ファクタリング

ファクタリングのトラブルの際は弁護士を利用するのがいいの?内容を徹底解説

ファクタリングのトラブルの際は弁護士を利用するのがいいの?内容を徹底解説

ファクタリングは企業の資金調達の方法として利用することができます。ファクタリングを利用するときは売掛債権を持っておく必要がありますが、もし持っているなら売掛債権を早めに買取ってもらい会社の資金に当てることができるため、早急に資金が必要なときは利用価値が高いです。

しかし、ファクタリングを利用してトラブルに巻き込まれてしまうこともあるため、もしトラブルが生じてしまったなら弁護士に依頼することが大事です。ファクタリングの際の弁護士が必要になる場面や注意点などを徹底解説していきます。

黄門様
黄門様
もしファクタリングを利用するなら弁護士に頼るケースもあるようじゃな。内容をしっかり確認しておくのじゃな

ファクタリングでよくあるトラブルには何があるのか?

ファクタリングを利用する際にトラブルが生じてしまうこともあるようですが「どのようなトラブルが生じるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。ファクタリングでよくあるトラブルには以下のようなことがあります。

ファクタリングを利用するときはどんなトラブルが生じることがあるのか事前に知っておくとリスクの軽減につなげることができるね
お銀
お銀

担保や保証人を要求されて買取りしてもらえない

ファクタリングは企業から売掛債権を買取りしてもらうことで、資金を得ることができる仕組みとなっています。ファクタリングは買取りという方法であり融資や貸金ではないので、通常は売掛債権の契約を行うときに担保や保証人を要求されることはありません。

しかし、ファクタリング会社は売掛債権を買取った際に、先に利用企業に売掛金から手数料を差し引いた金額を支払うことになります。売掛債権の資金がファクタリング会社に入ってくるのは、期日が長いほどリスクが大きくなるため、保証として担保や保証人を要求することがあるようです。

しかし、ファクタリングの仕組みから考えて貸金業の仕組みではないため、担保や保証人を要求することは法律上違反に当たることもあります。売掛債権を買取る際にファクタリング会社いもリスクがあるので、保証人や担保について道理があるように思えて、要求をのむ企業もいるようです。しかし、ファクタリング会社が売掛債権が回収できずに担保にしていた不動産が抑えられるなど、トラブルに発展していることもあるようです。

ファクタリングは本来買取りという方法を利用しているので、担保や保証人を出す必要はないですね
お銀
お銀
助さん
助さん
ファクタリング会社に担保や保証人を出すとトラブルの原因になるので、要求は受け入れないようにしておきましょう

手数料の設定が違法である

ファクタリングを利用して資金調達するときは、手数料を取られることになっています。ファクタリングの手数料は法律の規制がないので、各ファクタリング会社が自由に手数料を設定することが可能です。

しかし、ファクタリング会社の買取方法によっては手数料の設定によっては違法となりトラブルに発展することもあります。ファクタリングは基本的に2者間取引と3者間取引がありますが、3者間取引の場合は企業から売掛債権を買取っても、売掛先からお金をもらうことになります。

そのため、3者間取引の場合は貸金の法律に引っかかり、手数料は年率15%以内に定められているため、手数料をその限度内に設定する必要があります。もし、3者間でファクタリングを利用するときに15%以上の手数料が取られるなら、それは違法になり法外な手数料となります。

また、2者間の場合は手数料が双方の合意のもととは言え、あまりに大きな手数料だと裁判沙汰に発展することもあります。ファクタリングの2者間の相場は2〜20%ほど、3者間は1〜10%ほどが早晩です。相場以上の金額は後々金銭トラブルに発展して弁護士を利用することに発展する可能性もあるため、注意しましょう。

黄門様
黄門様
手数料の設定が高いまま契約すると後に手数料について裁判沙汰になることもあるようじゃな。相場を知っておき手数料で法外に取られないように用心すべきじゃな

契約内容が変えられていたり曖昧になっていたする

ファクタリングを利用するときは双方が合意のもと契約に署名して、成立してから売掛債権の買取りと銀行への振込みが行われます。ただ、悪質なファクタリング会社は契約内容の手数料設定などを曖昧にしたり、事前の案内や広告内容と極端に異なる条件で契約を迫ったりなどして、トラブルに発展することもあるようです。

悪質なファクタリングは契約事項を少なくして、大事な部分を抜き取っていることもあります。また、契約内容によってはいろいろな経費でファクタリング手数料とは別に費用請求をされることや担保や保証人などを要求するような契約にしていることもあるため、契約内容の曖昧さや変更により弁護士が介入したトラブルに発展することもあるようです。

法外な手数料で利用者が気付いたとしても、正式な契約書が無ければ何も解決されないこともあるため、事前に契約前に内容を確認しておくことが大事です。

ファクタリングでは契約内容の曖昧さで弁護士に依頼するトラブルもあるようだね。事前に契約内容を確認して曖昧な点を指摘できるようにしておくことが大事ですね
お銀
お銀

売掛債権をネタに脅迫してくる

ファクタリングで取引をするときは2者間取引、または3者間取引のどちらかを選択することができます。売掛先に売掛債権を買取りすることを知られたくない会社の場合は、2者間取引を選択してファクタリング会社のみと直接取引して買取りしてもらうことを選択します。

ただ、悪質なファクタリング会社は2者間取引を駆け引きとして、弱みにつけ込もうとすることもあります。2者間取引の際に利用企業に売掛債権を売掛先に教えない代わりに、手数料を倍払うことを要求するなど、2社間取引を行う取引先企業を脅迫するような行動に出るファクタリング会社もいるようです。

資金調達のために、そのような条件を受け入れて契約してしまうと、後にさらにお金を脅迫して要求されるなど、大きなトラブルに発展すしてしまった企業もあるようです。

売掛先に売掛債権を買取りの情報を流すように脅迫された場合は、即弁護士に相談した方が賢明です。会社の経営者としては悩みどころかもしれませんが、脅迫のような行為は違法に当たる行為なので弁護士の力を借りた方がスムーズに対処できます。

ファクタリングを利用したときに脅迫まがいの要求をされてトラブルに発展することもあるようですね。その場合は弁護士に相談したほうが賢明なアドバイスをもらうことができますよ

売掛先が倒産してしつこく取り立てを受ける

ファクタリングを利用するなら売掛金が期日よりも早く手に入るため、即日で資金調達を行えます。ファクタリング会社は売掛金が入る期日に買取りした金額を回収できるため、成り立つ取引となっていますが、たまに売掛先が倒産してしまいファクタリング会社が売掛金を回収できない事態になるトラブルもあるようです。

もし、売掛先が倒産してしまった場合ファクタリング会社は損失となってしまい、回収できなかった売掛金を利用した企業に取り立てをすることもあるようです。

ただ、ファクタリングは貸金ではなく買取りという方法を取っているため、売掛金が回収できない場合はファクタリング会社が責任を持つべきであり、利用した企業が立て替える責任はありません。

しかし、利用する企業が売掛先と結託してファクタリング会社からお金を取るために、売掛先をわざと倒産するさせるなど、利用者が詐欺行為をすることもあるので、ファクタリング会社も疑って取り立てを要求することもあるようです。

このように売掛先が倒産することで、トラブルに発展して弁護士を依頼する事態になることもあります。

助さん
助さん
ファクタリングを利用して売掛先が倒産したとしても、それはファクタリング会社の責任になるので会社側は取り立てに応じる必要はないようですね

ファクタリングのトラブルのときに弁護士を利用するメリットとは

ファクタリングを利用したときにトラブルに巻き込まれてしまったなら、弁護士に相談するのがおすすめです。1人で悩まずに弁護士に相談した方が、スムーズにトラブルを解決できる可能性があります。

ファクタリングのトラブルの際に弁護士に相談すると以下のようなメリットを得ることができます。

黄門様
黄門様
ファクタリングのトラブルは弁護士に相談した方がメリットがあるのは確かじゃな
どのようなメリットがあるのか確認しておくと安心できるね。内容を把握しておこう
お銀
お銀

法外な手数料が戻ってくる可能性もある

ファクタリングを利用したときに法外な手数料を取られたときに、自分で交渉しても手数料が戻ってくる保証は限りなく低いです。法外な手数料と分かったうえでファクタリング会社も設定しているため、自分で交渉しても時間だけが浪費していく可能性があります。

しかし、弁護士に相談するなら法律を元に交渉していくため悪質なファクタリング会社も要求を受諾して法外で得た手数料の金額は払い戻しをしてくれる可能性が高くなります。

弁護士が相談するということをファクタリング会社が聞いただけで、相手も事を荒立てないように要求を聞いて手数料の過払金を返金しやすくなる可能性も高いです。

ただ、手数料の過払金の返金を求めても100%ではなく、60〜80%ほどなど一部のみの返金になることもあります。しかし、全く返金されないよりは幾らかでも返金された方が損失も少ないため弁護士に相談してみましょう。

助さん
助さん
ファクタリングで法外な手数料を取られたとしても弁護士に相談するなら、返金してもらう可能性もありますね。手数料を少しでも返金してもらいたいなら、1度相談するのはいいですね

弁護士は契約内容を確認して不利にならないようにしてくれる

ファクタリングを利用して取引を行うときは契約内容を確認することは大事です。しかし、初めてファクタリングを利用する人や契約内容について知識があまりない人であれば、契約書を見ても、どこに不審な点があるのか理解することが難しいです。

そのため、契約を締結する前にファクタリングの契約内容について弁護士に相談してみることができます。弁護士は契約内容を読んだときにどこに不審な点があるのか、契約内容で利用者に不利なことが書かれていないのか理解できます。

もし、契約内容で不審な点があれば直ぐに指摘して、改善や見直しを要求することができ、不利な契約を回避することが可能です。大企業であるなら顧問弁護士が付いているので見直しを行うことが可能ですが、中小企業などであれば弁護士に相談する必要が出てきます。

弁護士費用がかかりますが、売掛債権の買取りで少しでも不安を取り除いておきたいなら弁護士に頼るようにしましょう。

ファクタリングの契約で不安があるなら、弁護士に同席してもらって契約をした方が安心できますね

取引先への説明も弁護士が対応してくれる

ファクタリングを利用する際に3者間取引で売掛債権の譲渡契約をしたのなら、売掛先にファクタリング利用したことが発覚します。売掛先にファクタリング利用したことが知られるなら、しっかり説明しないと信用を失うこともあるため、心配する会社もあるでしょう。

その際は弁護士に依頼して売掛先への説明をしてもらうことも可能です。弁護士に依頼して売掛債権の券について説明するなら分かりやすく誤解を与える心配もないため、売掛先も納得してくれやすいです。

また、3者間でのファクタリング取引は売掛債権譲渡通知を売掛先に送付されるため、特に慎重に対応しなければ取引先の企業から不信感を持たれて、取引が中止になってしまうリスクもあります。

そのため、弁護士に依頼して取引先の企業に理解してもらえるように対策を講じておいた方が安心です。ファクタリングで3者間取引をするときは取引先企業への信頼が高くても弁護士を介入させた方が安心感が高くなります。

黄門様
黄門様
ファクタリングの3者間取引では売掛債権のある取引先への配慮が大事になるんじゃな。弁護士に依頼して十分な説明をしてもらうことがおすすめじゃな

悪質な取り立てにも対応

悪質なファクタリングを利用したときは売掛債権を支払うこと、手数料の支払いを求めるために嫌がらせのように電話してきたり、会社に取り立てに来たりするトラブルもあります。

ただ、執拗な取り立ては会社の評判を落としてしまうこと、また社員からも不安を感じさせてしまう原因となるため、悪質なファクタリングの取り立ては「何とか止めたい」と感じるでしょう。

もし、悪質なファクタリングの取り立てを止めたい場合は弁護士に相談するのがいい方法です。悪質な取り立ては弁護士に相談することで、相手側も弁護士を介入して取り立てを要求する必要性が生じます。

もし、ファクタリング会社側の取り立てが悪意あるものであれば、弁護士ならば取り立て自体をやめさせる行動を行えます。

ファクタリングの場合は自社側が悪質なことをしない限り、返金要求の取り立てに応じる必要はありません。そのため、ファクタリングから取り立てが来たなら弁護士に相談して解決してもらうようにしましょう。

ファクタリング会社から取り立てが来たなら、弁護士に相談して取り立てをやめてもらうように対策することが大事だね
お銀
お銀

早急に弁護士に相談した方が良いとき

ファクタリングを利用してトラブルに発展したときに、自分で解決できる問題もあります。しかし、内容によっては早急に手を打たないと問題が大きくなって弁護士に相談して解決を図っても難しくなることや時間がかかってしまうこともあります。

特に以下のような際は弁護士に早急に相談することがおすすめです。

ファクタリングを利用するときは早急に弁護士に相談しなくてはならない用件もありますね。どんな場合なのか確認しておきましょう

複数のファクタリング業者を利用している

資金調達のために複数のファクタリングを利用している場合は、資金調達でパンクしてしまうこともあります。複数のファクタリング会社を利用しているということは、売掛債権をいろいろなファクタリング会社に買取ってもらっている状態ですが、違う言い方をすればリスクも大きい状態と言えます。

売掛債権は買取り方式ですが、複数のファクタリング会社を利用して資金調達するなら悪質なファクタリング会社に当たる可能性も高くトラブルに発展してしまいやすいです。もし、複数のファクタリング利用をしてトラブルが同時に発生してしまうなら、仕事どころではなくなります。そのため、複数のファクタリング会社を利用して資金調達するなら、そのときに弁護士に相談してトラブルを未然に防ぐことができるように対策を講じておきましょう。

弁護士に契約内容の確認や仲介を依頼しておくなら複数のファクタリングを利用しても、大きなトラブルに発展する可能性は低いです。事前に準備をしておきましょう。

助さん
助さん
複数のファクタリングを利用するつもりなら、その時点で弁護士に相談しておく方が安全ですね。依頼した後では弁護士も対応が難しくなる場合もあるので、事前に相談しておきましょう

債権譲渡通知を出される

ファクタリングを利用したときに売掛先の企業に債権譲渡通知が出されると大きなトラブルに発展することもあります。もし、債権譲渡通知を突然に出されると取引先の企業からも大きく失望されることもあるため、取引企業への対応のためにも早急に弁護士に相談するのがおすすめです。

特に、悪質なファクタリング会社の場合は決算書に記載のある全ての会社に債権譲渡通知を送ることがあります。もし、全ての会社に債権譲渡通知を出されると、取引先企業への説明をするときは早急な対応が必要です。

債権譲渡通知を出されたときは弁護士に相談して、取引先企業への信頼を失わないように対策を講じておく必要があるでしょう。

黄門様
黄門様
ファクタリングで債権譲渡通知を出されたなら早急に弁護士に相談しなくては手遅れになってしまうこともあるようじゃな

ファクタリングのトラブルで弁護士を選ぶポイント

ファクタリングでトラブルが生じてしまうなら弁護士に依頼すること大事です。ただ、弁護士に依頼するときもファクタリングについて理解している弁護士事務所を選ばなければ不安を抱くこともあるでしょう。

ファクタリングで弁護士を選ぶ際は以下を抑えておきましょう。

ファクタリングのトラブルに備えて弁護士を選ぶポイントもしっかり明記しておきましょう
お銀
お銀

ホームページにファクタリングの記載がされている

弁護士事務所はホームページを作成して内容をアピールしています。そのため、ファクタリングについて弁護士に相談するときはホームページに「ファクタリング」の記載があるのかを確認しましょう。

ホームページを見てもファクタリングの記載がないなら経験や実績がなく、場合によってはファクタリングについてあまり詳しくない場合もあります。弁護士は基本的にどの分野にも精通していますが、向き不向きは存在し、またファクタリングの案件を扱ったことのある弁護士も日本では多くありません。

ファクタリングのトラブルに強い弁護士は、事務所紹介のホームページでファクタリングの実績、また「ファクタリングも対応」などファクタリングの文字を使用してアピールしています。

ファクタリングのトラブルをしっかり解決や対応してもらうためにも、ホームページの確認はしておきましょう。

ファクタリングは弁護士事務所によって経験や実績がないこともあるので、その点を確認して相談するのが安全ですね

ファクタリングのニュースを確認しているか

弁護士を選ぶ際はファクタリング関連のニュースを知っているのか、確認するのもいい方法です。ファクタリングが日本で利用されるようになったのは最近ですが、ファクタリング関連のニュースもたくさん出ているため、確認しようと思えば確認することができます。

弁護士がファクタリングのニュースを確認しているなら傾向やどんな判例が下されているのか、またどのようなトラブルが多いのかなど、ファクタリング関連の知識も精通していると言えます。

そのため、弁護士に相談するときはファクタリングのニュースを見ているのか確認するようにしましょう。もし、ファクタリングの2社間や3社間の内容も分からないようであれば、ファクタリングの知識も乏しいので他の弁護士に相談するのが得策と言えます。

助さん
助さん
ファクタリングのニュースを見ている弁護士なら、判例や事例などを根拠にして説明してくれるはずなので、信頼感も増しますね

報酬金額が高過ぎないか

弁護士に依頼するとなると、それなりにお金がかかります。そのため、弁護士費用がどれくらいになるのか確認してから依頼することも大事です。弁護士の依頼の中でもファクタリングは知識や経験を持っている人は少ないので、相場よりも高い金額提示を受けることもあります。

もし、依頼金額が高いなら実績や経験があっても躊躇ってしまうことになるでしょう。ただ、弁護士が高い金額設定を提示しても付きっきりで対応するなど、内容が充実しているなら依頼するのも問題ではありません。

内容と金額が合っているのかを確認して弁護士依頼を考えましょう。

黄門様
黄門様
弁護士費用と内容が合っているのかが重要じゃ。その点を検討しておくのじゃな

ファクタリングの弁護士について

ファクタリングのトラブルは弁護士に依頼した方がスムーズに対応してもらえるため、利用することをおすすめします。ファクタリングの弁護士選びのポイントも抑えて、ファクタリングで安心して資金調達できるように計画しましょう。