現金化おすすめ情報

クレジットカード現金化に関する知恵袋は参考になるのか?しっかり回答すると違いが見えてくる

クレジットカード現金化サービスを利用すれば、新たに審査申し込みをせずに必要な現金がすぐ手に入る点が魅力だからこそ、すぐにでも利用したいと考える人が少なくありません。しかし、慎重派な人の中にはクレジットカード現金化サービスに関して知恵袋サイトを参考にした上で、本当に利用しても問題ないのか悩んでしまう人が少なくありません。堅実派の格さんとは異なり、助さんも悩んでいるようで黄門様に御意見伺いをしているようです。

助さん
助さん
ご隠居、クレジットカード現金化サービスを利用したいと考えていても、初めて知る内容だけに二の足を踏む人がいるようです。知恵袋の回答だけでは心配な人向けに、この際ズバリと回答してもらえませんか?
黄門様
黄門様
助さんが自力で回答しようとすることを諦めているように見えるのう。そうじゃ、格さんならしっかり調べて回答してくれるはずじゃ、必要ならお銀を使って構わないから格さん回答を準備しなさい。

畏まりました、ご隠居。知恵袋サイトに投稿されている質問は、複数のジャンルが混ざっているのでグループ分けして以下のようにまとめました。

このページで分かること

クレジットカード現金化の安全性を心配する知恵袋への質問

まずは最も多くの質問が知恵袋に寄せられていて、繰り返し質問されている安全性を危惧する質問から調べてみましょう。助さんも気になる部分かと思われるが、一部の現金化業者から横槍が入るために混迷していると考えられます。

助さん
助さん
知恵袋では確かにキャッシュバック方式を否定して買取方式が正義だといった回答が書き込まれていることがありますね。買取方式の違法性を回避するために考案されたのがキャッシュバック方式だと知らない初心者が惑わされてしまいます。

クレジットカード現金化の安全性はどうなっているのか

クレジットカード現金化を行う際に最も利用者が気になる安全性については、少なくとも自力で現金化するよりも専門のクレジットカード現金化業者を使った方が遥かに安全性が高いという点に間違いはありません。なぜなら、クレジットカード現金化を行うことは、クレジットカード会社が定めた利用規約に明確に反することになっているので、発覚した時点で利用停止や強制退会をされても文句が言えないからです。クレジットカードは、会員制を採用していて利用規約の範囲内のみで使うことを約束した信用度が高い人のみ継続して貸与されることになっています。

クレジットカード会社は専用システムで常時監視している

クレジットカードの安全性は、常に不正利用を防ぐために全ての取引について独自のアルゴリズムにより作られた専用システムで24時間365日監視しています。よくある新幹線回数券をクレジットカード決済にて購入して自力で金券ショップへ持ち込む方法は、クレジットカード会社の監視対象となっているので不自然な使い方を行っただけで一旦クレジットカードが利用停止となりかねません。クレジットカード会社が持つ情報には、勤務先情報と住所情報が含まれているので、新幹線回数券を何冊購入して区間がどこだったのかという情報まで回数券の金額によりある程度把握出来てしまうわけです。実際に新幹線の料金は乗車料金と特急料金の金額を基本として1冊6枚綴りの新幹線回数券の金額は、営業距離が各区間ごとに大きく異なるために個別に設定されています。クレジットカード現金化業者を使わずに自力で現金化しようとすると、監視対処となっているクレジットカードの使い方を繰り返してしまい換金目的でのクレジットカード使用がクレジットカード会社へバレてしまうわけです。

クレジットカード現金化業者は安全性対策を独自ノウハウにより行っている

全てのクレジットカード現金化業者が安全というわけではなく、営業実績がしっかりしたクレジットカード現金化業者とは異なり、新興現金化業者はノウハウの蓄積が不十分となる可能性があります。換金率が極めて高いクレジットカード現金化業者の中には、ノウハウ不足を換金率によりカバーしている例があるからこそ、選んだクレジットカード現金化業者により安全性には差があることを知っておかなければなりません。また、クレジットカード現金化を行う際の安全性は、キャッシュバック方式が最も安全性が高く、デジタルギフト券買取方式、商品買取方式という順番で安全性が下がる傾向にあります。

クレジットカード現金化に違法性は無いのか

クレジットカード現金化を行う際に違法性が無いのか心配する人が多いですが、現金化業者により採用している方法が異なるために一概に違法性の有無を判断出来ません。まとめて回答することが難しいために知恵袋では違法・合法・グレーゾーンが入り乱れてしまうわけです。そこで、4つの現金化手法に応じて違法性をチェックすれば、これから申し込みしたいと考えているクレジットカード現金化業者について安全性を確認出来ます。

商品買取方式は違法性を含んでいることが多い

商品買取方式は、クレジットカード決済で購入した商品の所有権がクレジットカード会社に残っている状態で、所有権者であるクレジットカード会社に無断で買取業者へ転売する行為です。勝手に他人に所有権がある品物を売却してしまうので、詐欺罪の構成要件に該当してしまうからこそ違法性を含んでいます。クレジットカード決済で購入した商品は、クレジットカード料金引き落としが完了するまでの間は立て替え払いにより所有権がクレジットカード会社にある点が要注意です。クレジットカード現金化を行う場合には、商品購入代金が銀行口座引き落としされる前に商品買取方式では品物を転売しないと現金化出来ません。このため、クレジットカード会社から換金目的であることを隠したままクレジットカード決済承認番号を出させて品物を騙し取ることとなるわけです。所有権移転問題が含まれているからこそ、クレジットカード会社が刑事告訴を行えば犯罪行為に繋がりますが、現実問題として手間がかかりながら回収見込みが薄いことをクレジットカード会社が好まないために摘発されていないだけです。

キャッシュバック方式ならば合法

所有権移転問題を回避するために後から考案されたクレジットカード現金化方法として、キャッシュバック方式と呼ばれる現金化手法があります。商品売買契約に伴い購入した商品は、後日自宅へ届くので受け取り後商品代金を完済するまで自宅で大切に保管しておけば間違いありません。あくまでも保管しておくだけで良いことから、完済後に処分してしまっても構わないわけです。キャッシュバック方式では、商品売買契約が有効に成立したことを前提として、もれなく現金キャッシュバック特典を受けることが出来るという方法です。指定商品購入を行えば誰でももれなく現金キャッシュバックを受けられるという点から、景品表示法で定められたもれなく型の例外として10%を超える現金キャッシュバックを行っても合法となるわけです。商品買取方式を採用している現金化業者からの攻撃対象となっていて、過去に摘発を受けたことがあるのはキャッシュバック方式と宣伝されていますが、実際にはもれなく型に該当しない不正な取引を行った現金化業者でした。利用者には影響無いことから、キャッシュバック方式を正しく適用している現金化業者を使えば合法的な取引が可能です。

デジタルギフト券買取方式は売買する商品次第

デジタルギフト券買取方式は、デジタルギフト券を発行している事業者と買取業者が全く無関係の別法人という点に特徴があります。デジタルギフト券を発行する際にクレジットカード決済を行うので、デジタルギフト券にプレゼント目的での利用が想定されているamazonギフト券といったタイプならば、買取依頼に出しても他人物売買が違法とはなりません。なぜなら、デジタルギフト券そのものが現金に直接交換出来ない性質を持っているので、プレゼント目的であってもクレジットカード会社が購入を認めている時点で合法となるからです。

代理購入方式はグレーゾーン

商品買取方式の抜け道として新たに考案されている方法は、商品を代理購入するという方式です。法人間取引を経験している人ならば分かるように、仕入れた商品を第三者へ転売して利益を出す商取引は法人ビジネスの世界ではごく当たり前の取引となります。買取先の会社が欲しいと考えている商品をクレジットカード利用者が代理購入して買取先の会社へ直接納品するという方法ならば、買取先の会社は単に仕入れを行ったに過ぎません。あくまでも商品を発注して納品するのは、クレジットカード利用者であって現金化業者はあくまでも買取先の会社であって、仕入れたい商品に関してクレジットカード利用者へ相談したに過ぎません。

闇金との違いはあるのか

クレジットカード現金化業者についての知恵袋質問では、必ずといって良いほどある闇金との違いに関する内容は、未知の業種に対する警戒心から質問が寄せられてしまうものと考えられます。闇金とは異なり原則として商品売買契約に基づく商取引となるので、買取方式やキャッシュバック方式といった現金化する手法に違いはあるものの、購入した商品から現金を生み出すという点に変わりありません。現金化を行った後の返済は、正規のショッピング規定に基づく金利設定が適用されるので、闇金のような法外な利息が請求されることがあり得ないわけです。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が存在し、キャッシング枠よりも遥かに低金利設定がされているショッピング枠を使って商品購入に基づき現金調達を行う方法です。一方、クレジットカード現金化業者の中には、優良店だけでなく一部闇金が運営している悪質業者が紛れていることは確かです。しかし、悪質現金化業者を見極める方法は存在するので、納得出来ない現金化取引を行わなければある程度回避出来ます。

助さん
助さん
知恵袋では安全性に関する問い合わせが何年にも渡り繰り返し行われているようですが、明確な回答がされていないからこそ様々な答えが溢れているようですね。
格さんが調べたように、クレジットカード現金化業者の良し悪しを見極められるよう取引内容をしっかり見極めることが重要じゃよ。
黄門様
黄門様

クレジットカード現金化業者との取引方法に関する質問

ご隠居、クレジットカード現金化業者を利用したことが無い初心者向けの質問が知恵袋に集中していることが分かりました。今後の参考になるよう、具体例を挙げて解説してみます。

助さん
助さん
後で報告書一部もらえないかな?
格さん、助さんにも分かる程度に易しく解説してみなさい。
黄門様
黄門様

換金率の相場はどれくらいが妥当なのか

クレジットカード現金化業者の公式サイトを確認すると、最大95%~98%という換金率が提示されていることが珍しくありません。実際に問い合わせしてみた時に、換金率が70%~80%と言われたら騙されたと考えて優良現金化業者を逃してしまう可能性があると知っておかなければなりません。では、クレジットカード現金化業者の換金率が、75%~85%という範囲内が適切な相場だと知っている人がどれくらいいるでしょうか。

クレジットカード現金化業者の換金率は消費税と手数料が含まれている

クレジットカード現金化業者との取引では、商品売買契約が基本契約となるので、必ず消費税相当額の10%が控除されることを知っていれば、90%以上の換金率があり得ないと冷静に考えれば誰にでも分かります。クレジットカード現金化業者はボランティアで営業しているわけではなく、営利目的で営業しているために少なくとも2%~5%程度の手数料の中から人件費や事務所費だけでなく利益も出しているわけです。加えてクレジットカード決済手数料として3%~8%程度クレジットカード会社に徴収されていて現金化業者の手元には届かないわけですから、少なくとも現金化出来ない控除額は、次のような費用を引いた金額となります。

・消費税10%
・現金化業者の手数料と経費2%~5%
・クレジットカード決済手数料3%~8%

上記3種類の控除対象を引いた結果として、75%~85%程度というクレジットカード現金化業者を使う際の換金率相場が分かるわけです。最も大きな変動要因は、クレジットカード決済手数料であって、加盟店とクレジットカード会社との力関係で決まることから、手持ちのクレジットカードを全て提示した上で換金率にどれくらい差があるのか確認しておくことが望ましいです。

購入する商品として具体的にどのようなものがあてはまるのか

クレジットカード現金化業者が直接販売するとは限らず、買取方式では現金化業者が指定した商品を自分で購入して買取依頼に出すことがあります。取引方法により様々な商品が売買対象となるので、次のような例を参考にしておくと分かりやすいです。

①商品買取方式の場合

ブランド品・家電製品・紙ベースで発行されるチケットが一般的であって、換金希望額に応じてクレジットカード現金化業者が指定した商品を購入します。現金化業者から直接購入して即買取依頼する場合には、商品そのものを手にするわけでは無いため、金額あわせという意味合いが強くなる点に注意が必要です。クレジットカード決済を行った結果として、後日クレジットカード会社から取引内容に対して問い合わせが来た時に、購入した商品について答えられなければ現金化を疑われたままとなりかねません。

②キャッシュバック方式の場合

商品購入特典として自宅で後日受け取ることになるため、なるべく嵩張らない商品ほど保管に適しています。人により価値が異なるパワーストーンや美術品が一般的ですが、宗教色が入った商品なら価格が高くても不思議ではありません。当人同士のみで価値があるノウハウといった情報商材自体を購入商品とすれば、保管に苦労しません。

③デジタルギフト券買取方式の場合

デジタルギフト券の中でもamazonギフト券Eメールタイプが最も手軽に売買可能なデジタルギフト券です。最初からプレゼント目的での購入が出来るため、普段からamazonギフト券を自分で購入している人ほど不審に思われません。

④代理購入の場合

特定の会社で備品や設備として使用する20万円未満の商品購入を代理で行うことになるので、コピー用紙や事務用品といった地味な製品が多いです。また、転売可能な商品を購入することがあるので、何を購入して納品するのか記録に残しておくことが望ましいです。

クレジットカード決済をしてから現金振込されるまでの時間はどれくらい

クレジットカード決済を行ってから現金化業者の振り込みが完了するまでの時間は、鑑定の要否により大きく異なります。一般的に買取方式ほど現物商品の鑑定や査定が必要となるので、振込処理が行われるまでの時間が掛かるため、数時間から1週間程度とバラバラです。一方、キャッシュバック方式が最も早く、クレジットカード決済を行った事実をクレジットカード現金化業者が把握した時点で現金振込処理を行えるので、最短10分程度で現金振込手続きが完了することも珍しくありません。また、代理購入については査定に現物商品が必要となるので、数日程度現金化に時間を要することが分かっています。スピード重視ならば、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者を選択すると即日現金化しやすいです。

クレジットカード現金化をしたらカードが利用停止となったことに関する質問

クレジットカード現金化業者を利用する上で、現金化を行った事実がクレジットカード会社にバレた結果としてクレジットカード利用停止となったと不安に思う人からの問い合わせが知恵袋に多数寄せられています。では、クレジットカードが利用停止となってしまうのはなぜでしょうか。

どうしてクレジットカード会社に現金化したことがバレてしまうのか

クレジットカード決済を行った全ての履歴は、各クレジットカード会社が独自に蓄積しているノウハウにより、特定の取引を集中的に監視出来るようシステム化されています。新幹線回数券をクレジットカード決済にて購入して金券ショップへ持ち込み自力で現金化する方法が広く知れ渡っていので、当然クレジットカード会社も新幹線回数券購入については厳しい監視を行っている状況です。クレジットカード会社は不正なクレジットカード使用に対して常時監視システムによるチェックを行い、引っ掛かった取引内容を熟練したチェック担当者による目視確認へと回しています。主に引っ掛かりやすいパターンは、以下のようになります。

・特定監視対象となる新幹線回数券などの取引履歴
・1家に1台あれば十分な特定商品を複数回購入した履歴
・不正取引の疑いがある取引履歴
・同一金額の商品を頻繁に購入した履歴
・長い間未使用なクレジットカードが突然利用限度額いっぱいまで使われた取引履歴
上記の全ての取引について、直ちに不正取引やクレジットカード現金化と判定しないまでも、一旦クレジットカードを利用停止として本人へ電話連絡することが珍しくありません。

クレジットカードが利用停止となっても現金化業者に処分が下されないのはなぜ?

クレジットカードの利用停止は、本来ならクレジットカードの不正利用を防止するために行われるものです。家電量販店にてまとめ買いを行う際に、クレジットカード会社へ電話連絡が必要と判断されることが珍しくありません。一時的に不正取引や不自然な利用が確認された場合には、クレジットカード承認番号を出すことを一旦保留して本人に電話連絡がつくまでは一時的にクレジットカードが利用停止となることがあります。本人が電話連絡に出た上で、取引内容に疑義が認められなければ一時利用停止は解除されるので、やましいことが無ければ気にする必要は無いわけです。クレジットカード現金化を行った事実があるために、電話連絡時に不自然な回答をしてしまうと、クレジットカード現金化を行ったと判定されてしまうわけです。しかし、クレジットカード現金化業者はあくまでもクレジットカード加盟店として参加しているとは限らず、中には古物商としてしか参加していないことがあります。クレジットカード現金化業者に対しては、クレジットカード会社はリスクが高い取引先としてカード決済手数料を引き上げるといった策を講じることにより、実質的な取引停止を行うために目立った処分は行われないわけです。

クレジットカード現金化を利用して強制退会となったらどうなるのか

クレジットカード現金化業者を利用した結果として、クレジットカードが利用停止となり現金化を行った事実を完全にクレジットカード会社に掴まれてしまうと、強制退会処分となってしまいます。クレジットカード会社から強制解約を行われてしまうと、個人信用情報機関を通して信用情報履歴に強制解約が行われた事実が記録されてしまうので、残念ながら途上与信が行われたクレジットカードから利用停止措置または次回更新時にクレジットカードが更新拒否されてしまうことが珍しくありません。クレジットカード現金化業者として、安全性が高いキャッシュバック方式を採用していて、3年以上の営業実績がある老舗クレジットカード現金化業者を利用していれば避けられることです。

クレジットカード現金化についての知恵袋は基礎知識があれば正しい情報の見分けがつく

クレジットカード現金化に関する知恵袋は、クレジットカード現金化業者間の争いの場となっていることがあり、必ずしも正確な回答が寄せられているとは限りません。そこで、クレジットカード現金化業者を利用する上で必要な基礎知識を身につけた上で改めて知恵袋の回答を確認すれば、正しい情報かどうかの見極めが出来るようになります。