サイトを利用するときは内容が充実しているサイトを参考に閲覧すべきです。

内容が少ないと店舗の情報をしっかり理解することができず、優良の店舗を確認することができません。比較サイトでは特に換金率や手数料、特徴,満足度などを確認して利用を考える必要があります。

比較サイトでは内容の充実度が大事になるんじゃ。たくさんの店舗が紹介されていて、かつ換金率や手数料などについて正確に紹介されていれば信頼を得ることができるぞ。

実店舗と無店舗で現金化するときは情報を得ておこう

現金化を行うときは実店舗と無店舗で利用することができます。実店舗と無店舗どちらもメリットとデメリットがあるので、しっかりとリスクを理解した上で自分に合っている店舗を探すべきです。

実店舗と無店舗であれば無店舗を利用した方が安全性が高い場合があります。何か違和感を感じたときに無店舗であれば直ぐに連絡を断ち切ることができるからです。

もちろん、実店舗でも優良店であれば現金化をスムーズに行えます。実店舗と無店舗どちらも優良店を見極めるためには情報が大事になるので、しっかり情報を得てから店舗を選択するようにしてください。