ファクタリング

中小規模の資金調達に業界トップクラスのスピード対応!アクセルファクターとは?

中小規模の資金調達に業界トップクラスのスピード対応!アクセルファクターとは?

融資より遥かにスピーディーに資金繰りできる即応性の高い資金調達手段のファクタリングは、中小規模の調達ニーズに適した資金調達手段だと言えます。

取引対応額を30~3,000万円に限定、国内3ヶ拠点から全国各地の中小規模の資金調達ニーズに最短即日のスピード対応で応えるアクセルファクターをご紹介します。

助さん
助さん
ご隠居、ファクタリングの利用ニーズは中小規模の資金調達の割合が高いようでございますな。

助さん、確かに「数億円の資金調達に対応可能!」というファクターも存在するが、高額の調達の場合は融資を利用した方が効率的だと考えるのが道理であろう。

黄門様
黄門様
うむ、わしも即応性の高さはファクタリングの魅力だと心得ておるが、数億円をすぐに用立てる事態が発生することなど、まず無かろうと常々思っておったわ。
お銀
お銀
ご隠居、助さん格さん、それでは取引対応額を30~3,000万円に限定し中小規模の資金調達に応えるアクセルファクターは的を得たファクタリングだと言えるのですね。

ニーズの高い中小規模の資金調達にスピード対応するアクセルファクターとは?

数あるファクタリングの魅力のなかでも、融資よりスピーディーに資金繰りできる即応性の高さが利用動機となりファクタリングを利用するケースは、少なくないと考えられます。

数億円の資金調達に対応するファクターでも、取引対応額が50万円以上に設定されていると、小回りの利いた資金調達に適してるとは言えず利用し難いファクターになります。

取引対応額を30~3,000万円に限定しニーズの高い中小規模の資金調達に対応する、利用しやすいファクタリングの提供を行うファクターがアクセルファクターです。

公式サイトで公開されている利用の流れは

  1. お電話・WEB
  2. 審査・ご契約
  3. ご入金

の3ステップです。

助さん
助さん
お銀、中小規模の資金調達とはいえわずか3ステップでの利用は無理であろう。
お銀
お銀
はい、助さん。お銀の調べで、実際のアクセルファクター利用の流れは次に挙げる7ステップが必要になることが明らかになっております。
  1. 公式サイトからのWEB申し込みかフリーダイヤルから利用申込み
  2. 担当者からの電話連絡でヒアリング調査
  3. 必要書類のアナウンス
  4. 必要書類提出
  5. 提出書類を参考に審査
  6. 契約締結
  7. 契約完了後に債権買取額の入金

なるほど、して提出が求められる必要書類はいかほどのものなのだ?
はい、公式サイトでは次の必要書類が挙げられております。

  • 身分証明書/売掛金を証明する書類(請求書など)
  • 入出金を確認できる書類(通帳の写しなど)
  • 登記簿の写し
お銀
お銀
ヒアリングの際に利用者ごとに必要に応じた書類が通知されるということですが、「登記簿謄本(履歴事項全部証明書)と印鑑証明書」は必ず必要となるようでございます。

なるほど。して、審査通過率や資金調達完了に至るまでの速度はいかほどかの?

アクセルファクターは他業者で面接落ちした案件でも積極的に対応していて、93%の高い審査通過率を実現しています。

ファクタリング審査は通常面談を行いますが、より多くの資金調達に応じられるよう原則即日対応のアクセルファクターでは面談を省略した非対面取引に対応しています。

文字どおりアクセル全開で推し進められるアクセルファクターの審査は申込みから1~2時間で完了し、そのまま契約すれば最短2~3時間で資金調達が完了します。

お銀
お銀
必要書類が準備できていないとアクセル全開で審査できず、契約が申込み翌日になるケースもあるので書類の準備は重要と心得るべきだと存じます。

アクセルファクターの契約内容や2%~を掲げる手数料の具体的な料率は?

アクセルファクターはスピードのある資金調達ができる二社間取引と、手数料を抑えた取引ができる三社間取引のファクタリングに対応し法人・個人事業主を問わず利用できます。

公式サイトでは2〜20%の手数料率が公表されていますが、三社間2~10%・二社間3~15%前後が具体的な手数料率であることが調査で確認できました。

黄門様
黄門様
なるほど、利用ハードルを下げ取引対応額を限定することで、中小規模の資金調達に応じているのがアクセルファクターということじゃな。

そのようですな、ご隠居。法人・個人事業者を問わず利用できるという点からも、少しでも多くの利用ニーズに応えようという気構えが伺えますな。

助さん
助さん
同感じゃ、格さん。しかし多くの利用ニーズに応えるためにはそれなりの屋台骨が必要になるとおもうのじゃが、お銀その辺はいかがなのだ?

30~3,000万円の取引対応額で中小規模の資金調達に応じるアクセルファクターとは?

原則即日のスピード対応で30~3,000万円の中小規模の資金調達に応じるファクターがアクセルファクターです。

お銀
お銀
公式サイトで公開されている資金調達エージェントの企業概要は次のとおりです。
会社名株式会社アクセルファクター
住所東京本社:新宿区高田馬場1丁目30-14コルティーレ高田馬場1F
仙台営業所:仙台市青葉区本町一丁目12-12 GMビルディング3F
名古屋営業所:名古屋市中区丸の内2-17-13 NK丸の内ビル2F
電話番号東京本社:03-6233-9185・フリーダイヤル:0120-077-739
設立年月非公開
URLhttps://accelfacter.co.jp/lp/
取引方法二社間取引・三社間取引
取引速度最短即日
営業時間09:00~19:00(平日)
資本金1億3,456万円(ネクステージグループ全体)
事業内容ファクタリング事業

公式サイト内では設立年月が非公開ですが、今回の調査でアクセルファクターが2018年8月設立のファクターであることが確認できました。

一般的企業向け以外にも医療機関向けの医療報酬ファクタリングや介護施設向けの介護報酬ファクタリングも取り扱い幅広いニーズに対応するファクターだと言えます。

黄門様
黄門様
2018年創業と言えばまだ業歴は3年足らずのファクターではないか。

はいご隠居。しかしながら新興ファクターが珍しくないのがファクタリングと捉えますれば問題はないのではないかと存じます。

助さん
助さん
格さん、確かに資本金や東京・仙台・名古屋での事業展開から察するに屋台骨は相当太そうなファクタリングではないかと察するぞ。

ご隠居、いかがでございましょう?資本金・事業規模・取引対応額・調達速度とどれを取っても問題ない利用価値の高い優良ファクターということで一件落着でございますか?

黄門様
黄門様
いやいや格さん。アクセルファクターが利用価値の高い優良ファクターあるかどうかは、まだまだ判らんぞ。のう、助さん、お銀。

利用価値の高い優良ファクターには満たすべき条件が存在する

資本金・事業規模・取引対応額・調達速度とどの要件から見ても、アクセルファクターは問題のない十分に魅力的なファクターのように感じます。

しかし利用価値の高い優良ファクターには満たすべきいくつかの条件があり、この条件をバランスよく満たすほど利用価値が高く優良なファクターだと判断することができます。

助さん
助さん
なるほど、お銀は満たすべき条件と照らし合わせることで、アクセルファクターの真の姿を浮かびあげようと申すのか?これは妙案でございますの、ご隠居。
黄門様
黄門様
して、そちらの講ずる評価はどのような評価基準を用いて執り行おうというものなのじゃね?
お銀
お銀
はいご隠居、助さん格さん、お銀はファクターを見極める判断材料は次の6点ではないかと考えております!
  1. 手数料
  2. 取引対応額
  3. クラウド契約対応
  4. 信頼性
  5. ノンリコースでの取引
  6. 乗換・連続利用の対応
お銀
お銀
判断基準となる次表の評価基準と照らし合わせながら2~5点の配点で満点20点のスコアリングで、アクセルファクターが利用価値の高い優良ファクターなのかを評価します。
採点と評価基準評価基準の概要
手数料
(5点)
ファクタリングは三社間取引と二社間取引に大別でき、手数料が異なります。手数料は業者が自由に設定できますが、三社間1~9%・二社間10~30%が目安になります。手数料以外に発生する事務手数料や二社間取引で行われる債権譲渡登記の費用などの諸経費も実質換金率に大きく影響する見逃せないポイントです。手数料が安いファクターが、資金調達効率が高いのは言うまでもありませんが、手数料以外の諸費用が高額だと資金調達効率が低下するのでこの2点のバランスを判定します。
取引対応額
(3点)
最少取引額や最大取引額はファクターごとに異なり、少額の調達に適しているのかや高額調達に対応しているのかが判断できます。債権取引はファクターが追うリスクが小さくなく、一度の取引でより多くの利益を得られる大口取引が好まれますが利用ニーズは比較的少額なのが実状です。理想的なのは小回りの聞く少額取引から大金が動く大口取引まで対応するファクターなので、取引の下限額と上限額の対応幅の広さを判定します。
クラウド契約対応
(2点)
悪化したキャッシュフローや想定外の支払いなどで生じる資金ショート対応に活用されるファクタリングには、スピーディーな資金調達も求められます。三社間(1~2週間)・二社間(即日~3営業日)が目安ですが、クラウド契約の採用などで調達速度のスピード化が進んでいます。利用者にとって調達速度が速いのは喜ばしく、非対面の契約で秘匿性の高い利用ができるクラウド契約への対応も判定基準の1つとして取り上げます。
信頼性
(5点)
急成長したファクタリング市場ですが既に非常に多くの参入業者が存在し玉石混合の状態で、なかには悪徳業者や実体が闇金の偽ファクターも存在します。流動性の低い資産の売掛債権は資産のなかでは厄介な存在ですが、大切な資産なので信頼できるファクターと取引したいものです。業歴や資本金、事業規模などから信頼できるファクターなのかをある程度は推測できるので、企業概要を中心とした調査で信頼できるファクターなのかを判断します。
ノンリコースでの取引
(3点)
ファクタリングは売掛先の問題で取引債権が回収不能になっても、利用者が買い戻す必要のない償還請求権のないノンリコースでの取引が一般的です。債権取引で売掛債権と共に債権に存在する「回収不能リスク」もファクターに譲渡できるのが、ファクタリングの魅力なのでノンリコースでの取引かどうかを判定基準に加えます。
乗換・連続利用の対応
(2点)
より取引条件が良いファクターへの積極的な乗り換えは効果的ですし、ファクターも他社からの乗り換えを歓迎しています。取引歴のある利用者や売掛先は負担するリスクが軽減するので、ファクターは連続利用や継続取引を望む傾向が強く手数料割引などで利用者の乗り換えを防止します。ファクタリングで理想的な資金繰りを実現するためには、乗り換え利用や連続取引・継続取引の対応も重要になるので判定基準の1つに加えます。

手数料や発生する諸経費の扱い

助さん
助さん
資金調達効率に直接影響する手数料や諸経費の扱いは重要すべき要件だと言うのだな?お銀。
お銀
お銀
はい、助さん。この項目はファクター選びのうえで最も重要視されるので5点満点でスコアリングを行います。

一般的なファクターの手数料は三社間1~9%・二社間10~30%の料率が相場なので、アクセルファクターの三社間2~10%・二社間3~15%前後は納得できる料率だと言えます。

三社間は割高ですがスピード重視のアクセルファクターの利用者は、二社間取引の利用が多いと考えられ手数料を3~15%前後に抑えているのは評価できます。

これらを考慮したアクセルファクターの手数料や発生する諸経費の扱いは満点の5点でスコアできます。

ご隠居、手数料率は満点の5点でございますので、アクセルファクターでは納得の資金繰りがおこなえそうですな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。利用ニーズを的確に捉えた手数料率を設定するとは、アクセルファクターめ小憎いファクターじゃの。

取引対応の下限額と上限額

設定する取引対応額の広さはファクターの利用しやすさを測る材料になると言うのだな?お銀。

お銀
お銀
はい、格さん。この項目のスコアはファクターの取引の柔軟さを知るのに欠かせぬものであると考え3点満点でスコアリングを行います。

アクセルファクターは30~3,000万円に限定した取引対応額で、中小規模の資金調達に幅広く応じています。

即応性の高いファクタリングは中小規模の資金調達ニーズが高いので、アクセルファクターの方針は的を得たものだと言えます。

また法人・個人事業主を問わず利用できるのも利用ニーズに的確に応じていると判断でき評価できます。

突発的資金ショートに対応できるスピード資金調達で30~3,000万円の資金繰りに対応するアクセルファクターは高く評価でき満点の3点でスコアできます。

助さん
助さん
ご隠居、利用ニーズの高い30~3,000万円の資金調達に対応するアクセルファクターの取引対応額も満点の3点でございますので、安心して利用できると言えますな。
黄門様
黄門様
そうじゃな、助さん。さらに中小規模の資金調達を必要とする個人事業主の利用にも対応しておるとは、アクセルファクターめ隙のないファクターじゃの。

契約手続きはクラウド契約か

助さん
助さん
利用者が望むスピーディーな資金調達実現にはクラウド契約が欠かせないと言うのだな?お銀。
お銀
お銀
はい、助さん。オンラインを駆使したクラウド契約への対応でなければ利用者が望む調達速度に対応できないと考えますので2点満点でスコアリングを行います。

公式サイトで公表する3ステップではなく7ステップが必要になることが、今回の調査で確認できました。

しかし7ステップでもアクセルファクターは原則即日対応での資金調達に対応しているので、クラウド契約に対応していると考えられます。

利用ニーズの高い中小規模の資金調達に原則即日対応するアクセルファクターの即応力は高く評価できクラウド契約対応は満点の2点でスコアできます。

ご隠居、さすが原則即日対応なだけあってアクセルファクターのクラウド契約対応は満点の2点を獲得しましたな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。利用ニーズの高い中小規模の資金調達に原則即日対応する姿勢は評価できるからの。アクセルファクターめナカナカやりおるファクターじゃの。

信頼できるファクターか

大切な資産の売掛債権を取引するファクタリングは、信頼できるファクターを利用したいと言うのだな?お銀。

お銀
お銀
はい、助さん。ファクタリング市場には既に怪しげな悪徳業者が紛れ込んでいると伝え聞きますので、ファクターは信用第一と考え5点満点でスコアリングを行います。

公式サイトの企業概要では設立年月が公表されていませんが、今回の調査で2018年8月に設立されたことが確認できました。

業歴3年足らずのファクターですが、1億3,456万円の資本金や東京・仙台・名古屋で事業展開する事業規模からアクセルファクターが屋台骨の太いファクターだと推測できます。

また運営母体のネクステージグループが8事業も展開するグループであることや設置に通信会社の審査通過が必要なフリーダイヤルを設定している点も評価できます。

これらを考慮するとアクセルファクターが信頼できるファクターかのスコアリングは満点の5点でスコアできます。

助さん
助さん
ご隠居、アクセルファクターの屋台骨の太さが評価された判定になりましたな。満点の5点であれば安心できますな。
黄門様
黄門様
そうじゃな、助さん。信用第一のファクターの屋台骨は太いにこしたことはないからのぅ。屋台骨の太いアクセルファクターは信頼に値するファクターだと言えるのぅ。

ノンリコースでの取引か

助さん
助さん
取引債権が回収不能になっても利用者が買い戻す必要のない償還請求権のないノンリコースでの取引がファクタリングでは肝心だと言うのだな?お銀。
お銀
お銀
はい、助さん。ファクターに譲渡し回収不能リスクから解放されるも、ファクタリングの魅力ですのでノンリコース取引は3点満点でスコアリングを行います。

公式サイト内ではノンリコースや債権譲渡登記費用について一切公開されていないので、アクセルファクターのファクタリングがどのような契約で行割れるのかは未知数です。

債権譲渡登記につてはQ$Aで「お客様と相談させていただき、柔軟な対応」と表記されていますがノンリコースの対応については調査で確認できませんでした。

事業規模などを考慮すると問題はないように推測できますが、調査で確認できなかったのが残念です。

契約内容が不明瞭なのはマイナスに働くので、アクセルファクターのノンリコース取引対応のスコアリングは1点のスコアになります。

ご隠居、ここでアクセルファクターに大きな失点が生じましたな。ノンリコースにふれておらぬのは、アクセルファクターの失態だと言えますな。

黄門様
黄門様
そうじゃな、格さん。事業規模から察するに問題なかろうとも言えるが、ここで酌量しては公平な裁きとならんかなの。アクセルファクターめ迂闊じゃ、油断しおったな。

乗り換えや連続利用の対応

より取引条件が良いファクターへの積極的な乗り換えが、理想的なファクタリング実現のポイントになるとと言うのだな?お銀。

お銀
お銀
はい、格さん。利用者は効率的な乗り換えを、ファクターは乗り換えられないよう双方が方策を講じるのがファクタリングだと考え2点満点でスコアリングを行います。

通常ファクターは他社からの乗換に対し手数料割引や審査のプラス査定で対応していますが、アクセルファクターは他社からの乗り換えについて特に触れていません。

また顧客の乗り換え防止のために連続利用の利用者には手数料割引を行うことが珍しくありませんが、こちらも確認することができませんでした。

柔軟な対応と手数料率に自信を持つアクセルファクターが、通常取引でも十分満足してもらえると考えているのではないかと推測できます。

しかし乗り換えや連続利用の対応は未知数であるため、アクセルファクターの対応は2点でのスコアとなります。

助さん
助さん
ご隠居、またしてもアクセルファクターが抜かったと言えますな。1点とは言えこの失点は評価に影響を及ぼしますな。
黄門様
黄門様
うむ、助さん。前半好調だっただけに残念じゃのぅ。アクセルファクターめ抜かったの。

原則即日で30~3,000万円の資金調達に対応するアクセルファクターの判定結果は?
審査通過率93%の柔軟な対応で原則即日で30~3,000万円の資金調達に対応する魅力的なファクターのアクセルファクターをスコアリングで判定しました。

スコアリングの結果アクセルファクターのスコア合計は18点となりました。

助さん
助さん
ご隠居。前途洋々に思えたものの後半に味噌が付いたことで失速した感が否めませんな。

助さん、とは言えども利用ニーズの高い中小規模の資金調達に対応しているのも紛れのない事実であろう。

お銀
お銀
同意です、格さん。特にニーズの高い個人事業主も原則即日で資金調達できるのは評価に値すると存じますが、ご隠居、いかがでございましょうか?
黄門様
黄門様
そうじゃな、相対的にはアクセルファクターは好感が持てるファクターだと余は考えておる。資金繰りに苦しむ者の求めに的を得た対応をしていると感じたぞよ。
黄門様
黄門様
アクセルファクター!利用してみたいファクターじゃ!
お銀
お銀
ここまでにスコアリングしたアクセルファクターのスコアとスコアの決め手となった判定要素は次表で判りやすく確認頂けます。
ファクター名評価手数料取引対応額クラウド契約対応信頼性ノンリコース対応乗換・連続利用
アクセルファクタS二社間の3~15%は相場より安い
5点
30~3,000万円で幅広い債権取引に対応
3点
原則即日対応でクラウド契約対応
2点
資本金額・事業規模が大きく評価できる
5点
情報不足で未知数
2点
情報不足で未知数
1点
事業資金エージェントA三社間1.5~9%・二社間5~203%は評価できる
4点
20万円~2億円で幅広い債権取引に対応できる
3点
500万円まで最短3時間・1,000万円まで即日対応は評価できる
2点
契約内容や資本金額、フリーダイヤル設置は評価できる
4点
ノンリコースでの債権取引を実施
3点
情報不足で未知数
1点
アクティブサポートS三社間0.1~5.0
%・二社間2.0~14.3%は相場より安い
5点
30万円~1億円で幅広い債権取引に対応できる
3点

面談不要のWEB完結でクラウド契約対応
2点
資金調達以外に各種コンサルで利用者をサポート
5点
ノンリコースでの債権取引を実施
3点
乗換実績NO:1・顧客満足度98%・リピート率87%達成
2点