ファクタリング

ファクタリングサービスはヤミ金的なサービスなのか?内容を徹底解説

ファクタリングサービスはヤミ金的なサービスなのか?内容を徹底解説

中小企業や自営業をされている方であれば資金調達の方法をいくつか知っておくことが大事です。いろいろある中でもファクタリングサーヒスを利用して資金調達することも良い方法です。
ファクタリングは売掛債権を買取ってもらうのみなので、銀行などに比べて返済義務がないので利用もしやすく審査も銀行よりは甘いです。ただ「ファクタリングはヤミ金的な要素があるのでは?」と疑問を感じる人もいるでしょう。
ファクタリングはヤミ金なのか、またヤミ金的なファクタリングサービスの特徴などについて内容を紹介していきます。

黄門様
黄門様
ファクタリングを利用するときにヤミ金的なサービスであれば怖いの。ファクタリング業者について利用する前に内容を確認しておくじゃな

ファクタリングはヤミ金業者ではない

始めに結論としてファクタリングサービスはヤミ金業者ではありません。ファクタリングは企業から売掛債権を買取るときに、買取の手数料として何%かを取るような仕組みになっています。

ただ、ファクタリング会社は売掛債権を買取る際に出資法に基づいて手数料を取るようにしているため、法律に沿って営業しています。ファクタリングサービスは2者間取引と3者間取引により売買されていますが、出資法により手数料に制限があります。3者間取引の場合は売掛債権は担保となっている状態になるため、年利が15%までという法律に沿っていなければなりません。

もし、3社間取引でファクタリングをするときに、15%以上の手数料を取ると違法になってしまいます。そのため、ファクタリング会社は3者間取引の場合は手数料を2〜10%までしか設定していない所がほとんどです。

多少高くしてもファクタリング会社で15%を超えることはありません。ただ、2社間取引の場合は3社間取引と方法が異なるため手数料は20%ほど取られることもあり、それは違法にはなりません。

結論として、ファクタリング会社はしっかり法律に沿って取引をしているため違法性もなくヤミ金でもありません。

ファクタリングは法律に沿って営業しているのでヤミ金ではないということですね。資金調達としては安心して利用することができますね

ヤミ金ファクタリング会社の特徴とは

ファクタリング会社は法律に沿って相手企業と取引を行いますが、中にはヤミ金業者のようなやり方でお金を騙し取ろうとすること、またはお金を悪質的な方法で搾取しようとするところもあります。

そのため、優良なファクタリング会社なのか悪質なヤミ金業者なのか特徴を知っておくことは大事です。ヤミ金業者にはどのような特徴があるのか内容を解説していきましょう。

ヤミ金のようなファクタリング会社は有料企業とは違う悪質な方法を使用しているようですね。どのような方法を用いるのかしっかり確認しておこう
お銀
お銀

小切手や不動産などの担保を要求する

銀行であれば融資をするときに小切手や担保を要求してくることがあります。銀行の場合はお金を相手に貸し出した後に、もし返済が滞ってしまうと貸した資金が戻ってこなきません。そのため、銀行は融資の際に担保にしておいた物を売却するなどして、返済分のお金を回収することができます。

ただ、ファクタリングの場合は利用企業に融資をするのではなく、売掛債権を買取りするスタンスであり、お金を貸し出すことではありません。そのため、ファクタリングで担保を要求してくるならそのファクタリング会社はお金を騙し取ろうとしていることになります。

仮に売掛先が倒産してファクタリング会社が売掛金を回収することができなくても、それによって利用企業にお金の返済を迫ることや担保を取って売却するということはありません。

既に売掛債権を買取ってもらっているので、その後のことに関してはファクタリング会社の責任になります。そのため、ファクタリング会社が売掛債権を買取るときに小切手や不動産を担保にすることを要求してきたなら、ヤミ金業者ということになるため、絶対に担保を渡してはいけません。別のファクタリング会社を利用するようにしましょう。

ファクタリング会社で担保を要求されることはないということですね。もし担保を要求されればヤミ金だと思っていた方がいいですね

手数料が高く設定されている

ファクタリング会社は売掛債権を買取する際に手数料を要求してきます。ファクタリング会社の手数料は出資法に基づいて手数料を要求してきますが、大体2者間取引で2〜20%ほど、3者間では1〜10%ほどの手数料を要求されます。

しかし、ヤミ金業者の場合は有料のファクタリング会社とは違い、かなり大きな手数料を要求してきます。2者間の場合は手数料は多くても30%以内ですが、ヤミ金は40〜60、あるヤミ金ファクタリング会社は70%ほどの手数料を要求したこともあるようです。

また、3者間の場合は16%以上の手数料を取ると出資法違反になりますが、ヤミ金のファクタリング会社は20〜30%と高額な手数料を要求してくることもあります。

手数料の設定はファクタリング会社によって違いがあるとは言え、相場以上の手数料を要求してくるなら、高額でかなり大損してしまうことになります。ファクタリング会社で相場以上の手数料を要求してくるならヤミ金業者の確率が高いと言えるため、利用するのはやめておくようにしましょう。

助さん
助さん
ヤミ金業者の場合は手数料の設定がかなり高く要求されることが多いですね。相場以上の手数料であれば利用しないことが得策ですね

手数料を先に要求して振込みをしてくれない

ファクタリングは契約が締結したら基本的に即日振込みをしてくれます。売掛債権の金額が1億など高額な金額の場合は2〜3日の期間がかかることもありますが、期間は短くして振込みを行ってくれます。

そして基本的にファクタリングは売掛債権を買取ったなら、先に買取金額を銀行振込みし、その後に手数料の支払いを行ってくれます。そのため、「買取代金は後で支払うから先に手数料の支払いをしてほしい」と言われたら注意しておく必要があります。

ヤミ金業者の場合は手数料を先に支払った後に「振込みが完了していない」「新たに手数料が必要になった」など詐欺のような方法を用いて買取代金を銀行口座に振込記してくれないことがあります。

手手数料を先に支払ってしまうとファクタリング業者がヤミ金の場合は手数料を増額させて振込むように要求してくることもあるため、結果的に高額な手数料の支払いとなることもあります。

振込みが後払いで先に手数料の要求をしてくるファクタリング業者は警戒しておくことが大事です。

黄門様
黄門様
ヤミ金業者の場合は手数料を先に支払うことを要求してくるようじゃ。事前に手数料は先払いか後払いかを確認しておくことが大事じゃな

貸金登録番号が嘘である

ファクタリングは金融機関なので金融庁の登録などを行う必要があります。また、ホームページなどでも信頼性を証明するためにホームページで会社の住所や勤務地、電話番号などを載せています。

貸金登録番号も信頼性を得るためにファクタリング会社は載せていますが、ヤミ金業者の場合は嘘の貸金登録番号を載せて顧客を安心させようとすることもあります。嘘か本物かの貸金登録番号により、そのファクタリング会社の優良性は大きく変わるため、しっかり確認する必要があるでしょう。

もし、貸金登録番号が本物か嘘かを確認したいなら、金融庁の公式サイトで調査することができます。金融庁では登録してある登録番号を検索できるようになっているので、貸金登録番号が嘘か本当かを見極める1つの方法です。

また、ファクタリング会社の公式サイトを見たときに情報量が少ないようであれば、ヤミ金業者の可能性も生じてきます。ヤミ金業者で頻繁に会社名などを変えている業者であれば、公式サイトに情報を多く載せず、最低限の情報しか載せていないことがあります。

その場合、貸金登録番号以外に住所や電話番号、代表者名が記載されていないことがあります。サイトに載っている情報を確認しながらヤミ金業者なのかを判断していきましょう。

ファクタリング会社の貸金登録番号は金融庁で番号を調べてみよう、本物であれば表示されるため安心することができますね
お銀
お銀

ヤミ金業者として逮捕された業者は何が違法だった?

ファクタリング会社の中には、ヤミ金業者として逮捕された会社も生じるなど、悪質な詐欺業者として摘発された会社もあります。ヤミ金業者として認定されたファクタリング会社はどのような特徴があり、どんな理由で逮捕されたのか理解しておくことは大事です。内容を紹介していきましょう。

助さん
助さん
ファクタリング会社の中にはヤミ金として逮捕されたところもあるようですね。どんな特徴があったのか見てみましょう

償還請求権があった

ファクタリング会社として売掛債権を行うときに、手形割引を利用した担保による償還請求権を行い、逮捕された事例があります。この手形割引を利用した償還請求権は銀行がよく使用するものであり、手数料を支払うことで本来の資金日より早く現金化できるというものです。

償還請求権が生じることで、なぜファクタリング会社がヤミ金として摘発されてしまうのか分からない人もいるでしょう。それは手形割引による償還請求権が生じると手形を担保とした融資として扱われるようになるためです。

手形がもし不渡りになれば、持込者は手形を買い戻す義務が生じるようになり、回収リスクを負うことになり、本来のファクタリングの趣旨とは違うやり方になっています。ファクタリングは売掛債権を買取る方法であり、売掛債権を担保にして償還請求権が生じることは貸金業という扱いになってしまいます。

この償還請求権が生じてしまったことに関しては、2020年の都内のファクタリング業者が不払いの利用者を訴えた裁判で、裁判長は「被告は債権回収のリスクを負っていない」という判決が出ており、返済しなくてもいいようになっています。

この判決により、このファクタリング会社は貸金業として決定づける一因となり摘発されることになりました。

ファクタリング会社で手形割引のような担保を取る方法を行うなら、貸金業として認定され違法していることが発覚したようです。ファクタリング会社が貸金業を行うなら、それはヤミ金として捉えられてしまいます

金利の厳しい要求や取り立てがあった

これは給料ファクタリングで起こったことです。給料ファクタリングは給料債権の買取りを行うものであり、法人と違いサラリーマンなどの一般人が利用します。給料ファクタリングを利用することで、利用者は給料日よりも早く給料分のお金を得ることができます。

給料ファクタリングは「債権の買取手数料を徴収しているので、お金を貸しているわけではない」という言い分で営業しています。しかし、給料ファクタリングの中には給料債権による支払いが行われなかったときに、金利の要求や厳しい取り立てを行って返済を迫るところがあったようです。

返済金が支払われなければ、利息分のみを支払わせること、分割払いや融資への切り替えなど、手数料を吊り上げるようなやり方をしたため、ヤミ金である証拠として逮捕されました。

貸金業でも、恐喝まがいの行動や手数料の吊り上げというやり方はヤミ金になってしまうので、逮捕されることになります。ファクタリング会社が貸金業の行為だけでなく、行き過ぎた取り立て行為を行ったことで、さらに大きな罪となってしまったようです。

黄門様
黄門様
ファクタリング会社の中には恐喝や脅迫行為でヤミ金として認定され逮捕された事例もあるのじゃな

契約書の発行が行われなかった

ファクタリング会社の中には契約書を発行していなかったので、ヤミ金として逮捕された事例もあります。ファクタリングは訪問販売などと同じく特定商取引に分類されます。特定商取引となるとサービス内容や料金、支払い日時を記載した契約書の発行が必須になるので、ファクタリング会社は売掛債権を買取りするときに契約書の作成を行う必要があります。

しかし、ファクタリング会社の中にはいい加減な内容しか記載していない契約書や契約書の発行自体を行っていないなどして、売掛債権の買取りや買取金額の入金を行わない業者もあったようです。

ただ、ファクタリング会社で契約書の発行がされていないなら、それ自体違法業者として扱われてしまい、ヤミ金のようなやり方として裁判所も疑うようになります。なぜなら、ヤミ金業者の場合は契約書を発行せずにお金を貸出し、後で膨大な手数料として返済を迫ることがあるからです。

契約書の発行がないことでヤミ金として摘発されたファクタリング会社もあることを覚えておきましょう。

ファクタリング会社の契約をするときは契約書の発行をしてもらい、契約内容を確認してサインをすることが大事だね
お銀
お銀

ファクタリング会社がヤミ金のような対応をしてきたらどうすべきか

ファクタリング会社を利用して資金調達をしたときに、もしヤミ金のような対応を迫られたなら「どうすればいいのか?」と困惑してしまう人もいるでしょう。ヤミ金のような対応をされた場合にどのような対策を講じることができるのか方法を知っておきましょう。

ヤミ金のような対応をされたなら対策方法を確認しておくことが大事ですね。ヤミ金だと分かってもえ冷静に対応するようにしましょう

警察へ通報することもできるが効果は薄い

ファクタリングを利用したときに、手数料が法外であったり不当な利息を要求してきたりするならヤミ金となります。ヤミ金は違法な行為なので警察に通報することを考えることかもしれませんが、自分の期待通りの対策を講じてくれるわけではありません。

警察はファクタリング会社がヤミ金であることを相談しても、何か特別なことをしてくれるわけではありません。ヤミ金のファクタリング会社が、例えば厳しい取立てを行う恐喝をしてきたときは、被害届を出すことでパトロールなどの対応をしてくれます。

ただ、警察は民事不介入という規定もあるため、ヤミ金であっても何か被害が出なければ動いてくれることはありません。ヤミ金業者から暴力を受けたなどの被害が出るなら警察も介入することができますが、返済行為は民事になるため警察に相談しても効果は薄いと言えます。

助さん
助さん
ヤミ金の問題は民事の場合が多いので警察に相談しても大きな対策とはならないことが多いですね。被害が出たときに警察に相談するようにしましょう

法律事務所に相談する

ヤミ金業者から違法な利息などを要求されたなら、法律事務所に相談することが大事です。法律事務所ではヤミ金対策として法律から返済の催促を止めてくれる手段をアドバイスしてくれます。

ヤミ金への嫌がらせや行いなどを法律事務所の弁護士に詳しく述べることで、「このような違法性があるので裁判所に訴えることができる」という解決策を述べてくれます。

ヤミ金業者としても、罪状や違法性の根拠を述べられた上で裁判沙汰になれば、非があるのはヤミ金業者側になるため、迷惑行為や返済の取立てを止めるケースが高いです。

ヤミ金対策としては1人で悩まずに法律事務所の弁護士に相談するのが1番良い方法です。

黄門様
黄門様
ヤミ金対策で最もいいのは法律事務所へ相談することじゃな。弁護士に仲介してもらってヤミ金業者からの返済を止めてもらうようにするのじゃな

法律事務所はどのような対策をしてくれるのか

法律事務所は、ヤミ金ファクタリング会社へどのような対応をしてくれるのか知りたい人もいるでしょう。ヤミ金対策として以下のような対応をしてくれます。

法律事務所はヤミ金対策として適切な対応をしてくれるよ。万が一のために内容を把握しておこう
お銀
お銀

受任通知を行なって取立て停止をしてくれる

ファクタリング会社がヤミ金として違法な取立てを行うなら、法律事務所は受任通知を行なってくれます。受任とは依頼人から正式に事件の解決を受けることであり、法律的に業者は利用本人者ではなく弁護士側と交渉しなくてはならないようになります。

法律事務所に相談した時点で、ファクタリング会社は一切の取り立てを行うことができなくなるので、ヤミ金業者からの催促は一旦停止させることができます。取立ての恐怖を取り除くことができます。

助さん
助さん
法律事務所へ相談することで、後は弁護士が代理としてヤミ金業者に対応してくれるので、助かりますね

損害賠償として刑事事件化することもできる

ヤミ金のファクタリング会社に大金を支払っている場合は、弁護士側から損害賠償請求を行い刑事事件化させることもできます。弁護士側が訴訟を起こしてヤミ金の返済を要求したなら、今まで支払った違法な利息の代金を取り戻せる可能性があります。

もちろん、確実に代金を取り戻せる保証はありませんが、被害額の何%かでも取り戻せるなら安心できます。損害賠償請求は時間がかかることも考えられるので、状況に合わせて検討しましょう。

法律事務所に頼るなら損害賠償請求をして返済を求めることもできますね

ファクタリングのヤミ金に関してまとめてみる

ファクタリングの中にはヤミ金として違法行為を行う会社もいます。ヤミ金業者の特徴を踏まえて利用しないように注意しましょう。仮にヤミ金業者から違法な請求があったなら法律事務所に依頼することがおすすめです。対策として考えておきましょう。