アマゾンギフト券買取情報

amazonギフト券の商品券タイプは買取に使える?現金化に適しているギフトタイプを解説!

amazonギフト券の商品券タイプは買取に使える?現金化に適しているギフトタイプを解説!

amazonギフト券には、カードタイプ、Eメールタイプ、チャージタイプなどさまざまな券種のタイプがあります。中でも封筒が付いて贈り物に適し、現金化の買取にも使えるのが商品券タイプです。では、商品券タイプを購入した後、どのように買取業者に依頼すれば上手く現金化できるのでしょうか。

助さん
助さん
ご隠居、商品券タイプというamazonギフト券を入手したのですが、カードタイプと間違えて購入してしまいました。商品券タイプは現金化できるのでしょうか?
黄門様
黄門様
それは困ったのう。amazonギフト券は金券ショップで買取しておらぬから、ネット専門の買取業者を使うのが良いじゃろう。
商品券タイプの特徴や買取については私から詳しく説明させて頂きます。
お銀
お銀

amazonギフト券の商品券タイプの特徴・使い方や現金化について

amazonギフト券の商品券タイプは、公式通販Amazonで使えるたくさんあるタイプの中の1つに数えられます。利用者が購入し、受け取ったギフト券はアカウントにギフト残高を登録して使い、通販で自由に買い物を楽しめるのです。

助さん
助さん
商品券タイプは相手に直接手渡して、残高を登録できるのですか?
その通りです。相手にAmazonで使えるギフトを贈りたい、ギフト気分で自分に使いたいというときに便利です。
お銀
お銀
助さん
助さん
具体的にはどのようなデザインがあるのでしょう?私が購入してしまったのはオレンジの普通の紙券です。
商品券タイプのデザインには「オレンジ」の他に「ブルー」、「ブルー 熨斗紙付」、「ブルー・結びきり熨斗」、「ブルー・黒白結びきり熨斗」の5種類があり、後ろの3つは縦19cmの贈答品に使われる熨斗紙(のしがみ)が付いてきます。
お銀
お銀
助さん
助さん
デザインには、そんな違いもあったのですね。

商品券タイプの金額

商品券タイプの額面は「500円」・「1,000円」・「5,000円」・「10,000円」・「50,000円」が選択できます。「その他」(最低500円以上)では自由に金額を入力することが可能です。ただし、封筒の中に用意された紙のギフト券本体には金額が記載されていません。額面を確認するには、「シリアル番号」の下4桁で金額をチェックする必要があります。

商品券タイプの枚数

5(枚)や10(枚)のように購入時の数量(個数)を設定することで、その数だけ封筒に入って届きます。一方で、1回の注文に25・30・50枚までの制限がそれぞれあるため、それ以上の枚数を用意したい際には複数の注文に分けて購入する必要があります。例えば、「オレンジ」と「ブルー」は50枚まで、「ブルー 熨斗紙付」は25枚まで、「ブルー・結びきり熨斗」と「ブルー・黒白結びきり熨斗」は30枚までの設定です。

商品券タイプを買える場所

商品券タイプの購入には、公式通販のAmazonで購入します。以前は別サイトの通販でも販売されていましたが、最近では公式一択というのが商品券タイプの買い方です。基本的に公式通販Amazon以外での購入は推奨されておらず、それ以外での購入はギフト券の凍結やアカウントの停止にもなるため、必ず公式販売で入手することです。特に販売サイトなどを利用した場合にはリスクがあるので注意しましょう。

助さん
助さん
買える場所は公式通販だけですか?
amazonギフト券の購入場所は、カードタイプのようにコンビニの店頭でも売られているケースや、逆にインターネットでしか買えないEメールタイプなど多岐にわたります。そして、商品券タイプは、基本的に小売の店頭では売ってないので、公式通販Amazonのギフト券販売ページにてインターネットから注文をする必要があります。一部、ローソンやファミリーマートの実店舗でも販売しているため、買える場所はコンビニかAmazon公式通販のいずれかです。
お銀
お銀

商品券タイプの購入手順

商品券タイプを購入するには、まず公式通販Amazonのホームページにアクセスします。トップページから「ギフト券」カテゴリに進んで、配送タイプ一覧から「商品券タイプ」の広告をクリックします。すると金額や種類ごとの商品が表示されるため、1つを選択します。基本の金額は5000円ですが、500円や1,000円、1万円の商品も単品一覧に掲載されているのです。

通常は目的の金額やデザインの商品を選択しますが、アクセスした商品個別ページ先で額面やデザインは選択し直せるので、目的の商品がなくてもとにかく商品を選んで進みます。そして、上記で説明した金額やデザインを選び、個数を選択して「カートに入れる」か「今すぐ買う」のボタンを押すのです。その後、注文を進めてアカウントの支払い・決済するページに進みます。最終的に、発送条件や支払方法の選択から注文を確定すると自宅や贈る相手先に届く仕組みです。

買取の可否

商品券タイプなどの公式販売されているamazonギフト券は現金化に利用できます。世界的にAmazonを利用するユーザーがいることでギフト券の市場価値が保たれ、売買の対象となっているのです。特にEメールタイプでの買取が大手から小規模業者までネットには溢れています。問題は商品券タイプの買取についてですが、買取業者が商品券タイプを含めてOKと指定していたり、商品券タイプを買取不可としていない限り、買取ができます。

助さん
助さん
他のタイプのamazonギフト券と同じように買取してくれるのでしょうか?
違いは後ほど説明するように、基本はギフトコードをそもまま打ち込んで、買取業者に伝えるEメールタイプと同じ方法です。現金化の場合、買取以外にもオークションや個人間売買などがあり、業者買取に限定する必要はありません。しかし、安全な方法でどうしても即日現金化したいというケースでは、業者買取が有効です。
お銀
お銀

商品券タイプと他のタイプとの購入・買取方法の比較

助さん
助さん
カードタイプやEメールタイプって、そもそも商品券タイプと何が違うのでしょうか?
それについては、例えば販売場所や買取時の可否、支払い方法などに若干の違いがあります。特にEメールタイプが現金化されやすく、反対にカードタイプは買取業者から警戒されています。商品券タイプはその中間に位置するギフトタイプです。
お銀
お銀

カードタイプと商品券タイプの違い

amazonギフト券の中で、カードタイプは唯一さまざまなお店に置いているタイプです。商品券タイプに比べて、コンビニの一部に限定されているということはなく、カードタイプのほうがリアル店舗での購入先の選択肢が広いという点でメリットです。カードタイプより取扱店が少ないボックスタイプには、コンビニ以外の取扱店がいくつかあり、イオンやドン・キホーテ、イトーヨーカドー等が挙げられます。商品券タイプはローソンやファミリーマートと取扱店が一部に限られるので、近くに店舗がない場合や近場のコンビニで商品券タイプの取り扱いがそもそもないときもあるため、原則としてインターネットを使ったオンライン注文です。

買取時は、カードタイプを禁止する買取業者がいくつかある中で、商品券タイプを禁止するケースはあまりないのです。その点、カードタイプより買取に使いやすいという利点があります。リアル店舗では買えないという欠点に対し、カードタイプより買取はしやすいという利点を活かせるのです。両者の買取で似ている点として、券本体からギフトコードの英数字を打ち込んでインターネットを介してギフト券を買取りに出すことです。以上は、直接的にメール送信でギフトコードが発行されない商品券タイプの特徴として知られるでしょう。

Eメールタイプと商品券タイプの違い

Eメールタイプとは、amazonギフト券をEメールや携帯(テキストメッセージ)にギフトコードを発行して送信するギフトタイプのことです。買取に一番使われているタイプとして有名です。買取業者からは手軽で信頼度の高いものとして買取に積極的に利用されています。Eメールタイプでは購入後、数分でギフトコードがメールボックスに到着するため、即日現金化などをする際に購入から買取までの無駄な時間を減らすことができます。

助さん
助さん
商品券タイプは宅配なので翌日以降までかかりました。Eメールタイプは注文後すぐ相手(あるいは自分)に送られるという理解で良いのでしょうか?
確かに、何の設定もしなければ、すぐ発送されて早いです。しかし、送信時間を設定すると購入の直後に送信されるとは限りません。Eメールタイプは、送信するまでの時間をカレンダーの日付単位で指定できます。休日に購入したら次の日の平日や数日後などに送るよう調整できるなど、贈りたい日時に設定できるのです。
お銀
お銀
助さん
助さん
ところで、以前ギフトコード付きのメールを消してしまったことがあり、Eメールタイプのギフトコードを再発行することがありました。
その点も違いますね。商品券タイプのように普通郵便や宅配での配達を待つ必要がなく、メールが消えても何度でも再発行できるため、アカウントにさえログインできれば商品本体を紛失等をすることもありません。Eメールタイプには多くの利点があり、商品券タイプと比べるとギフトが形に残るということを除けば、残念ながらEメールタイプに比べて買取には向かないのです。
お銀
お銀

チャージタイプと商品券タイプの違い

チャージタイプは、自分の所有するアカウントにギフト残高をチャージするギフトタイプです。ギフト券の種類にはカウントされていますが、実質的には自分へと贈るギフトなので、正式なギフト券とは異なるのがポイントです。事実上は買取のできないamazonギフト券として知られます。支払い方法が限られる商品券タイプに比べて、制限がゆるいことが特徴です。チャージタイプではコンビニ決済や電子マネーなどの支払い方法が利用できます。

買取価値の違い

商品券タイプと他のギフトタイプでは、買取時における額面での明確な差はありません。しかし、買取業者がギフトタイプによって価値の重み付けをしていたり、アクセントを付ける意味で買取額に差を与えたりすることがあります。例えば、買取業者にとっては不正に入手したギフト券や犯罪に巻き込まれるようなギフトはなるべく買い取りたくないと考えているのが一般的です。そのためには、詐欺に悪用されるカードタイプの一部買取は価値を下げ、広く現金化に使われているEメールタイプを買取する傾向にあります。そのため、カードタイプ同様にリアルな本体の付く商品券タイプはEメールタイプに比べて買取額を低く設定しているという業者が存在するのです。

助さん
助さん
逆にEメールタイプのほうが換金率が低い業者はいないのですか?
稀にEメールタイプを買取価値を下げて買い取る業者もいます。ですが、あまり一般的ではありません。そして、買取市場で多いのはカードタイプとは関係なく、Eメールタイプも商品券タイプも同じ換金率で買い取るケースです。このように、額面によって代わるはずの価値が、同じ金額にもかかわらずギフト券のタイプによって買取額が変わることはあります。
お銀
お銀

クレジットカード現金化や他のギフト買取との違い

商品券タイプを含むamazonギフト券はAmazonが提供する独自ブランドのギフトカードです。見方によっては電子マネーやショッピングの決済手段としてみなされることもあります。amazonギフト券は現金化することによって、ギフトカードとしての価値から現金に換金することのできるものです。それを可能としているのは信用度の高い大手通販としてギフトカードの価値が維持されているためです。

また、通常の旅行券や新幹線チケットなどの金券と比べた場合、現金化できる場所が異なります。具体的には、駅前の金券ショップでは、基本的にamazonギフト券の買取はしていません。それは、実際にギフトとして実在する商品券タイプであっても同じです。しかし、普通の新幹線チケットのような金券は買取が可能です。一部では実店舗でも買取のあるところは存在しますが、残高や利用の有無を券から確認できないリスクの高さによりamazonギフト券は買取されないのです。

助さん
助さん
クレジットカード現金化と比較した場合は、どんな違いがあるのでしょう?現金化にはやはり向いていないのでしょうか?
直接、現金化業者にカード決済をするため、ギフト券の購入から買取にかかる時間が短いという点が大きく違います。クレジットカード現金化の決済する商品は後から送られてくるのですが、業者の多くはキャッシュバック方式を採用し、後から商品が届きます。現金化後に荷物が届くイメージです。逆に、商品券タイプの買取ではまずamazonギフト券の商品券タイプの到着を待つ必要があるのです。これらの時間から、現金化の方法として即時現金化には向いていないのです。もちろん、すでにギフト券を有している場合は時間と関係なく素早い現金化買取ができます。
お銀
お銀
助さん
助さん
私はすでに商品券タイプを所持しているのですが、その場合、ギフト買取と比べてどうですか?
商品券タイプのほうが安心ではあります。クレジットカード現金化は、個人情報だけでなくカード情報が業者に流出することが一部にはあり、決済サイトの質によってはカード決済なども不安なセキュリティの中で行わなくてはならないでしょう。そのため、商品券タイプなどのamazonギフト券買取のほうが現金化には向いています。
お銀
お銀

商品券タイプのamazonギフト券を買取に使うメリット

助さん
助さん
商品券タイプをamazonギフト券買取に利用するメリットはありますか?
商品券タイプは先程あげたEメールタイプに比べて、あまり多くのメリットはありません。しかし、amazonギフト券であることには変わりないため、amazonギフト券買取に特有のメリットがいくつかあります。
お銀
お銀

現金化目的で小分け購入しやすい

現金化では買取業者に金券を持ち込んで、それを換金率にあわせて現金を作れる方法として知られています。amazonギフト券の商品券タイプは、現金化のために買取に使うことのできる金券です。個数を設定することで同じ金額のamazonギフト券を複数購入することができます。インターネットでの買取以外にもリアル店舗での買取などにも使えるため、細かい金額の調整からまとまった額面の現金化に使えます。

加えて、買取時のギフトコードの使い方はカードタイプやEメールタイプと同じでギフトコードをフォームやメールに打ち込むだけです。ギフトを直接送る必要がないため、実物のある商品券タイプも買取手順に大きな差がないのは大きなメリットでしょう。

Eメールタイプの二重発行ミスがない

商品券タイプでは券本体を紛失することがあります。その反面、Eメールタイプのように気軽に再発行して二重のギフトコードが存在するという状態が生まれにくいのです。そして、コードが記載されたメールをうっかり消すことがないでしょう。Eメールタイプの場合、メールボックスの迷惑メール対策や送信のタイムラグにより、もう一度、再送状態にするというケースがあるのです。しかし、最初に送ったギフトコードは使えなくなるため、再送したほうを間違えないように認識しておくことが必要になります。それ自体が買取時のミスに繋がりやすいのです。

助さん
助さん
間違って買取業者に最初のギフト券を送信してしまったらどうなるのでしょう?
それは、価値のないギフトコードを業者に送って、利用者が現金を振り込んでもらったことを意味します。買取業者によっては騙されたと思われても仕方ないのです。それが現金化トラブルであることは間違いありません。その点、発送に多少の時間や手間がかかっても商品券タイプならギフトコードがポストに投函され、目で見て現在有効なギフトコード確かめられるので、メール再送などで起こりやすい二重ミスのトラブルが発生しないのです。
お銀
お銀

ウイルス・ハッキングなどで情報流出して残高を使われることがない

amazonギフト券のように便利な金券を犯罪組織が目につけて、中身を奪おうとすることがあります。それがウイルスやハッキングなどの情報技術を使った悪用です。例えば、メールボックスのアカウント情報が盗まれ、Eメールタイプのamazonギフト券を第三者が先に登録してしまった場合、本人はそれを使うことができず、中身も空っぽの状態が発生します。もしこのamazonギフト券を買取業者や個人に売るようなことがあれば、二重発行の再送トラブルと同じで、使えないギフトコードを相手に渡したことになるのです。

一方、商品券タイプはギフトコード自体がギフト券本体に記載され、ネットワークには繋いでいないスタンドアロンの状態で保存されるため、犯罪者がギフトの中身を奪うことはできなくなります。物理的にギフト券を奪うしか中身を盗む方法はありません。さらに、商品券タイプは自宅配送なので、Amazonアカウントに被害が生じてもオンラインでギフト自体が盗まれることはないのです。

現金化の上限がない

商品券タイプのamazonギフト券購入には1回の個数制限はあるものの、個人が持てるamazonギフト券の総額には制限がなく、結果として、買取業者を利用する際の現金化の額面上限がないというメリットがあります。一般的に現金化として有名なクレジットカード現金化ではクレジットカードのショッピング枠が上限となり、電子マネーではチャージ額上限がそのまま現金化の上限額です。しかし、amazonギフト券の買取ではそれらの制限が設定されていることはなく、むしろ、50万円や100万円のように金額が高くなるほど換金率が上がるもう一つのメリットが浮かび上がります。

商品券タイプのデメリット

助さん
助さん
メリットは分かりましたが、商品券タイプを使うデメリットは何かあるのでしょうか?
もちろんあります。商品券タイプのデメリットは、買取の可否を業者に確かめる必要があること。そして、Eメールタイプで述べたように、入手に時間がかかることです。
お銀
お銀

現金化できる業者とできない業者がある

amazonギフト券の現金化は買取業者を介する方法が主流のため、買取業者が対応していないと買い取れないというデメリットがあります。商品券タイプは、カードタイプやEメールタイプのようにメインとなるギフト券ではないため、買取業者に買取可否の明確な記載がないケースも多く、Q&Aなどに買取タイプの説明が載っていないときは業者に直接確認を取る必要が出てくるのです。

買取できない業者によくあるパターンが、商品券タイプの買取時にEメール以外の購入先が買取対象とならないケースです。逆にすべてのギフトタイプの名前を並べて、すべて買取可能としている業者では確認を取る必要はなく、同じ条件で買取してくれるでしょう。業者によっては、電話で入手(購入先)を聞かれることもあるので、商品券タイプをどうやって入手したものなのか説明をしなくてはいけない場合、その前に利用できるギフトタイプか事前に確認することが大切です。

買取に時間がかかる

商品券タイプは時間のかかるギフトタイプです。amazonギフト券買取には、先に購入した商品券タイプを買取にすることもあれば、クレジットカード現金化を前提としてこれから商品券タイプを購入して買取の手続きをするという利用者もいます。すでに手元に商品券タイプを用意できているという場合には問題ありません。しかし、まだ購入していない段階で現金化のために商品券タイプを購入するという場合はデメリットのほうが大きいのです。なぜなら、Eメールタイプのように数分でメールに記載されて送られるとはいかず、最初に述べたように宅配・郵便が届くまで時間がかかるのです。

買取よりギフトで便利なamazonギフト券の商品券タイプ

今回はamazonギフト券の商品券タイプについて、その特徴や種類、買取などについて解説しました。商品券タイプはスタンドアロンによる保護の観点で優れており、ギフトとしての配布など細かく金額を区分して枚数を用意できます。その一方で、Eメールタイプと違いすぐに購入後、配送までギフトコードを利用できないデメリットがあり、amazonギフト券の現金化や買取にはEメールタイプに比べて商品券タイプは向いていないのです。ただし、二重発行がないなど、商品券タイプはオンラインで起こりうる問題が生じないため、心配な人は商品券タイプを現金化の買取前に選択するのも一つの手でしょう。買取や贈呈など何に利用するのか目的を明確にしたうえで購入や利用を検討しましょう。