ファクタリング

WEB完結で最短2時間のスピーディーな資金調達を提供!アクティブサポートとは

WEB完結で最短2時間のスピーディーな資金調達を提供!アクティブサポートとは

融資より遥かにスピーディーに資金調達できるのがファクタリングの魅力の1つですが、調達速度の速い二社間取引でも最短即日~3営業日かかるのが実状です。

面談不要のWEB完結で、最短約2時間という驚くほどスピーディーに資金調達できる
QuQuMoで、利用者の資金調達をサポートする「アクティブサポート」をご紹介します。

助さん
助さん
ご隠居、ファクタリングはスピーディーに資金調達できるのが魅力と言われておりますが、二社間取引でも最短即日~3営業日の時間が必要なのが実状のようでございます。
お銀
お銀
あら、助さんはアクティブサポートをご存じないのでございますか?面談不要のWEB完結で最短約2時間で資金調達を実現できるファクターでございますが。

なんと、最短2時間とな!確かに面談不要ならば不可能ではないと思えるが、2時間!

黄門様
黄門様
お銀、スピード感のある資金調達が魅力のファクタリングで、さらにスピードを追求したのがアクティブサポートが提供する面談不要のWEB完結手続きのQuQuMoなんじゃな。

スピードを追求したWEB完結で面談不要・最短2時間で資金調達できるQuQuMoとは?

必要書類の簡略化と資金調達速度低下の原因になる対面の面談を廃した面談不要のWEB完結で、最短2時間での資金調達を実現するのがアクティブサポートのQuQuMoです。

QuQuMoでは、「取引債権の請求書」と「通帳コピー(3ヶ月分)」の2点の確認だけで行う簡易審査で手続きを進めることで、スピード感のある資金調達を実現しています。

公式サイトで公開されている利用の流れは

  1. お申込み:メール・LINEで画像添付やFAXで上記2点を提出
  2. お見積り:最短30分の簡易審査の審査結果に応じた買取額の提示
  3. ご契約:押印の必要がないクラウドサインで債権譲渡契約締結

の3ステップです。

助さん
助さん
なんと!たった2点の必要書類だけで審査を行うというのか?資金調達の必要書類が2点とは!
お銀
お銀
助さん、残念ながら2点で行えるのは簡易審査のみでございます。契約締結時には次に挙げる書類提出が必要になることがお銀の調査で確認できております。
  • 法人印鑑証明
  • 履歴事項全部証明書
  • 個人印鑑証明
  • 代表者様の住民票
  • 通帳の原本
  • 運転免許証等の身分証明書
  • 実印

なるほど、不備のない上記7点を用意すれば最短2時間で資金調達できると言うのだな。

お銀
お銀
進むことも確認できております。
  1. 公式サイト内の申し込み・相談ページか電話で利用申し込み
  2. 担当者による10分程度の簡易ヒアリング調査
  3. メールかFAXで必要書類を発信
  4. 提出書類を参考に審査及び見積もり作成
  5. 本契約締結
  6. 契約完了後に債権買取額の入金

ん?お銀、実際には2点のほかに7点の計9点の必要書類が必要で、3ステップではなく6ステップの手続きが必要になるということなのか?偽りの多い業者ではないのか?

お銀
お銀
格さん、2点の書類は簡易審の必要書類でございますし、6ステップの手続きでも最短2時間、平均4時間前後で手続きが完了するようでございます。
黄門様
黄門様
ときにお銀、アクティブサポートの取引対応額や手数料はいかほどなのかな?

アクティブサポートが提供するQuQuMoの取引対応額や手数料は?

公式サイトではアクティブサポートのQuQuMoが、最大1億円の資金調達に対応していることが公開されていますが最小額は公開されていません。

今回の調査でアクティブサポートの最少額は30万円に設定されていることが確認できたので、取引対応額は30万円~1億円で幅広い資金調達に活用できることが判りました。

またアクティブサポートは300万円以下の小口債権取引を得意としていて、中小・零細規模の法人や個人事業主の利用ニーズに応えていることも確認できました。

黄門様
黄門様
ほぉ、30万円~1億円とは利用者にとって心強いファクターじゃの。
助さん
助さん
左様で、しかしながら手数料や諸経費の存在も気になりますな、ご隠居。
黄門様
黄門様
うむ、確かに。して肝心の手数料や諸経費はいかほどのものなのじゃ?

公式サイトで公表されているのは1.0~14.8%の手数料率のみで、三社間取引と二社間取引取引の手数料は残念ながら明確にされていません。

しかし今回の調査で三社間0.1~5.0%・二社間2.0~14.3%が、アクティブサポートのQuQuMo利用時の手数料率の目安になることが確認できました。

またQuQuMoでは手数料以外に利用者負担となるケースが珍しくない事務手数料が発生しないので、取引債権額から手数料を差し引いた金額が実質換金率になります。

なるほどお銀、アクティブサポートは三社間0.1~5.0%・二社間2.0~14.3%の手数料のみで、売掛債権をしかと資金に置き換えられると言うのだな。

お銀
お銀
はい、格さん。アクティブサポートは事務手数料不要でございますし、QuQuMoは債権譲渡登記も不要で利用できます。
助さん
助さん
なんと!二社間取引も債権譲渡登記不要で利用できると申すのか?

いや、助さん。公式サイトのQ&Aでは債権譲渡登記は原則必要と表記しておるぞ。

助さん
助さん
またもや!アクティブサポートなる業者は偽りが多いのではないか?お銀、どのような業者なのかをご隠居にご説明いたせ。

WEB完結のQuQuMoでスピードを追求するファクター「アクティブサポート」とは?

面談不要のWEB完結で30万円~1億円までを最短2時間で調達できるのが、スピードを追求するファクター「アクティブサポート」が提供するQuQuMoです。

お銀
お銀
WEB完結サービスのQuQuMoを提供するアクティブサポートの企業概要は次のとおりです。
会社名株式会社アクティブサポート
住所東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
電話番号03‐5957‐5950・フリーダイアル0120-595-095
設立年月2017年9月
URLhttps://ac-s.net/
取引方法二社間取引・三社間取引
取引速度取引速度
営業時間09:00〜19:00(平日)
資本金1,000万円
事業内容ファクタリング事業・各種コンサルティング事業
黄門様
黄門様
ほぉ、2017年創業といえば三年余りの業歴じゃの、して資本金は1,000万円と。

ご隠居、業歴三年といえば、まだまだ新参のファクターと言えましょう。

助さん
助さん
しかし格さん。ファクタリング自体の歴史の浅さを考慮すれば問題はなかろうよ。
お銀
お銀
ご隠居、お銀も助さんのおっしゃるとおりだと存じます。

創業三年余りのアクティブサポートは新参ファクターに位置付けられますが、新参だけにWEB契約を採用し古参ファクターが採用する対面面談を省略できたと言えます。

また資金調達速度を向上させる簡易審査は企業与信調査や経営・財務コンサルティング、ビジネスマッチング業務などから得たノウハウが活かされていると言えるでしょう。

一般企業向けのファクタリング以外にも、医療機関向けの医療報酬ファクタリングや介護施設向けの介護報酬ファクタリングなど幅広い資金調達の利用ニーズに応えています。

さらに売掛先の都合で取引債権が回収不能になっても利用者が買い戻す必要のない、償還請求権なしのノンリコースでの取引で売掛債権と共に回収不能リスクも譲渡できます。

黄門様
黄門様
なんと!アクティブサポートなる業者は結構な多角経営じゃの。
お銀
お銀
はいご隠居。アクティブサポートはファクタリングでの資金調達以外に、各種コンサルティングで事業運営のサポートを行う「会社のお医者様」のようなファクターでございます。
黄門様
黄門様
お銀め、うまいこと言いおって。事業運営を診断し必要に応じた資金調達を処方するファクターは確かに会社にとっての医者のようなもんじゃわい。
助さん
助さん
さればご隠居。QuQuMoを提供するアクティブサポートは利用価値の高い優良ファクターということで一件落着でございますか?

いやいや助さん。アクティブサポートが利用価値の高い優良ファクターであるかどうかは、まだまだ判らんぞ。のう、お銀。

利用価値の高い優良ファクターには満たすべき条件が存在する

アクティブサポートが2019年度のリピート率・サービス乗換実績・口コミ人気の三部門で、NO:1に輝いたことは公式サイト内で公表されています。

今回の調査では顧客満足度98%・リピート率87%・成約率84%と利用者から高く評価されるファクターであることが確認できました。

しかし利用価値の高い優良ファクターには満たすべきいくつかの条件があり、この条件をバランスよく満たすほど利用価値が高く優良なファクターだと判断することができます。

助さん
助さん
なるほど、お銀は満たすべき条件と照らし合わせることで、アクティブサポートがまことの優良ファクターであるかを探ろうと申すのか?さすがクノイチお銀、抜かりがないな。

そりゃ助さん、何らかの共通基準で判断しなければ公平な判断が難しいからであろう。

黄門様
黄門様
して、お銀。そちの講ずる評価はどのような評価基準を用いて執り行おうというものなんじゃね?
お銀
お銀
はいご隠居、助さん、格さん、お銀が考えるファクターを見極める判断材料は次の6点でございます!
  1. 手数料
  2. 取引対応額
  3. クラウド契約対応
  4. 信頼性
  5. ノンリコースでの取引
  6. 乗換・連続利用の対応
お銀
お銀
判断基準となる次表の評価基準と照らし合わせながら2~5点の配点で満点20点のスコアリングで、アクティブサポートが利用価値の高い優良ファクターなのかを評価します。
採点と評価基準評価基準の概要
手数料
(5点)
ファクタリングは三社間取引と二社間取引に大別でき、手数料が異なります。手数料は業者が自由に設定できますが、三社間1~9%・二社間10~30%が目安になります。手数料以外に発生する事務手数料や二社間取引で行われる債権譲渡登記の費用などの諸経費も実質換金率に大きく影響する見逃せないポイントです。手数料が安いファクターが、資金調達効率が高いのは言うまでもありませんが、手数料以外の諸費用が高額だと資金調達効率が低下するのでこの2点のバランスを判定します。
取引対応額
(3点)
最少取引額や最大取引額はファクターごとに異なり、少額の調達に適しているのかや高額調達に対応しているのかが判断できます。債権取引はファクターが追うリスクが小さくなく、一度の取引でより多くの利益を得られる大口取引が好まれますが利用ニーズは比較的少額なのが実状です。理想的なのは小回りの聞く少額取引から大金が動く大口取引まで対応するファクターなので、取引の下限額と上限額の対応幅の広さを判定します。
クラウド契約対応
(2点)
悪化したキャッシュフローや想定外の支払いなどで生じる資金ショート対応に活用されるファクタリングには、スピーディーな資金調達も求められます。三社間(1~2週間)・二社間(即日~3営業日)が目安ですが、クラウド契約の採用などで調達速度のスピード化が進んでいます。利用者にとって調達速度が速いのは喜ばしく、非対面の契約で秘匿性の高い利用ができるクラウド契約への対応も判定基準の1つとして取り上げます。
信頼性
(5点)
信頼性
(5点) 急成長したファクタリング市場ですが既に非常に多くの参入業者が存在し玉石混合の状態で、なかには悪徳業者や実体が闇金の偽ファクターも存在します。流動性の低い資産の売掛債権は資産のなかでは厄介な存在ですが、大切な資産なので信頼できるファクターと取引したいものです。業歴や資本金、事業規模などから信頼できるファクターなのかをある程度は推測できるので、企業概要を中心とした調査で信頼できるファクターなのかを判断します。
ノンリコースでの取引
(3点)
ファクタリングは売掛先の問題で取引債権が回収不能になっても、利用者が買い戻す必要のない償還請求権のないノンリコースでの取引が一般的です。債権取引で売掛債権と共に債権に存在する「回収不能リスク」もファクターに譲渡できるのが、ファクタリングの魅力なのでノンリコースでの取引かどうかを判定基準に加えます。
乗換・連続利用の対応
(2点)
より取引条件が良いファクターへの積極的な乗り換えは効果的ですし、ファクターも他社からの乗り換えを歓迎しています。取引歴のある利用者や売掛先は負担するリスクが軽減するので、ファクターは連続利用や継続取引を望む傾向が強く手数料割引などで利用者の乗り換えを防止します。ファクタリングで理想的な資金繰りを実現するためには、乗り換え利用や連続取引・継続取引の対応も重要になるので判定基準の1つに加えます。
助さん
助さん
これはっ!お銀よ、そなた知らぬ間に随分と腕を上げおったな。

ハハハッ、助さん。これはウカウカしておれんな。ご隠居の信頼が我等からお銀の方に移ってしまうぞ。

助さん
助さん
あいや、待たれよ。この助三郎が不覚を取るとは。
黄門様
黄門様
これこれ、二人とも戯れは程々にしておくのじゃぞ。お銀が困っておろう。

手数料や発生する諸経費の扱い

助さん
助さん
資金調達効率に直接影響する手数料や諸経費の扱いは重要だと言うのだな?お銀。
お銀
お銀
はい助さん。この項目はファクター選びのうえで最も重要視されるので5点満点でスコアリングをおこないます。

一般的なファクターの手数料は三社間1~9%・二社間10~30%の料率が相場なので、アクティブサポートの公表値1.0~14.8%は相場の範囲内で許容できる料率だと言えます。

今回の調査で確認できた三社間0.1~5.0%・二社間2.0~14.3%の具体的な料率を照らし合わせると、二社間8~15.7%・三社間0.9~4%ほど相場より安く利用できるのが判ります。

手数料は取引方法や取引債権の支払いサイトなどの属性、売掛先や利用者の審査スコアによって変化しますが、目安料率が低いので効率的な資金調達実現が期待できます。

また手数料以外に利用者負担となるケースが珍しくない事務手数料がQuQuMoでは発生せず、取引債権額から手数料を差し引いた額が実質換金率になるのは好感が持てます。

仮に最大手数料率の14.8%で二社間取引した場合でも、実質換金率は85.2%となり手数料相場の実質換金率70~90と比較してもアクティブサポートの手数料は妥当だと言えます。

これらの条件を考慮したアクティブサポートの手数料や発生する諸経費の扱いは高く評価できるので満点の5点でスコアできます。

ご隠居、アクティブサポートの手数料率は満点の5点でございますので、納得できる資金繰りが期待できると考えられますな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。最大手数料率の14.8%での二社間取引でも相場料率の実質換金率の範囲内で納めるとは、アクティブサポートめナカナカやりおるファクターじゃの。

取引対応の下限額と上限額

助さん
助さん
設定する取引対応額によって利用しやすいファクターであるかが判断できると言うのだな?お銀。
お銀
お銀
はい助さん。この項目のスコアの高さでファクターが柔軟な取引を行っているかを測ることができますので3点満点でスコアリングをおこないます。

アクティブサポートは最大1億円までの資金調達に対応していることを公表していますが、最少額は非公開で中小規模の資金調達に対応するファクターなのか判断できません。

調査の結果アクティブサポートが30万円~1億円の取引に対応していることや、300万円以下の小口債権取引を得意としていることが確認できました。

30万円~1億円と非常に幅広い債権取引で、中小・零細企業や個人事業主の少額調達から大口取引での高額調達まで柔軟に利用ニーズに対応していると判断できます。

突発的資金ショートを解決できるスピード資金調達で30万円~1億円の幅広い資金繰りに対応しているアクティブサポートは高く評価でき満点の3点でスコアできます。

ご隠居、30万円~1億円と非常に幅広い債権取引に対応するアクティブサポートの取引対応額も満点の3点でございますので、柔軟な資金繰りが期待できると言えますな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。スピード重視のWEB契約で30万円~1億円に対応するとは、アクティブサポートめアッパレなファクターじゃの。

契約手続きはクラウド契約か

助さん
助さん
スピーディーな資金調達には取引速度を向上させるクラウド契約が欠かせないと考えておるのだな?お銀。
お銀
お銀
はい助さん。情報社会の現代ではオンラインを駆使した非対面契約のクラウド契約への対応が欠かせないと考えますので2点満点でスコアリングをおこないます。

公式サイトでは申込・見積り・契約の3ステップでの利用が公表されていますが、調査の結果6ステップの手続きが必要になることが確認できました。

しかし2点の書類提出で実施する簡易審査を採用するアクティブサポートは、6ステップの手続きでも最短2時間、平均4時間前後で手続きが完了することができます。

利用者にとって時間的・交通費などの経済的負担が大きな対面面談を廃し、面談不要のWEB完結を採用するアクティブサポートはクラウド契約に対応するファクターだと言えます。

WEB完結の採用で最短2時間、平均4時間前後の資金調達を実現するアクティブサポートは高く評価できアクティブサポートのクラウド契約対応は満点の2点でスコアできます。

ご隠居、これは至極まっとうなスコアリングだと言えますな。満点の2点はWEB完結の採用で最短2時間、平均4時間前後の資金調達対応の正当な評価と言えますな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。スピード重視のWEB契約で最短2時間、平均4時間前後の資金調達対応とは、アクティブサポートめタダならぬファクターじゃの。

信頼できるファクターか

助さん
助さん
大切な資産である売掛債権の取引を行うのであるから、ファクターが信頼できるかどうかは非常に重要なポイントだと考えておるのだな?お銀。
お銀
お銀
はい助さん、もちろんです。ファクタリング市場には悪徳業者などの怪しげな業者が存在するのも事実。ファクターは信用第一ですので2点満点でスコアリングをおこないます。

2017年創業のアクティブサポートは業歴三年余りの新参ファクターに位置付けられますが、ファクタリング自体の歴史の短さを考慮すれば特に問題視すべきものではありません。

今回の調査で「公式サイトで企業概要などが詳しく公表されていない」という声が確認できましたが、大幅更新が行われたようで現在は詳しい情報が公開されています。

国式サイト内での公称手数料が1~14.8%なのは若干残念に感じますが、具体的な手数料率が三社間0.1~5.0%・二社間2.0~14.3%で公称値より低いのは好感が持てます。

また1,000万円の資本金や顧客満足度98%・リピート率87%・成約率84%と利用者から高く評価されるファクターである点も評価に値すると言えるでしょう。

企業与信調査や経営・財務コンサルティング、ビジネスマッチング業務など、資金調達以外でも利用者の事業運営を真摯にサポートする体制が整っているのもプラス材料です。

設置には通信会社の審査を通過する必要があるフリーダイヤルを設定しているところからも、アクティブサポートが信頼できるファクターであることが伺えると言えます。

これらを考慮するとアクティブサポートが信頼できるファクターかのスコアリングは満点の5点でスコアできます。

ご隠居、やはりアクティブサポートは信頼できるファクターという判定になりましたな。満点の5点であれば安心して利用することができると言えますな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。資産を処分するファクタリングであるからこそ、ファクターは信用第一であるべきだと言えるからの。アクティブサポートは信頼できるファクターじゃの。

ノンリコースでの取引か

助さん
助さん
通常ファクタリングは売掛先の問題で取引債権が回収不能になっても、利用者が買い戻す必要のない償還請求権のないノンリコースで取引されているのに注目したのだな?お銀。
お銀
お銀
はい助さん、債権取引で売掛債権と共に回収不能リスクをファクターに譲渡できるのも、魅力ですのでノンリコース取引は重要と考え3点満点でスコアリングをおこないます。

アクティブサポートではノンリコースでの債権取引を行っているので、利用者は売掛債権と共に回収不能リスクをアクティブサポートに譲渡できます。

ノンリコースは売掛先が原因となる回収不能にのみ効力を発揮するもので、利用者が債権回収する二社間取引で回収資金を利用者が着服した場合は適用外なので注意が必要です。

売掛債権と共に回収不能リスクをファクターに譲渡できるノンリコースはファクターの負うリスクが増加しますが、アクティブサポートはノンリコースで債権取引を行います。

ノンリコースの適切な契約内容でファクタリングを行うアクティブサポートは評価でき、アクティブサポートのスコアリングは満点の3点でスコアできます。

ご隠居、アクティブサポートはノンリコースの適切な契約内容でファクタリングを行っておるのですな。満点の3点ならば利用者も迷わず利用できると言えますな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。売掛債権と共に回収不能リスクをファクターに譲渡できるノンリコースでこそファクタリングが魅力的と言えるからの。やりおるのぅ、アクティブサポート。

乗り換えや連続利用の対応

助さん
助さん
利用中のファクターより取引条件が良いファクターに積極的に乗り換えるのが、効果的資金調達のポイントだと申すのだな?お銀。
お銀
お銀
はい助さん、資金調達は事業存続をかけた戦のようなもの。取引条件が良い業者に乗り換えるのも、乗換を防ぐのもは兵法の一つと考えますので2点満点でスコアリングします。

公式サイトでは公表されていませんが、アクティブサポートは他社からの乗換に対し、手数料割引や審査にのプラス査定で対応しています。

これはアクティブサポートがNO:1に輝いた三部門に「サービス乗換実績」が含まれていることからも、多くの乗換利用者に選ばれていることが伺えます。

また連続利用するとアクティブサポートの手数料率が引き下げられ、さらに効率的な資金調達が可能となることは、98%の顧客満足度や87%のリピート率から判断できます。

積極的に新規顧客を受け入れ顧客満足度の高いファクタリングでの資金調達を提供するファクターがアクティブサポートだと言えるでしょう。

これらを考慮したアクティブサポートの乗り換えや連続利用の対応は、満点の2点でスコアできます。

ご隠居、アクティブサポートは積極的な新規顧客受け入れと顧客満足度の高いファクタリングでリピート率を高めているのですな。これなら利用者も大満足できると言えますな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。資金調達と言えども顧客あっての客商売だからの。新進姿勢でファクタリングを提供するアクティブサポートは評価に値するファクターじゃのう。

WEB完結で30万円~1億円の資金調達に対応するアクティブサポートの判定結果は?

面談不要のWEB完結で30万円~1億円を最短2時間、平均4時間前後で調達できる、魅力的なファクター「アクティブサポート」をスコアリングで判定しました。

助さん
助さん
ご隠居。この助三郎、アクティブサポートは業歴は短いものの利用価値の高い優良ファクターと心得ましたでございます。

ご隠居。この格之進めも、御意にございます。

お銀
お銀
ご隠居。調査の半ばからお銀も確信を持ちましてございます。
黄門様
黄門様
そうか、そうか、三人とも大儀であったの。余もアクティブサポートのアッパレさを知るほどに、「世に尽くすとは何か?」を改めて考えさせられたわい。
黄門様
黄門様
アクティブサポート!アッパレなファクターじゃ!
お銀
お銀
ここまでにスコアリングしたアクティブサポートのスコアとスコアの決め手となった判定要素は次表で判りやすく確認頂けます。
ファクター名評価手数料取引対応額クラウド契約対応信頼性ノンリコース対応乗換・連続利用
アクティブサポートS三社間0.1~5.0
%・二社間2.0~14.3%は相場より安い
5点
30万円~1億円で幅広い債権取引に対応できる
3点
面談不要のWEB完結でクラウド契約対応
2点
面談不要のWEB完結でクラウド契約対応
2点
ノンリコースでの債権取引を実施
3点
乗換実績NO:1・顧客満足度98%・リピート率87%達成
2点