アマゾンギフト券買取情報

amazonギフト券の現金化がバレたらどうなる?ペナルティや買取の発覚を防ぐ方法を解説!

amazonギフト券の現金化がバレたらどうなる?ペナルティや買取の発覚を防ぐ方法を解説!

amazonギフト券の現金化は、買取する過程で利用者にとってリスクがそれほど高いない方法です。手数料を取られるだけで現金を手元に用意できるため、コロナによる急激な資金繰りの悪化や支払いの現金不足を補うために利用されるケースも少なくありません。一見、便利なamazonギフト券の現金化。しかし、現金化がバレた場合には、クレジットカードやAmazonアカウントなどに措置やペナルティが発生し、困ることが起こるのも事実です。今回は、amazonギフト券の現金化がバレたことで起こる問題や各社の措置・ペナルティについて取り上げ、怪しまれない買取業者利用の仕方について紹介します。

助さん
助さん
ご隠居、amazonギフト券の業者買取をしたのですが、私の使っている決済用クレジットカードは規約で現金化禁止とされています。ルール違反で罰則を課せられないか心配です。バレたらどうなりますか?
黄門様
黄門様
amazonギフト券の現金化は確かに助さんのいうように規約で可否が決められておるのう。バレたら会社がそれぞれ定めている罰則を受けることになるのじゃ。詳しいことはお銀に聞きなさい。
ご隠居に代わり、ここからはグレーゾーンな扱いについて、amazonギフト券の現金化が発覚した際の措置・ペナルティやばれないための対策について解説させて頂きます。
お銀
お銀

amazonギフト券の現金化・買取とは?

amazonギフト券は買取業者やオークション等で売買することで現金化することができます。2021年に入り、買取業者の買取率はおよそ8割程度から7割後半が通常還元率となるなど大手の買取業者でも大幅な下落が続いています。主な原因は、amazonギフト券の市場飽和による価値の低下です。それに加えて、買取業者の乱立や消費税増税などここ数年で買取条件が悪化し還元率が下がってきたのも影響としてあらわれています。

助さん
助さん
カード会社の定める現金化とはそもそも何でしょうか?買取とは違うのですか?
買取業者の場合、amazonギフト券の現金化であると同時に買取りに出す行為でもあるため、現金化と買取はほぼ同じ意味で使われます。amazonギフト券の現金化は、一般的に業者に買取を依頼するものです。つまり、amazonギフト券の現金化をすることは業者買取によって現金を入手することを意味します。
お銀
お銀
助さん
助さん
なるほど。では、現金化がバレたら困るのですが、そもそもどういった経緯でカード会社にバレるのですか?
主に、amazonギフト券を公式サイトで購入する際に発覚します。怪しい利用があると、その用途を電話で確認して、措置の判断が下されるという寸法です。そのためには、バレないamazonギフト券の購入をして、前提となるカード会社にバレる仕組みを理解しておくことが重要でしょう。
お銀
お銀

amazonギフト券の現金化・買取でバレる時点と流れ

amazonギフト券は買取業者を通じて現金化・買取します。基本的な流れとしては、利用者がまずamazonギフト券を公式サイトのAmazonや他の提携ギフト通販などからクレジットカード決済によって購入します。通常、買取で使えるEメールタイプを購入する支払い方法にはコンビニや現金を指定することはできず、また、銀行やネットバンク支払い、後払いなどもできません。そのため、amazonギフト券を入手する場合には、支払い方法がクレジットカード一択となるのです。クレジットカードとして扱われるものには、通常の国際ブランドカードの種類とそれに類するデビットカード、プリペイドカードなどが含まれます。

次に、購入したギフト券は、金額分が記録されたギフトコード(英数字の羅列)がEメールに記載されています。ギフト券が入手できたら、買取業者に依頼して本人確認などを行い、ギフトコードを送信するのです。amazonギフト券(ギフトコード)を確認した買取業者は、指定の口座に現金(手数料を引いた金額)を振り込みます。ところで、カード会社に現金化・買取を怪しまれるのは、クレジットカード決済でamazonギフト券の時点です。Amazonからは現金化した後に他者に渡って違反が発覚した際です。

停止や解約の措置を受ける

後ほど詳しく説明するように、amazonギフト券の現金化・買取がバレると停止やアカウントの退会・抹消、カード会社ではクレジットカードの停止や解約などが行われることがあります。もともとAmazonやカード会社のクレジットカードによるギフトカード発行というのは、公的な行政サービスや金融サービスではなく、個人が自由にサービスを利用できるものです。そのため、会社側が不適当と判断すれば顧客は利用できなくなることを利用規約などで定めています。特にアカウントの強制退会やカード会員の強制解約は、相当厳しい処置です。

助さん
助さん
現金化がバレると必ず措置・ペナルティを受けるのですか?
現金化をしたら即座にそのような厳しい措置を受けるのではなく、場合によってそのような可能性があるという程度にすぎないものですが、それよりも緩やかな措置やペナルティであれば発覚時に受けることが十分にあり得るのです。もちろん、発覚しなければ受けることは一切ありません。特に現金化に対してシビアになっている現状では、Amazonやカード会社はより厳しい対応へと進んでいきますし、実際に厳しい対処が行われることも稀にあります。
お銀
お銀

amazonギフト券の取り扱いはグレーゾーン

助さん
助さん
amazonギフト券の現金化って規約違反は聞いたことがありますが、法律違反としては聞いたことがありません。なぜなのでしょうか?
それはamazonギフト券の取り扱いがグレーゾーンだからです。金融庁は現金化を利用しないようにamazonギフト券の買取が適切ではない方針を取り警告を出していますが、あくまでも消費者が自主的に使わないようにするというものです。法的にはamazonギフト券の買取業者利用による現金化を規制する法律はなく、金券類などの中古売買の微妙な立ち位置として扱われるので、現在は現金化それ自体がグレーゾーンでしょう。
お銀
お銀

amazonギフト券の現金化は違法ではない?

amazonギフト券は、買取による現金化が広く普及しており、実際のところ通常の範囲で買取した利用者が逮捕されたことは過去に一度もありません。政府が発行する通貨や企業が発行する株式や社債などとは異なり、ギフトカードを直接的に縛る法律がないためです。確かに資金決済法の「前払式支払手段」には商品券やギフトカードの取り決めがあり、発行や払い戻しについての規定が存在します。しかし、それはギフトカードを発行する会社に対する決まりで、その後の買取や現金化まで規定が及ぶものではありません。Amazonやカード会社が停止や退会、解約のような措置を利用前に提示するのは、あくまでもローカルルールというわけです。

amazonギフト券の現金化における位置付け

amazonギフト券の現金化というのは、購入から買取業者に換金してもらう一連の行為であることは既に述べました。現金化の位置づけとしては、購入時にクレジットカードを使用してamazonギフト券を買うことから始まるため、自前で現金化を完結させる場合に限っては、クレジットカード現金化とamazonギフト券の現金化は類似しているのです。

ただし、amazonギフト券の入手は、自分で購入する以外に他者から送られることもあるため、クレジットカードの決済が絶対というわけではありません。つまり、amazonギフト券の現金化では、ローカルルールである規約や約款が適用されるとき、前者はAmazonとカード会社の両方、後者は転売の違反だけなのでAmazonだけから、バレた際に措置やペナルティの対象となるわけです。

助さん
助さん
オークションや売買取引サイトで格安購入したamazonギフト券は買取に持ち込んで現金化してもよいのでしょうか?
もちろんそれがOKとしている業者は買取できますが、リスクもあります。普通に業者買取を利用するのとは違い、オークションを介して売買するケースでは、トラブルが生じるケースもあります。それは、オークションで安くamazonギフト券を購入して買取をする際に、渡したギフトコードがAmazonに凍結されて、現金を買取業者から騙し取った形になることです。買取業者の中には簡単な利用可否のチェックのみで買取を済ませてしまうことがあり、後から使えないamazonギフト券だったことから返金を求められます。このようなトラブルに巻き込まれるのは、公式サイトではなくオークションや個人間取引でamazonギフト券を入手するためでしょう。
お銀
お銀

クレジットカード現金化のような本業での逮捕がない

amazonギフト券の現金化をする買取業者がこれまで逮捕されていない理由は、クレジットカードを使ってamazonギフト券を購入するのは利用者で、その購入物であるamazonギフト券を換金するのが買取業者という明確な線引があるためです。中古買取りには通常、「古物商許可」という資格を買取業者が取得する必要があります。その物品の中に含まれるのが「金券類」です。amazonギフト券はオークションや転売において金券類のカテゴリで取り扱われていることは有名です。

amazonギフト券の現金化がバレたときの措置・ペナルティ

助さん
助さん
amazonギフト券の現金化がバレたときの具体的な措置やペナルティには何があるのですか?また、何に気をつけるべきでしょうか?
まず措置を講じるのはAmazonやカード会社、携帯会社の3つです。その中で警戒すべきはやはりカード会社の措置です。Amazonに対しては普通に買取業者を利用した売買は発覚しづらく、むしろカード会社による決済先の現金化として発覚することが多いのです。具体的な措置・ペナルティの内容については、アカウントの停止や退会、カードの停止や強制解約、携帯契約の解約などが挙げられるでしょう。
お銀
お銀

amazonアカウントの凍結・強制退会

amazonギフト券の現金化は、法的効力がなくてもAmazonサイト内には力が及び、強力な措置が取られます。その際に行われるのがギフト券の凍結やアカウントの停止、強制退会などです。Amazonによる措置の中でも強制退会は最終手段であり伝家の宝刀のため、返品キャンセルを悪質なほど繰り返さなければまず行われません。犯罪に関わるamazonギフト券の使い方がされないケースでは、強制退会までされることはないでしょう。

一方でアカウントの一時停止やギフト券の凍結などは十分にあり得ます。具体的には、「アカウントページにログインできなくなる」、「ギフト残高が使用できなくなる」、「注文した商品がすべてキャンセル扱いになる」などです。実質的に、マイページからの買い物や新規のamazonギフト券購入ができなくなることを意味します。

クレジットカードが使えなくなる

amazonギフト券の現金化がカード会社にバレた場合、クレジットカードを使用できなくする措置を取られることがあります。措置にはいくつかの段階があり、最終的な措置には強制解約やクレジットカードの利用停止があります。強制解約がかなり厳しい措置とされる理由は、事故情報として信用情報に載り、新しくカード申込やローン審査が難しくなるためです。

通常の延滞やカードの新規発行による記録とは違い、その人の履歴に信用に関する問題があることを示します。強制解約は、カードが使えなくなるという問題以外にも、これまで現金化で使用した分を含めて、一括で料金を請求されるというペナルティが課されます。すべてのカード会社ではありませんが、このように規約で対応を決めているところもあるのです。加えて、同じ会社のクレジットカードの発行ができません。

助さん
助さん
強制解約は厳しい措置のようですが、利用停止はどのような背景があって起こるのでしょうか?
怪しい使用履歴があった場合に、カード会社の社員が電話で本人確認や利用確認を行い、事実が発覚すれば利用を停止する形です。カード会社はあくまでも社内基準や規約に則って措置を決めるため、amazonギフト券を購入したら即座に停止するというわけではないのです。ちなみに、カード会社の中には、現金化を禁止していないところや別の方法で現金化を後押ししているところもあるなど、一概に現金化だからダメという話でもないのです。
お銀
お銀

携帯電話の停止・解約

現金化のためにamazonギフト券を購入する際に以前は携帯決済が使われることもありました。現在でも携帯決済の購入ルートはいくつか存在するため、携帯料金に上乗せする形でギフト券を購入して換金するケースは珍しくありません。しかし、携帯電話は1~2ヶ月滞納するだけで通話が停止され、支払いがされなければそのまま契約の解約もあり得るシビアな支払い方法です。

たとえamazonギフト券の現金化に購入したとしてもきちんと携帯の代金を支払っていれば使い続けることができます。そして何より、適正な利用の範囲となりやすいキャリア決済では、クレジットカードのように用途を問われることがないのです。もちろん、現金化に利用していたことがバレたときは強制解約もあり得るので注意が必要でしょう。

バレたくない人は必見!措置・ペナルティを受けないためにできること

助さん
助さん
措置・ペナルティを受けないためには、どうすればよいでしょうか?
上で取り上げた措置を回避するためには、とにかくバレないことが重要です。amazonギフト券の現金化をしていてもそれが会社に知られることがなければペナルティを受けることもありません。
お銀
お銀

クレジットカードで大きな金額を決済しない

まず、現金化としてカード会社に認知や警戒されやすい行為として、換金性の高い高額な商品をクレジットカードで決済することにあります。つまり、大きな金額をAmazonで決済しているとamazonギフト券による現金化を疑われるのです。もちろん、クレジットカードの使用履歴というのは、Amazonで利用した場合に「Amazon.co.jp」と金額が伝わるだけで具体的な商品名は明細に表示されません。

カード会社にとっては、Amazonでどの商品を購入したかはわからず、バレたくない人は何より購入金額に気をつけるのが最重要です。amazonギフト券を購入する際は5,000円や1万円などのように少額をいくつか購入して金額を調整し、できるだけ3万円や5万円を超えないように1回の購入額を減らすのが対策としては有効です。月に1~2回程度であれば10万円単位でも十分に通常利用として通るでしょう。

頻繁に現金化の用途で使わない

amazonギフト券の現金化にハマり、購入と換金を繰り返している人もいます。すると数ヶ月の間に何度もAmazonで高額な決済を繰り返し、現金化が発覚します。期間が短かいほど不自然で、同じAmazon通販で決済するほど不審に思われる原因となるのです。特に、新規クレジットカードで高額決済を何度も繰り返すようなことをするとカード会社からマークされます。不審な決済が続くと利用者に確認するかを判断するために、履歴のチェックがされるのです。

助さん
助さん
履歴の監視は社員が目視で確認しているのでしょうか?
以前はそうですが、最近は目視に加えてAIやツールを利用した自動監視システムなどを導入する会社も増えていて、現金化に特徴的な利用が観測されるとチェックが厳しくなるのです。現金化をするなどして履歴の中身を知られたくない人は、現金化を疑われないように高額な決済の頻度を抑えさえることが大事でしょう。
お銀
お銀

延滞や不払いをしない

amazonギフト券の購入にクレジットカードを使用する以上、カード会社に疑いをかけられないことが重要事項です。それが支払いの延滞や不払いです。特に、カード会社が顧客に現金化をされると困る理由の一つは、クレジットカードの請求代金が支払われずに手数料の回収効率が下がることにあります。現金化する行為そのものがすでに個人の支払いキャパシティをオーバーしていることを示しており、カード会社からすればリスクでしかありません。ショッピング枠はキャッシング枠よりも大きな金額で使えるようになっているため、ショッピング枠での現金化を認めたくないというのがカード会社の本音です。現金化をする際は、カード会社に怪しまれない程度に毎月の支払いをしっかりと行い、必要なら後でまとめて手続きしてリボ払いや分割に変更してでも支払い可能な範囲に金額を抑えます。

助さん
助さん
アカウントとクレジットカードの名義を統一すると対策になると聞いたのですが、本当でしょうか?
いいえ、そのような事実はないですね。ネット情報の中にはアカウントとクレジットカードの名義を統一する方法がバレないために有効という流言が流れており、名義が異なると通販会社がカード会社に情報提供として現金化がバレるリスクが高まるというweb記事などによる記述が存在します。しかし、カード会社や通販会社は他社にアカウントやカードの所有者情報を勝手に提供することはなく、名義が異なるかどうかによって現金化がバレることはありません。そして何より、カード決済はたとえ通販のクレジットカードを登録している業者であっても勝手に取引の内容を覗くことができない決済システムが採用されています。名義が同じでないと使えない通販サイトならいざしらず、Amazonでの購入でそのリスクが高まるという根拠は一切ありません。あくまでも、名義が異なることで怪しまれるのは、現金化ではなく、犯罪性のある行為が対象です。
お銀
お銀

amazonギフト券の現金化をバレたくない人にできること

amazonギフト券の現金化は違法ではないが、Amazonや一部カード会社の規則で禁止されています。それでも現金化のために買取をしてもらう際は、バレないように行います。しかし、バレたら違反措置やペナルティがあるため、自己責任において行うのが原則です。そのうえで、現金化のための業者買取をバレないようにするための具体的な方策には、amazonギフト券の購入時にクレジットカード決済で繰り返し高額利用をしないことが重要です。また、現金化がバレたという話の中にはデマや憶測によるいい加減な情報が出回っていることもあり、正確な情報を見極めることも大切です。以上に注意して、amazonギフト券の現金化の方法を検討しましょう。