アマゾンギフト券買取情報

アマゾンギフト券買取で逮捕されるのか?過去の摘発事例について徹底解説!

家賃、水道光熱費、携帯電話料金といった料金の支払いに追われ、現金化を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現金化は、クレジットカードのショッピング枠などを利用して高換金率の商品を購入し、何らかの方法で売却することで実行されます。高換金率の商品としては、特にアマゾンギフト券がおすすめです。アマゾンギフト券は、買取業者によって差がありますが、90%前後という高い換金率で売却可能です。

しかし、過去に「アマゾンギフト券買取業者が検挙された」というニュースを見聞きしたことがあって、不安をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

結論から述べると、過去の事例は、詐欺師集団と専門的に取引していた換金業者が詐欺罪で検挙されたものであって、アマゾンギフト券の買取や現金化そのものは摘発理由とされていません。そのため、一般人がアマゾンギフト券を売却したことで逮捕されたり、通常のアマゾンギフト券買取業者が検挙されたりする危険性はないと考えられます。

本記事では、アマゾンギフト券買取に関連して逮捕されるリスクがあるのか気になっている方に向けて、過去に摘発された事例を分析し、一般人や通常の買取業者が逮捕される心配が無い理由について徹底解説いたします。

ご隠居は、アマゾンギフト券というものを御存知ですか?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
うむ、知っておる。実は、週に1回くらいAmazonを利用していて、アマゾンギフト券を使ったことも何度かあるのじゃよ。
助さん
助さん
アマゾンギフト券は高い換金率で売却できるので、現金化の際によく利用されています。ただし、過去に買取業者が摘発されたというニュースが流れたことがありますね。

過去の摘発事例は、あくまでも詐欺師集団と専門的に取引していた買取業者です。今のところ、通常のアマゾンギフト券買取業者や一般人が逮捕された事例はありません。

アマゾンギフト券買取そのものは犯罪行為に該当しない

アマゾンギフト券買取そのものは合法です。街中を歩いていると金券ショップが営業していますが、商品券など様々な金券類を売買しています。アマゾンギフト券も金券類の一種であり、売買すること自体は正当な商行為として認められています。

現金化を実行する際に、しばしばアマゾンギフト券が用いられます。これは、「換金率が高い」という理由によるものです。インターネット通販最大手のAmazonで好きな商品を購入できるため、多くの人から「現金に近い価値がある」と認められており、売値と買値の価格差が小さくなっています。

ただし、アマゾンギフト券買取以外の部分で非合法と認定される可能性はあります。例えば、「詐欺師が人を騙してアマゾンギフト券を入手した」と認識している状況で、そのアマゾンギフト券を売買すれば「詐欺の共同正犯」と見なされます。

詐欺師としては現金を入手して初めて目的を遂げられるわけであり、その不可欠なプロセスの一旦を担うことは、詐欺師と一体化して詐欺行為に加担した理由で逮捕される可能性があります。

単に自分のクレジットカードのショッピング枠を使ってアマゾンギフト券を購入し、買取業者に売却したり、自分自身でオークションサイト・フリマアプリで売却したりして現金化しただけであれば、何ら犯罪行為に該当せず、刑事責任を追及されることもありません。

ただし、クレジットカードの利用規約違反には該当するため、万が一、発覚した場合、民事上の責任を追及される可能性はあります。カードの利用停止や一括返済を迫られるかもしれないので、やりすぎには注意しましょう。

ご隠居は、他人に金品を騙し取られた経験がありますか?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
うむ、若い頃、引っ越し代金が足りないので貸してくれと言われて、断り切れずに貸したのじゃが、結局、返してくれなかったという苦い経験があるのう。
助さん
助さん
最近は特殊詐欺グループが、子供や孫を装って高齢者に現金を振り込ませる手口があるので注意しなければなりませんね。

ただ、銀行口座を経由して金銭の授受をしている詐欺グループの場合、ATMで引き出す際に逮捕されるケースが多発しています。そのため、アマゾンギフト券などの金券類を送るように指示する事例が増加しているようです。

過去にアマゾンギフト券買取業者が検挙された事例

2017年10月5日にアマゾンギフト買取業者が検挙されました。検挙された業者は、詐欺師のグループの一部門として事実上一体化していたと見られています。ニュースになったので、記憶に残っている方もいらっしゃるでしょう。

このニュースを見聞きして、「アマゾンギフト券買取業者を利用した場合、逮捕されるのだろうか?」と不安をお持ちになった方がいらっしゃるかもしれません。しかし、上記事件は、「詐欺集団の一員として、事実上一体化していた」という点がポイントです。

近年、「オレオレ詐欺」といった特殊詐欺が盛んになっており、多くの被害が発生しています。特殊詐欺グループは、多数の人間で構成され、それぞれが役割を分担しています。電話をかけて「アマゾンギフト券を購入して送付せよ」と指示する者がいたり、手に入れたアマゾンギフト券を換金する者がいたりします。

2017年の摘発事例は、そのような役割分担の中で「換金行為」を担当していた者が逮捕されたのであり、罪名は「詐欺罪」となっています。貸金業法や出資法などに違反して逮捕されたわけではありません。

ご隠居は、オレオレ詐欺って御存知ですか?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
うむ、最近、高齢者がターゲットにされているらしいのう。気を付けなければならないと考えていたところじゃよ。
助さん
助さん
詐欺グループも手口を巧妙化させてきており、銀行口座を介さない資金の集め方を模索しているようです。その手段の一つとして用いられているのが、アマゾンギフト券です。

現在、銀行口座の開設はマネーロンダリング防止のために本人確認が徹底されていますし、ATMで引き出す際に逮捕される事例が相次いでいますからね。アマゾンギフト券はEメールタイプとカードタイプが存在しますが、カードタイプはコンビニエンスストアで身分証明書の提示無しで購入できるので追跡が難しいという特徴があります。

摘発された理由は「詐欺罪」

過去に検挙した事例において、警察は「詐欺罪」を理由としており、アマゾンギフト券買取や現金化行為自体は何ら罪に問われていません。

あくまでも「詐欺師集団と一体となって、詐欺行為を実行していた」という事情で逮捕に至ったわけです。なお、有料動画配信サイトの閲覧料金の架空請求をした行為が「詐欺」と認定されています。アマゾンギフト券買取業者は「架空請求」自体には関与していなくても、換金行為という重要な役割を果たしていたことで、「詐欺行為の一部を担った」と見なされたわけです。

オレオレ詐欺を実行しているグループでは、「電話をかける役割の人間」「訪問してキャッシュカードや暗証番号を入手する役割の人間」「ATMで現金を引き出す役割の人間」などに分かれていますが、「ただATMでお金を引き出しただけであり、他人を騙していない」と述べても、一体不可分として詐欺罪に問われます。検挙されたアマゾンギフト券買取業者は、「ATMで現金を引き出す役割」に相当します。

なお、アマゾンギフト券買取そのものや現金化行為自体は犯罪行為ではなく、それを実行したからといって摘発される心配はありません。通常のアマゾンギフト券買取業者は安全と考えて良いでしょう。また、一般利用者が逮捕される危険性もありません。

怪しい買取業者を利用しないことが大切

過去に詐欺罪で検挙されたアマゾンギフト券買取業者は古物商としての許可を受けておらず、違法営業の状態にありました。まともな買取業者は、古物商としての許可を受けています。

アマゾンギフト券買取を行っている業者は、インターネット上のウェブサイトで営業をしているケースが多く見受けられますが、その場合はサイト内に「許可番号」を提示する義務があるのでチェックしましょう。

リアルの店舗で営業している古物商(チケット屋、金券ショップなど)であれば、立ち寄って雰囲気を確認することが可能であり、優良業者なのか悪徳業者なのか判別しやすいです。インターネットのウェブサイトで営業している場合、判別が困難なので慎重な対応が求められます。

買取業者を利用する際には、必ず都道府県公安委員会の公式サイトで、業者名と許可番号、URLを確認しましょう。公安委員会のサイトに古物商として載っていない業者や、掲載されていてもURLが異なるなど怪しい点がある場合は利用しないでください。

通常のアマゾンギフト券買取業者が検挙されたり一般人が逮捕されたりした事例は皆無

ここまで、過去にアマゾンギフト券買取業者が検挙された事例について解説してきました。しかし、一般利用者が逮捕された事例は、現在まで存在しません。また、通常の買取業者が検挙された事例もないので安心してください。

アマゾンギフト券の売買は自由です。iTunesカードや商品券と同様に、金券ショップ(実店舗)に持ち込んで売ったり、インターネットのウェブサイトで営業している業者に買い取ってもらうことが可能です。

なお、アマゾンギフト券には、物理的実体のある「カードタイプ」と物理的実体のない「Eメールタイプ」があります。カードタイプはコンビニエンスストアなどで購入可能であり、EメールタイプはAmazonの公式サイトで購入できます。

どちらのタイプも買取業者に売却できますが、送付する手間を考えるとEメールタイプがおすすめです。Eメールタイプであれば、インターネットを通じて一瞬で送ることができるので現金を手に入れるまでの時間を短縮できます。

ちなみに、アマゾンギフト券買取業者を使わずに、自分自身で「ヤフオク!」のようなオークションサイトを利用したり、フリマアプリを利用したりして、買い手を探して売ることも可能です。ただし、出品から落札、入金までに一定の日数がかかる点がデメリットです。

「Nintendo Switch」や「PlayStaion 5」、最新のスマートフォン端末といった商品の場合、買取業者に売るよりも、オークションサイトやフリマアプリで売る方が換金率が高くなることがあります。しかし、アマゾンギフト券の場合、買取業者でも充分に換金率が高いので、自分自身で時間をかけて買い手を探すメリットはないでしょう。

御隠居、現金化してお金を手元に用意しても、後で返済しないといけないんですよね?
お銀
お銀
黄門様
黄門様
結局、借金をしているわけで、翌月や翌々月あたりに返済しなければならんのう。収入を確保できる見通しが無い場合は、問題を先送りするだけじゃろう。あくまでも一時的な資金繰りとして利用すべきじゃろうな。
助さん
助さん
クレジットカードのショッピング枠にしても、携帯電話のキャリア決済にしても、後払いサービスにしても、後日、支払いを行わなければなりません。

収入の目途が立っていない方は、現金化を実行するよりも、自己破産したり生活保護の申請をしたりして、抜本的に生活の立て直しを考えた方が良いでしょう。

カード会社の規約違反には該当する

前述した通り、アマゾンギフト券買取は犯罪行為に該当せず、現金化行為を実行した一般人が逮捕された事例も存在しません。

しかし、一般的にクレジットカードの利用規約には「現金化を目的とした利用を禁じる」といった内容が記載されています。そのため、万が一、カード会社に発覚した場合は民事上の責任を追及される可能性がある点に留意してください。具体的には、カードの利用を停止されたり、一括で返済を迫られたりするリスクがあります。

現実には、「現金化目的で利用したのかどうか」を判別することは容易ではありません。クレジットカードで金券類を購入したとしても、「普通にAmazonで使うため」という可能性もあるからです。従って、かなり不自然な利用履歴が見られない限り、カードの利用が停止されることはないでしょう。

大切なのは、一度に多額の利用をしないことです。カード会社は、過去の不正利用のケースをデータベース化したりAI(人工知能)を使ったりして、不自然な取引を自動検出するシステムを構築しています。「通常の利用の範囲内」に留まる金額であれば、問題視されることは殆どありません。

収入の目途が立たない場合は自己破産や生活保護受給も検討すべき

現金化は「一時的な資金繰り」を改善するための手段に過ぎません。クレジットカードのショッピング枠などを使ってアマゾンギフト券を購入し、売却すれば現金を手に入れることが可能です。しかし、クレジットカード会社に対する債務(借金)が残るため、後日、支払いを行う必要があります。

「来月になれば給料や報酬が入る」といった見通しがある方には、現金化も一つの選択肢です。しかし、今後の収入の目途が全く立たない状況に置かれている場合は、自己破産したり、生活保護の受給を申請したりすることを検討しましょう。まずは一度、弁護士や市区町村役場に相談することをおすすめします。自己破産や生活保護は法律で定められた仕組みであり、本当に困っている方は利用する権利があります。

なお、自己破産をする際に、現金化行為が「免責不許可事由」とみなされ、迅速に手続きが終わる「同時廃止事件」ではなく、「管財事件」とされて手続きに時間がかかるケースがあります。しかし、「免責不許可事由」があったとしても、最終的には裁判官の職権で免責が認められることが殆どなのでご安心ください。

一般人がアマゾンギフト券買取に関連して逮捕される心配はない

過去にアマゾンギフト券買取業者が「詐欺罪」で検挙された事例があります。しかし、アマゾンギフト券買取そのものや現金化行為自体が罪に問われたわけではなく、特殊詐欺(動画配信サイトの視聴料金の架空請求)と一体不可分の役割を担っていたものとして逮捕されています。一般人がアマゾンギフト券の売買をしたことで逮捕される心配はありません。

なお、殆どの現金化業者は健全に営業をしており、トラブルが起こらないように細心の注意を払っています。しかし、極一部に悪徳業者が混じっていることも事実です。優良業者と悪徳業者を見分けるために、都道府県公安委員会の公式サイト上で「古物商」の許可番号やURLを確認しましょう。

本記事の内容が、アマゾンギフト券買取に関連して逮捕されるリスクがあるのか気になっている方のお役に立つことができれば幸いです。